Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンと債務整理の違い「法律的な制限が付くのはどっち?」

おまとめローンと債務整理だと法律的な制限はどちらが多いですか?
圧倒的に債務整理の方が法律的な制限が多いです。

おまとめローンと債務整理にはそれぞれに違いやメリットがありますが、こと「法律的な制限」が掛かりやすいのは債務整理だと言えます。

おまとめローンと債務整理の法律的な違い
おまとめローン 債務整理
ローンの再契約 完済後は可能になる 事実上、二度とできない
信用情報の履歴 履歴は残らない 履歴が残らない
官報への掲載 名前が載らない 名前が載る
職業に制限 特にない 一部の職業に就けない

おまとめローンの隠れたメリットに「実行しても法律的な制限が一切かからない」という点です。

特に完済後であれば、住宅ローンや自動車ローンを組む事も十分にできるので、将来への選択肢を多く残すことができます。

一方、債務整理を一度でも実行してしまうと、債務整理の履歴が信用情報やローン先の会社やグループ企業にまで渡ってしまい、事実上2度とローンを組むことができなくなってしまいます。(もちろん、借りれるケースもあります。)

また、ローンが組めなくなる以外にも、債務整理の手続きによっては官報(全国に発行される機関誌)に名前が載る、警備員・道路交通調査員など一部の職業に就けなくなるなどの制限が発生してしまいます。

これらのデメリットを受け入れた上で債務整理をするのなら問題はありませんが、将来への選択肢を少しでも多く残しておくためにも、まずはおまとめローンと債務整理の違いを正しく理解しておくことが大切です。

あなたもこれを読めばおまとめローンと債務整理の法律的な違いをしっかりと理解する事ができるので、ぜひ読んで下さいね!

 

どうして債務整理を利用すると法律的な制限が付いてしまうのか?

どうして債務整理をすると法律的な制限が付いてしまうの?
気軽に債務整理をされてしまっては金融業界が崩壊するからです。

最近は、バブル期に住宅ローンを組んだ人たちの任意売却件数が増えてきたり、今後の金利上昇という爆弾を抱えて安い変動金利で住宅ローンを組んだ人が増えてきます。

もし、住宅ローンを支払えずに債務整理や任意売却をする人が一気に増えてしまえば、銀行などの金融機関はおろか、フラット35を提供する国までも破綻に向かってしまいます。

だからこそ、債務整理を実行する人に対しては法律的な制限を課し、債務整理を気軽に実行できない様に法規制を整えているのです。

これはカードローンやクレジットカード会社に対しても同じことが言えます。

つまり、気軽に借りて気軽に自己破産を選択されてしまっては、カード業界自体が破たんしてしまう為、一定の法律的な制限やデメリットを加えることで、気軽に債務整理を実行できない様にしているのです。

もちろん、債務整理という制度は、本当に借金が返せなくて困っている人を救済するための制度であることは間違いありません。

ですが、債務者を守ると同時に、気軽に債務整理をする人を増やさないようにする「銀行や貸金業者を守るための法律」でもあるのです。

 

おまとめローンと債務整理を法律的な違いで比較してみた

おまとめローンと債務整理の法律的な違いはどんなものがあるの?
次に紹介する3つのポイントを知っておくことが大切です

おまとめローンを利用すれば法律的な制限は特には発生しませんが、債務整理を実行するときは、どの方法や手段いするのかを慎重に選ぶ必要があります。

そのなかでも、おまとめローンと債務整理を比較する上で、ぜひ知っておいて欲しい部分をまとめました。

 

違い①:信用情報を守りたいならおまとめローン

point 1
信用情報で
将来が変わる

まずおまとめローンと債務整理の違いで最も大きいのが「信用情報に履歴が残る」かどうかです。

おまとめローンの場合、あくまでカードローンやフリーローンの仕組みを利用した借金の返済方法に過ぎないので、信用情報や法律的な制限は何も発生しません。

それに対し、債務整理は信用情報上に「異動」と言う文字が載り、ブラックリスト判定を受けることになります。

異動(ブラックリスト)情報が載ると、完済後5年以上経たないと情報が消えることがないので、再びローンを組めるのはかなり先の話となります。

また、異動情報が消えたとしても、あくまでそれは信用情報機関上での話に過ぎず、債務整理の宣告を受けて不利益を被ったカード会社やローン会社があなたの情報を社内保有している可能性は誰も否定できません。

