地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

おまとめローン審査に通るために必要な3つのこと!

おまとめローンの審査に通るためには次の3つが大切です。

過去の返済履歴
現在の債務残高
あなたの勤務年数

>>あなたにおすすめのおまとめローンはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!

おまとめローンの審査に通るためには、今紹介した3つのポイントがとても大切です。

もちろん、現在の収入もとても大切ですが、おまとめローンでは年収よりも大切な要素がいくつもあります。

その中でも特に大切なのが「過去の返済履歴」と「あなたの勤務年数」の2つ。

おまとめローンの審査では、初めてお金を借りた時からどれだけあなたの返済能力が高くなったかをみている審査です。

 

初めてお金を借りた時よりも、あなたが長く勤務を続けていて、年収や役職が上がっているのであれば、審査に通る可能性は十分にあります。

このサイトを見つけたのならもう大丈夫。

今からおまとめローン審査に通るために、分かり易く解説していくので、誰にも邪魔されない静かなところで落ち着いて読み進めて行って下さいね。

あなたがおまとめローン審査に通るまで私がしっかりとサポートを行います!

 

>>低金利でおまとめできるカードはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

おまとめローンの審査に通過する人には共通の特徴があります

私は銀行の営業部門の担当だったため、個人の融資に対しての正確な条件と言うのは分かりません。

また融資の審査に通る条件などは、実は現場の銀行員も良く分かっていない場合が多く、その情報を知っているのは本当にごく一部の限られた人間であることを覚えていて下さい。

 

その為、今から話す内容はあくまで私の個人的な推測です。

ただ推測とは言え、かなりの自信をもってお伝えすることが出来ると思います。

それがさっき紹介した、「審査に通る3つのポイント」です。

過去の返済履歴
現在の債務残高
あなたの勤務年数

この3つのポイントは、おまとめローンの審査に通過した人の共通点なんです。

おまとめローンの審査に通過する人の多くは、

・過去の返済履歴で滞納や未納が見当たらず

・現在の借入残高が年収の3分の1以下で

・勤務年数が5年以上、同じ会社で勤めている状態

この状態の人たちが審査に通るケースが多いと予想します。

>>審査に取った後も便利に使えるカードはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

1.過去の返済履歴

過去の返済履歴と言うのは、実はとても大切な審査基準の一つとされています。

あなたが過去に借りてきたカードローンや消費者金融の返済履歴で、滞納や未納が1度もない状態が理想の状態です。

また返済期日を守っている状態が長ければ長いほど、審査での評価はとても高くなりやすいと言えます。

 

2.現在の債務残高

残酷な現実ですが、おまとめローンの審査に通る時も、出来るだけ現在の借金の金額が少ない方が審査は有利になりやすいです。

一つの目安として現在の借金の金額が「年収の3分の1以下」の方が、おまとめローンでのチャンスも大きくなるかと思います。

 

これは、専門的な用語で「総量規制」と言いますが、カードローンの多くは年収の3分の1以上のお金を法律として貸してはいけないと言うルールがあるためです。

ただし、一部の銀行が発行するカードローンでは、年収の3分の1以上も融資が可能な総量規制対象外のカードローンもありますので、

総量規制対象外のカードローンについても一番最後に紹介します。

 

3.あなたの勤務年数

おまとめローン審査の攻略でもっとも重要な要素が「あなたの勤務年数」です。

初めてキャッシングした日から、あなたがどれだけ同じ会社で真面目に働いてきたのかを審査していると思って頂けたら分かり易いと思います。

同じ会社で長い間働き続け、会社の役職やポストが1つでも上がっているのであれば、審査の時にその事も伝えるようにすると良いかもしれません。

 

これらの条件を少しでも満たしていることで、あなたがおまとめローンの審査に通過する可能性がアップすると言えます。

その一方で、

ある特定の条件を満たしてしまうと、一発で審査に落とされてしまう条件もあります。

おまとめローンもビジネスであり、決してボランティアではありません。今から紹介する審査に通らない人の共通点も合わせて覚えておいて下さい。

>>審査条件を満たしたあなたにおすすめのローンはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

おまとめローンの「審査に通らない人」の5つの特徴!

