Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0
総量規制対象外のおまとめローンと、総量規制おまとめの違い | 元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る3つの方法!
Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総量規制対象外のおまとめローンと、総量規制おまとめの違い

総量規制対象外でおまとめローンを組める所ってあるの?
おまとめローン専用商品を使えば可能です!

結論から言えば、本来おまとめローンと言うのは総量規制対象外で借りることができ、一時的にあなたの年収の以上のお金を借り換える事が可能になっています。

ですが、多くの銀行や消費者金融で発行されているカードローンは、正式なおまとめローン商品ではない為、年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

特に2018年1月を境目に、総量規制対象外であった銀行カードローンも年収の3分の1以上の融資を自粛するようになったため、おまとめ目的で利用できるカードローンは少なくなってきました。

そんな中、正規のおまとめローン商品を扱う消費者金融として「中央リテール」という金融機関があります

中央リテールなら総量規制対象外!
  1. 総量規制対象外で借りれる
  2. 審査が柔軟で甘い
  3. 最短1営業日で融資!

中央リテールは貸金業法に基づくおまとめローンを正式に取り扱っている消費者金融なので、おまとめ目的での借り換えであれば総量規制対象外で借りることができるんです。

しかも中央リテールの審査はとても柔軟性があり、他のカードローン審査に断られた人にも、融資を受けられるチャンスがあります。

中央リテールなら電話対応もとても丁寧で、女性も安心して利用できると評判なので、あなたも今すぐおまとめローンの無料相談を行ってみて下さいね!

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

総量規制対象外と総量規制のおまとめローンの違いとは?

総量規制対象外と総量規制のおまとめの違いって何なの?
一番の違いは年収の3分の1以上の借金を一本化できるかという点です。

総量規制対象外のおまとめローンと総量規制のおまとめローンの最大の違いは「年収の3分の1以上の借金を一本にまとめられるか」という点にあります。

総量規制対象外と総量規制の違い
総量規制対象外 総量規制
年収の3分の1もOK! 年収の3分の1以下まで
銀行からの借入 消費者金融からの借入
顧客に一方的有利な借換 単なるキャッシング
一回で全ての借換えが完了 借換の手続きで多少の手間が掛かる

本来は総量規制対象外であった銀行カードローンですが、2018年1月以降、過剰な貸付けを予防するために、年収の3分の1以上のお金を融資しない方針に変わりました。

そのため、最近では「顧客に一方的有利になる借り換えは総量規制の対象外とする」と貸金業法に定められた、正式なおまとめローン商品で借り換えや一本化を考える人が多くなりました。

ちなみに、銀行カードローンを利用したおまとめローンも、いくつかの手順を踏めばまだまだ利用可能です。

そこで、総量規制と総量規制対象外、それぞれのカードローンでおまとめローンを組む時のポイントを解説したいと思います。

 

総量規制のカードローンでおまとめするポイント!

総量規制のカードローンの場合、年収の3分の1以上のお金を一度に借りることはできないので、「少額融資⇒少額借換⇒少額増額⇒少額借換」を細かく繰り返していくことで、低金利のカードローンに一本化していく方法があります。

総量規制のカードローンでのおまとめ手順
  • おまとめ用のカードを作る
  • 限度額一杯まで借り換える
  • 古いカードを減額or解約する
  • おまとめ用カードを増額する
  • 限度額一杯まで借り換える(手順3に戻る)

要は総量規制は年収の3分の1以上のお金を借りれないだけなので、年収の3分の1以内のお金なら、借換え・減額・増額を繰り返していけば、カードローンの一本化は余裕でできてしまいます。

しかもこの方法の良い所は、今ある手持ちのカードローンだけを使っても実行することができること。

仮にあなたがA社、B社、C社の3社から借入をしていて、これ以上の新規カードの作成が難しい場合でも、3社の中からおまとめ用のカードを決めて順番に一本化を行えば、毎月の返済負担も軽く済むようになります。

多少手間はかかるものの確実にできるおまとめローンの方法なので、ぜひ試してみて下さい。

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

総量規制対象外のおまとめローンを活用するメリット!

次に、総量規制対象外のおまとめローンを実行する手順ですが、方法はとてもシンプルで簡単です。

総量規制対象外のおまとめローン手順
  • 総量規制対象外のおまとめ審査を申し込む
  • 複数社からの借入を一本にまとめる
  • 古いカードはすべて解約する

総量規制対象外のおまとめローンの今紹介した手順ですべて完了です。

手続き自体はとてもシンプルなので間違える事は無いと思いますが、注意点として「必ず古いカードは解約する」ことは絶対に守ってください。

もし万が一、おまとめローンが完了した後に枠の空いたカードで追加キャッシングしてしまうと、それこそ毎月の返済で収集が付かなくなり、自己破産まで一直線になります。

だからこそ、総量規制対象外でおまとめローンを組む時は、必ずおまとめ完了後に古いカードはすべて解約をし、カードにハサミを入れてしまいましょう!

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

おまとめローンは正しく使えば総量規制も総量規制対象外もアリ

おまとめローンは、債務整理とは違って、支払いがすべて完了すれば信用情報の経歴に一切キズが付くことなく人生をやり直すことができます。

確かに、債務整理を選択しても10年以上経てばローンを申し込む事ができますが、あくまで法律上のお話しに過ぎず、実際には各ローン会社が自前のデータベースで顧客情報を管理・共有しているので、事実上、2度とローンを組むことはできません。

だからこそ、多少の借金であればおまとめローンを活用して借金を一本化させ、毎月の返済額を減らして完済を目指した方が、あなたの将来の可能性を残したままになります。

今回は総量規制と総量規制対象外の違いについて解説をしましたが、個人的にはどちらのおまとめローンを採用しても問題ないと思います。

総量規制のカードローンを使ったおまとめローンなら借り過ぎになる心配は絶対にありませんし、総量規制対象外なら面倒な借り換え手続きも1回で済みます。

大切なのは、どちらが審査に通りやすいのかで考えるのではなく、どちらの方が自分に合った無理のないおまとめ方法になるのかで考えることです。

ちなみに、低金利のカードローンを使ったおまとめローンならアイフルのプレミアムファーストカードローンが、総量規制対象外なら中央リテールのおまとめローンがおすすめです。

どちらも安心して審査を申し込めるので、ぜひ利用して下さいね。

あなたもおまとめローンを活用すれば、今ある複数社の支払いを1本化して、毎月の返済を軽くすることができますよ。

このカテゴリーの記事一覧









ページ上部へ戻る