つまり、一度でも債務整理を実行してしまうと、事実上二度とローンを組めなくなる可能性があるのです。

もちろん、債務整理の宣告をしなった金融機関に対しては異動情報が消えた(通称:喪明け)後なら、審査に通る見込みは十分あります。

また賃貸の保証会社の審査も、アプラスなどの信販会社以外の保証会社なら問題なく通るケースが多いです。

 

違い②:個人再生や自己破産を選ぶと官報に名前が載る

point 2/b>
官報とは
全国の機関誌

官報とは、国が毎日発行する機関誌で、インターネット上での公開はもちろん、全国にも発行されます。(官報

官報に名前が載るのは債務整理の中でも「個人再生」や「自己破産」を選んだ場合だけに限定されますが、普段から官報をチェックする人が近くにいる場合は注意です。

普通に生活していれば、官報を見る人と接することはかなり稀ですが、法律関係に携わっている人などが身近にいれば目を通る可能性はあります。

まずはインターネット版の官報をみて、個人再生や自己破産を選んだ場合、どういった形で名前が載るのかを知っておくことも大切かと思います。

 

違い③:自己破産を選ぶと一部の職業に制限が付く

point 3
自己破産は
最終手段!

「カードローンが返せなくなったら自己破産をすればいい」

気軽にそんなことを考えている人も多いようですが、話はそんな単純なことではありません。

万が一自己破産を選択すると、持ち家が強制処分になるのはもちろん、官報に名前が載り、一部の職業に就けなくなるデメリットが発生してしまいます。

就業できなくなる職業の一例

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 土地家屋調査士
  • 不動産鑑定士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 通関士
  • 宅地建物取引士
  • 保険外交員
  • 警備員 など

自己破産を選ぶと有名な士業のほとんどは就けなくなるので、将来これらの職業に就きたいと思っている人は自己破産だけは絶対に避けておく必要があります。

また、私たちの身近なところでは、夜間警備の仕事や道路行つ調査などのアルバイトなども警備員扱いとなるため、自己破産をしたあとの仕事選びに制限が掛かってしまうのが身近なデメリットだと言えます。

詳しくは下記の外部サイトで詳しくまとめられているので、ぜひ参考にされてみて下さい。

 

借金の金額に応じて債務整理かおまとめローンを選ぶことが大事

結局、おまとめローンか債務整理のどちらを選んだらいいんでしょうか?
まずはあなたの借金の状況で判断することが大切です。

おまとめローンと債務整理の違いを解説したサイトは、私のサイトを含めたくさん存在します。

ただ、大切なのは「結局どの手段があなたにとって正解なのか?」という部分ですよね。

一つの目安として、自分の年収程度の借金の金額であれば、デメリットの少ないおまとめローンを選び、それ以上の借金があるのなら債務整理を検討してみるのがおすすめです。

また、債務整理を選択する時は、下にまとめたような特徴をよく知っておき、プロの法律家としっかりと相談して方針を決めて行くことが大切です。

債務整理の基本的な種類
任意整理 信用情報に履歴が残るだけで、その他の法律的な制限(自宅売却)などの必要はない。債権者との話し合いにより問題解決を目指す債務整理方法
個人再生 裁判所を通じ、法律的な手続きで借金を減額する方法。ローン特則などを使えば自宅を守って借金を減額できる可能性もある。(官報にも名前が載る)
自己破産 借金と資産をすべて処分し、もう一度ゼロからやり直す方法。官報にも名前が載る

もしあなたの借金がおまとめローンの利用だけでは返し切れないと判断した場合は、これらの情報を参考にして、法律家に相談してみましょう。

 

人生の選択肢を広げたいならおまとめローンで頑張る

将来の可能性を残したいならおまとめローンが最適です
完済まで時間が掛かりそうですが頑張ってみたいと思います!

おまとめローンと債務整理はどちらが良くてどちらが悪いというものではありません。

むしろ、あなたの債務状況や将来を見据えた上で、どちらが最適なのかを慎重に考えていくことが大切です。

そのためにもまずはあなた自身の借金の情報を正確にまとめて、どれくらいの借金の金額になっているのかをまずは計算してみる所からはじめてみましょう。

特にあなたがカードローンやクレジットカードの残高だけに悩んでいるのなら、低金利のおまとめローンを活用するだけで何とかなるケースはとても多いです。

おまとめローンで借金を一本化することができれば、契約した金額に応じて金利がどんどん安くなっていくので、あなたもぜひ一度検討してみて下さいね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る