Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンと債務整理の違い「完済後にローンが組めるのはどっち?」

完済後ローンを組みやすいのはどっち?
圧倒的におまとめローンの方が完済後もローンを組みやすいです。

おまとめローンと債務整理の違いを比較する上で、とても大切なことは「完済後にローンを組めるのはどちらなのか?」ということです。

本来なら、今の借金問題がすべて解決したときは、二度とお金を借りないことが人生の道としては正しいのかもしれません。

ですが、クレジットカードや住宅ローンなど、今の生活を便利にするためには必要なお金の借り方があるのも事実です。

そんな時、借金完済後に再びローンが組めるかについて、以下の表に簡単にまとめました。

おまとめローンと債務整理の完済後の違い
おまとめローン 債務整理
クレジットカード 発行可能 場合による
カードローン 発行可能 かなり厳しい
住宅ローン 組める 場合による

結論から言えば、借金問題の解決におまとめローンを利用すれば、完済後は何の問題もなくローンを組み直せることができます。

ですが、債務整理を一度でも選択すると、借金完済後に再びローンを組めるかはかなり怪しいと言えます。

特にカードローンなどの無担保・保証人なしで借りれるタイプのお金の借り方は、かなり審査が難しくなると言えます。

もしあなたが将来設計でマイホームの購入やクレジットカードの利用を考えているのなら、出来るかぎりおまとめローンの検討から始めるようにするのがおすすめです。

 

債務整理をした後は事実上ローンを組むことができない!

どうして債務整理をするとローンを組めなくなるの?
いわゆる「ブラックリスト」判定を受けるからです。

たしかに、法律上では債務整理を行ったあとでも、完済後10年以上経てば再び借金をすることができるルールになっています。

ですが、あくまでそれは法律上の話であって、各カード会社の審査基準の話ではありません。

ましてや、これだけ情報化社会になた日本において、過去に債務整理を行った経歴のある顧客情報を10年ごとに削除するなんてありえません。

つまり、たとえ法律上は債務整理者も完済後10年以上経てば審査に通るとしても、最終的な融資の判断は各カード会社の胸三寸で決まっているということです。

特に債務整理の宣告を受け、泣く泣く債権を放棄したカード会社からすれば、あなたの債務整理の履歴は一生残しておきたいと思うのも不思議ではありません。

債務整理を行った情報は、信用情報機関で10年近く保管されたと消えて行きますが、社内グループにおいての情報管理がどうなっているのかまでは誰にも分かりません。

だからこそ、一度でも債務整理を行ってしまうと、法律上はローンを組み直せるとしても、現実社会ではかなり難しいと言えるのです。

もちろん、だからといて債務整理が完全な悪であるとは言えません。

大切なのは、あなたの「今の返済能力」と「未来の可能性」をしっかりと天秤に掛ける事です。

今ある借金を本当におまとめローンで解決できるのか、そこからしっかりと検討するところから始めて行きましょう。

 

おまとめローンと債務整理の完済後の違いとは?

では、おまとめローンと債務整理を行った場合、完済後に組めるローンにはどういった違いがあるのか?

今回は「クレジットカード・カードローン・住宅ローン」の3つの場合で考えて行きたいと思います。

 

違い①:クレジットカード

point 1
信販会社で
判断が異なる

まずおまとめローンの場合、ローン完済後は普通にクレジットカードの審査に通ります。(目立った滞納や延滞がない場合のみ)

一方、債務整理の場合、申込先のクレジットカード会社によってかなり審査結果が左右されると言えます。

特に、保証会社がカードローンと同じだった場合は、クレジットカードの発行はほぼ絶望的と言えます。

この場合、債務整理をした時とは違うグループ会社や保証会社が発行するクレジットカードを探して審査を申込むのが一つの対策と言えます。

 

違い②:カードローン

point 1
カードローンは
かなり厳しい

おまとめローンなら、ローン完済後でも再びカードローンの審査に通ることは十分可能です。(二度と利用したくない人が大半だと思いますが…)

一方、債務整理が完了した後(いわゆる「喪明け」)では、カードローンの審査はかなり厳しいことが予想されます。

これは、債務整理を選択した時点で、多くのカードローンの保証会社が情報共有をするため、無担保・無保証の審査の難易度が跳ね上がるためです。

また、一度債務整理を実行したにも関わらず、カードローンで再びキャッシングしたいと言うのは、倫理的にも問題があるとも言えます。

 

違い③:住宅ローン

point 1
住宅ローンは
銀行による

当然おまとめローンなら、ローン完済後であれば住宅ローンについても問題なく組むことが可能です。

問題なのは債務整理を選んだ場合で、この場合、各銀行の判断によって大きく左右されると言えます。

特にあなたが銀行カードローンを利用していて債務整理を選んだ場合には、少なくともその銀行での住宅ローンは絶望的と言えます。

そのため、狙い目となるのは、ネット銀行や地方銀行と言った、あなたがカードローンを発行していない銀行からの住宅ローンになります。

ただし、銀行同士でも「JBA」と呼ばれる信用情報機関を利用して、債務整理などの履歴を情報共有しているので、少なくとも喪明けを待つ必要がある点に注意してください。

 

債務整理の内容次第では家を手放す必要もある!

債務整理をすると持ち家はどうなりますか?
個人再生や任意整理を選べば、持ち家は守られます。

もしあなたが持ち家がある状態で債務整理を選んでしまうとどうなってしまうのか?

結論から言えば、自己破産を選択しない限り、あなたの持ち家が売却される心配はありません。

特にカードローンやクレジットカードの支払いがキツイだけで債務整理を考えているのなら、任意整理や個人再生が現実的な路線になってくるかと思います。

債務整理の内容と持家処分の可能性
任意整理 債権者との話し合いで借金の返済方法を決める手続き。あくまで話し合いによる和解なので、持ち家が処分される可能性は少ない。
個人再生 裁判所を通じて借金を減額してもらう手続き。住宅ローン特則を利用することで、家を手放さずに済む方法もある
自己破産 借金がゼロになる代わりに資産もゼロになる手続き。デメリットも多いので慎重な検討が必要。

一般的に、持ち家や車がある場合は、自己破産ではなく個人再生や任意整理を選択するケースが多いです。

ただし、持ち家がある場合での個人再生が認められるためには、住宅ローンの残債よりも借金の合計額が大きいことが条件となります。

個人再生や持ち家処分の基準などに付いては、下記の外部サイトの解説を参考にして下さい。

個人再生と持家処分

 

将来住宅ローンを見据えるならおまとめローンを選ぶ!

将来マイホームが欲しいならおまとめローンで頑張りましょう!
完済すれば住宅ローンを組めるので頑張りたいと思います。

おまとめローンと債務整理のどちらを選ぶかは、これを読んでいるあなたの債務状況やライフプランによって大きく異なります。

例えば、クレジットカードのリボ残高が大きくなり過ぎて、支払いを低金利なものに借り換えたいと思うなら、確実におまとめローンの方が低リスクで確実です。

一方、住宅ローンの残債も多く、カードローンからの借入も複数社ある状態なら、借金問題に強い法律家に相談してみることをおすすめします。

また、将来住宅ローンを組んでマイホームの購入を考えている場合には、まずはおまとめローンの検討から始めるようにして下さい。

おまとめローンを利用すれば、毎月の返済負担額を軽くすることもできますし、完済後は住宅ローンを普通に組むことができます。

下に紹介しているおまとめ目的にも使えるローンを活用して、ぜひあなたの今の状況を上手く切り抜けて下さいね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る