Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンと債務整理の違い「どちらが返済額は減るのか?」

おまとめローンと債務整理ってどっちの方がお得なの?
借金の元金だけを比較すれば債務整理が有利です。

複数社からの借入が増えてくると、一度は頭をよぎるのが「おまとめローン」や「債務整理」と言った言葉ですよね。

でも、おまとめローンと債務整理の違いをあなたはどこまで知っているでしょうか?

結論から言えば、単純な借金の減額具合であればおまとめローンよりも債務整理の方が完済時の支払い額を大幅に減らすことができます。

おまとめローンと債務整理の返済額の違い
おまとめローン 債務整理
借金減額 少ない 借金減額 多い
利息を減らす 元金を減らす
無料でできる 弁護士費用が発生

おまとめローンと債務整理の違いを比較すると、借金の総合的な支払金額は債務整理の方が圧倒的に安いです。

ただし、その一方で面倒な手続きが発生したり、弁護士費用の支払い、二度とつけなくなる職業などが発生するリスクもある点に注意が必要です。

今回はおまとめローンと債務整理の違いの中でも、借金の返済額の違いを中心に解説して行きます。

もしあなたがおまとめローンか債務整理のどちらにするか悩んでいるのなら、これを読むことであなたの最適な判断ができるようになりますよ。

 

おまとめローンと債務整理の返済額の違いを比較!

違い①:借金減額が多いのは債務整理

point 1
完済時は
債務整理が安い

まず、おまとめローンと債務整理を比較する上で、一番重要になってくるのは「完済時の支払い額はどちらの方が安いのか?」という問題ですよね。

結論から言えば、単純な借金の減額具体だけを比較するなら、債務整理の方が圧倒的に今のあなたの借金を大幅に減らすことができます。

おまとめローンと債務整理の基本的な違い①
おまとめローン より低金利なローンに借り換え、支払いを一本化させる
債務整理 弁護士や行政書士に仲介して、債権者に借金の減額を要請する

つまり、おまとめローンは金融業界のルールを使って借金を減らす方法なのに対し、債務整理は国の法律を武器に借金を減らす方法と言えます。

 

違い②:利息支払いが減るのも債務整理

point 1
債務整理は
元金のみ支払い

おまとめローンと債務整理の違いを比較する上で、もう一つ重要なのが「利息支払いの義務」についてです。

おまとめローンや借り換えローンを利用した場合は、あくまで金融商品なので、毎月の支払いに利息が発生します。

それに対し債務整理を選べば、毎月の支払いで利息が発生することはなく、元金返済のみで完済を目指していくことができます。

おまとめローンと債務整理の基本的な違い②
おまとめローン 金利の支払いは必ず発生
債務整理 原則金利の支払いは無く、元金返済のみ

これは債務整理の位置づけが、個人を普段の生活に戻すための再生支援という位置づけで法律があるためで、債務整理を選択するとほぼ例外なく利息の支払いはストップします。

なので、あなたが年収以上の借入を行ってしまっていて、「毎月の利息さえ減れば借金を完済できそうなのに…」と言う時には、おまとめローンよりも債務整理を選んだ方が良いと言えます。

 

違い③:但し債務整理には弁護士費用が発生

point 1
債務整理は
弁護士費用がある

単純な借金の減額具合の比較であれば、債務整理の方が圧倒的に有利ですが、注意点として「弁護士費用が発生」する点は忘れてはいけません。

おまとめローンと債務整理の基本的な違い③
おまとめローン 基本、無料でできる
債務整理 手付金2~10万円+成功報酬(借金の減額金の10%~20%)

債務整理に掛かる弁護士費用については、一般的に言われている相場を書きましたが、多少の弁護士費用が高くても腕利きの弁護士に仕事を依頼した方がお得です。

と言うのも、交渉が下手な弁護士や新人弁護士に債務整理を依頼しても、借金の大幅な減額はあまり期待できず、債務整理に必要な費用を支払い損で終わってしまうケースも多いからです。

それだったら、しっかりと弁護士に報酬を支払って、借金を大幅に減額してもらった方がおまとめローンを選んだ時よりも大きく借金を減らすことに成功します。

一方、おまとめローンなら基本的にすべて無料でできるので、余計な費用計算がなく、気軽な借金軽減の方法と言えます。

 

一度でも債務整理を選べば、事実上二度とローンを組めない

じゃぁ総合的に考えたら債務整理の方がお得なんじゃないの?
もちろん、債務整理にもそれなりのリスクやデメリットがあります。

一見、メリットが多く見える債務整理ですが、それ相応のデメリットもたくさんあります。

債務整理のデメリット

  • 事実上、二度とローンが組めない
  • 就職できな職業が発生するリスク
  • 個人情報が公開されるリスク
  • 弁護士費用が発生する

特に弁護士サイトなどでは「完済してから10年以上経てば再びローンが組める」と言った情報がありますが、これは現実に即した情報ではありません。

確かに法律上は完済後10年以上経てば新たな融資は可能であることは間違いありません。間違いありませんが、あくまでそれは法律上の話であって、貸し手側の心情を無視したものになっています。

つまり、一度債務整理の申請を受け付けたカード会社およびそのグループ企業は、独自に社内ブラックリストを用意し、過去に債務整理を行った顧客情報を管理しているケースがあるということ。

当たり前ですが、同じ融資を行うなら、債務整理を過去に行った人より、債務整理を起こさず毎月支払いをしてくれる人の方がいいに決まっていますよね。

それが銀行や貸金業者の都合なのです。法律と現実が違うことをどの弁護士も伝えていないのは問題と言えます。

 

おまとめローンと債務整理の判断は借金の残高で決まります

じゃぁおまとめローンと債務整理はどっちがおすすめなの?
あなたの現在の借金の金額で判断するのがおすすめと言えます。

今回はおまとめローンと債務整理の返済額の違いについて解説をしました。

結論としては、借金を大きく減らしたいのなら債務整理が有利で、今の返済額を軽くしたいのならおまとめローンが有利と言えます。

特にカードローンやクレジットカードは、複数社からの支払いがあるときよりも、低金利のカードローン1本にまとめた方が毎月の支払い額も安くなり、生活を上手に立て直しやすいメリットがあります。

一方、債務整理を選べば、借金を大きく減額できるだけでなく、毎月の利息の支払い義務もなくなるので、完済までの道のりが一気に近づきます。(それ相応のデメリットがあることも忘れてはいけません)

一つの目安として、あなたの借金の合計金額が年収未満ならおまとめローンを選択し、年収以上の借金を抱えているのなら債務整理を検討するのが良いかと思います。

あなたの大切な人生だからこそ、後悔のない選択を今すぐ選んでくださいね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る