審査に通る人の共通点があれば、審査に通らない人の共通点もあります。

特にこれは、おまとめローンに限らず、すべてのカードローン審査に共通して言える注意点です。

もしあなたがおまとめローンの審査を申し込む時は、今から紹介する5つの特徴に1個でも当てはまらないかしっかりと確認して下さい。

審査に通らない人の共通点

1.審査で嘘をつく

2.勤務年数が短すぎる

3.収入証明書を提出しない

4.過去の信用情報でトラブルがある

5.短期間に何度も審査を申し込んでいる

 

1.審査で嘘をつく

おまとめローン審査では嘘は厳禁。

・自分の年収を高く申告する
・勤務年数が5年なのに10年と嘘をつく
・現在の借入金額を安く見積もる

こんな風に嘘を付いたとしても、すぐにCICやJICCなどの信用情報機関にあなたの返済履歴などを確認されてしまい、嘘だとすぐにバレてしまいます。

 

特に致命的なのが、現在の借入金額についての嘘。

これは絶対に嘘はつかず、正直に申告することをおすすめします。嘘つきは審査に通らないのが、金融審査の鉄則です。

審査では不安はつきもの。ですが、自分に正直に申告することが審査に通過する最も効果的な方法だと信じて下さい。

 

2.勤務年数が短すぎる

残念ながら勤続年数が短すぎるのも審査落ちの理由になる場合があります。

繰り返しになりますが、おまとめローンは「初めて借りた日から、あなたの返済能力がどれだけ高くなったかをみる審査」だからです。

もしあなたが転職前にローン審査を受けるのであれば、絶対に転職をする前に審査を申し込んだ方が有利です。

 

逆にすでに転職をしてしまっている場合には、転職した事のメリット(前職に比べ年収が上がったなど)をしっかりと伝えることで、マイナス評価を消すアピールを審査側にすることが出来るかもしれません。

諦めず転職をしてプラス評価に繋がることをアピールする事が大切です。

 

3.収入証明書を提出しない

最近のカードローンは収入証明書が不要な業者も増えました。

「最大300万円まで収入証明書不要」と聞くとあなたも心が揺らいでしまいますよね。

ですが、油断は禁物。

意外に思うかもしれませんが、おまとめローンの時は収入証明書を提出した方が絶対に有利です。

理由は、明確な返済計画を立てている人とアピールする事ができるから。

 

融資を検討する側も、やはり返済能力が高そうな人を選んでお金を貸す訳ですから、アピールできる点は少しでもアピールした方が良いです。

特におすすめなのが、直近のボーナス明細と合わせて提出すること。

給与明細とボーナス明細を合わせて提出すれば、それだけ返済意欲がある事も伝えることが出来ますし、カードローン側も正確な年収の計算もしやすくなります。

個人事業主の場合や、ボーナス明細などが無い場合は、確定申告書や源泉徴収書などを提出するのも効果的です。

融資をする側は国が作成した資料を一番信用するからです。

 

4.過去の信用情報でトラブルがある

おまとめローン審査で最も注意しなければならないのが「過去の信用情報でトラブルがある」ケースです。

もしあなたが、過去10年間の間に、

・何か長期的な滞納(半年以上)を行った経歴がある
・督促状が自宅に届き、一括返済を求められた経歴がある
・債務整理の相談や手続きを行ったことがある

もしこれらのケースに一つでも当てはまるこの場合、

もしかしたら信用情報に事故情報(ブラックリスト)として登録されている可能性があります。

 

一度事故情報として登録されると、履歴が消えるまでに最長で10年掛かる場合があるので要注意です。

もし少しでも不安に思ったり、心当りがある場合はCICやJICCなどで個人情報の開示請求ができるので、ぜひ問い合わせてみて下さい。

 

5.短期間に何度も審査を申し込んでいる

短期間で何度も審査を申し込んでいる場合も審査に通る可能性はとても低くなります。

これは

「何度も審査を申し込む人=それだけお金に困窮している人=返済能力がない人」

と判断されてしまっているからです。

 

たまに申し込みブラックと呼ぶ人がいますが、実際、短期間に何度も審査を申し込む人は一時的に審査に通りにくくなることがあるので注意が必要です。

対策としては1か月から2か月ほどは、新規で審査を申し込むのを待ってから、改めて審査を申し込むようにするのがポイントです。

 

ここまで紹介してきた項目に、どれか1つでもあなたが当てはまっていると、おまとめローンの審査に通るのはかなり厳しいかもしれません。

ですが、そんな場合も安心して下さい。

今から私がお伝えする「与信残高をアップさせる」とっておきの方法が3つあります。

どこまで効果があるのかは、人によって異なりますが、少なくともプラス評価にはつながるので、審査にどうしても通らない時にぜひ試して下さい!

>>あなたにおすすめのおまとめローンはこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

元銀行員だけが知っている「与信残高をアップさせる」とっておきの方法!

通常、おまとめローンなどの金融審査は減点法が採用されている場合がほとんどです。

年収が低ければマイナス1点。滞納がある度にマイナス1点。

こんなイメージで、減点法であなたの与信をマイナスで削っていき、最後に何点残っているかで融資の是非を判断していると言われています。

 

つまり元々の与信残高が高い人の方が審査は有利ですし、パートやアルバイト生活の人の方が与信残高が低い状態で審査が始まるということです。

ですが、おまとめローンの審査は決して減点法だけで成立している訳ではありません。

減点される項目もあれば、当然、加点される項目もあるんです。

特に今から紹介する3つの方法はあなたの「与信残高をアップさせる」のにとてもに効果的。すぐに実践できるものも多いので、真似できる所はすぐにまねして下さいね。

>>与信残高に自信がない人にはこちらのカードがおすすめ!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

与信残高を今すぐアップさせる方法

1.1つでも完済実績を作ること

2.限度額を低めに設定して申し込むこと

3.借り換え直後に他社カードを解約することを約束すること

1.1つでも完済実績を作ること

審査を申し込むまでに、1つでも完済実績があると審査ではかなりの好印象につながります。

おまとめローンでは、過去の返済履歴はとても大切なことはお伝えしました。これはその応用版。

カードローンなどの金融審査では返済履歴はとても重要視する項目ですが、返済実績があった方が審査での印象はかなり違います。

 

特に銀行は過去に返済した実績をとても重視する傾向にあるので、完済できるカードがあれば先に完済してから審査を申し込んでみましょう。

貰ったばかりのボーナスをしっかりと返済に回す勇気も大切です。

 

2.限度額を低めに設定して申し込むこと

おかしな話ですが、大金を借りる為におまとめローンを申し込むのですが、審査の時は低い限度額で申し込んだ方が良いです。

実はカードローン側が即日で大金を貸してくれることはまずありません。

どれだけ年収が高い人(1000万円クラスの人)でも、即日で貸してくれる金額は50万円~100万円くらいが限界です。

それだけカードローン側も初回審査は慎重なんです。

 

なので、たとえおまとめ目的でキャッシング審査を申し込んだとしても、まずは低い限度額(10万円~20万円)程度から始めるのがおすすめです。

どんな時も欲張らず、コツコツと信用残高を積み重ねることが融資を引き出すコツに繋がります。

 

3.借り換え直後に他社カードを解約することを約束すること

最後の一押しとして、おまとめローンの審査に通った時には、すぐに他のカードローンの返済に全額を使うことを約束することが大切です。

可能であれば、完済が完了したカードから順番に解約しましょう。

カードを解約したことや、借りたお金を返済に回したことなどは、融資先にもCICなどを通じて情報を知ることが出来るようになっています。

 

おまとめローンの目的は、借りてきたカードローンの一本化にある訳ですが、意外と守れない人が多いのが問題になっています。

そのため、誠実な態度と行動がとれることをあなたがアピールするだけでも、おまとめローン側にとっては好印象につながる場合が多いんです。

これらの情報は与信残高を高める上では、とても有効な方法なのでぜひ実践して下さい。

ローン審査は与信が全てなので、面倒くさがらずに実践する様にして下さいね!

>>与信残高を高めたあなたは今すぐ審査!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

あなたにおすすめのおまとめローンの一覧!

かなり長く解説しましたが、以上がおまとめローン審査についての情報の全てです。

恐らく、これ以上の情報をネットで調べたとしても、なかなか出てこないと思います。それだけ、この1ページに私が知っている限りの情報を書き込めました。

きっと最後まで読み切ったあなたはおまとめローンの審査に通過するコツやポイントが何となくはつかめたと思います。

最後にもう一度、話をまとめると、

おまとめローンの審査に通過する人の多くは、

・過去の返済履歴で滞納や未納が見当たらず
・現在の借入残高が年収の3分の1以下で
・勤務年数が5年以上、同じ会社で勤めている状態
「審査に通らない人」の5つの特徴!

1.審査で嘘をつく
2.勤務年数が短すぎる
3.収入証明書を提出しない
4.過去の信用情報でトラブルがある
5.短期間に何度も審査を申し込んでいる
与信残高を今すぐアップさせる方法

1.1つでも完済実績を作ること
2.限度額を低めに設定して申し込むこと
3.借り換え直後に他社カードを解約することを約束すること

これらの条件を出来るかぎりの範囲で構いませんので実践して下さい。

それだけで、あなたがおまとめローンの審査に通る可能性はきっと高くなります。

 

最後に、私がおすすめするおまとめローンの一覧をまとめました。

特におすすめしたいのは、銀行カードローンである「みずほ銀行カードローン」と「三井住友銀行カードローン」の2つ。

この2枚のカードは、金利も安く、おまとめや一本化にも非常に最適です。

総量規制対象外のカードローンでもあるので、すでに年収の3分の1以上のお金を借りている場合にはぜひ積極的に審査を申し込まれてください。

 

きっとこの記事を最後まで読み切ったあなたなら、おまとめローンの審査にもきっと通ると思いますよ!

毎月の返済を少しでも減らして、家族や子どもと本当の笑顔で過ごせるようになって下さいね!

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも限度額が特に大きく、おまとめや一本化に最適なカードになっています。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っていれば、最短で即日利用が可能なのでとてもおすすめ。

WEB完結で申し込むことが出来るので、今お使いのスマホ画面からも簡単に申し込むことが出来ますよ!

特徴

・最大限度額1,000万円
・金利 年3.5%~14.0%(コンフォートプラン)
・最短即日利用可能!
・限度額200万円まで収入証明書不要!
・みずほ銀行の口座を持っている方におすすめ!

>>みずほ銀行カードローンの詳細はこちら!<<

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、口座開設なしで今すぐ審査を申し込めるとても便利なカードローンです。

審査時間も最短30分で完了するうえ、提携の銀行やコンビニATMの手数料が0円になるのも大きなポイント。

金利も安く口座開設も要らないので、どのカードローンにするか悩んでいるなら、三井住友銀行カードローンを選んでおけば間違いありません。

特徴

・最大限度額800万円
・金利 年4.5%~14.5%
・口座開設なし!
・審査時間は最短30分!
・提携先ATMの手数料が0円
・その他、充実したサービスあり

>>三井住友銀行カードローンの詳細はこちらをクリック!<<

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、限度額が最高800万円もあるおまとめや一本化に最適なカードローンです。

また収入証明書も原則300万円まで提出せずに、最短即日審査を申し込めるのも大きなポイント!

口座開設をする必要もないので、今すぐ1社にまとめたいと言う時にはオリックス銀行カードローンが一番便利かもしれませんよ!

特徴

・限度額は最高800万円!
・原則300万円まで収入証明書なし
・口座開設不要!
・提携ATM手数料0円

>>オリックス銀行カードローンの詳細はこちら!<<

 

三井住友銀行グループのモビット

モビット

三井住友銀行グループのモビットは、限度額が最大800万円もある安心のカードローン。

モビットなら限度額に応じて金利が下がっていくので、複数ローンのおまとめや一本化にとても便利です。

また、あなたの勤務先や携帯に電話が掛からずに審査が完了する「WEB完結申込」があるのも大きな魅力。

もしあなたが誰にも気付かれずにこっそりとお金を借りたいのなら、三井住友銀行グループのモビットがおすすめですよ!

特徴

・限度額800万円
・金利 年3.0%~18.0%
・最短10秒で簡易審査結果表示!
・即日融資も可能!
・WEB完結申込で電話なし!

>>モビットの詳細はこちらをクリック!<<