Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンは勤務先や職業で審査に影響はあるのか?

おまとめローンって勤務先や職業で優劣って決まるんですか?
おまとめローンにおいてはそれなりの影響があると言えます。

通常、カードローンの審査なら必要条件を満たせば、誰でも審査を申込めるタイプのカードが多いです。

ですが、おまとめローンの場合、複数社からの支払いを一本にまとめるため、それなりの年収や会社に勤めている人でなければ審査に通りにくいという特徴があるので注意が必要です。

勤務先や職業の影響は?
  1. 完全にないとは言えない
  2. 「安定している」が大事
  3. 最後は年収と返済実績で決まる

もしあなたがおまとめローン審査の申込を考えているのなら、安定した年収があり、他社カードで滞納や延滞を起こしていないければ、審査に通過できる見込みがあります。

今回はおまとめローン審査と勤務先の影響について解説していくので、少しでも確実におまとめローンの審査に通りたいあなたは今すぐチェックして下さいね!

 

おまとめローン審査で最も大切なのは年収と返済実績!

おまとめローンは勤務先の情報で審査に落ちたりしますか?
むしろ、年収や返済実績などで審査が大きく左右されます。

おまとめローン審査の申込を考えている人の中には「大手企業に勤めていないと審査に通らないんじゃ…」と思っている人も少なくありません。

ですが、おまとめローン審査で最も大切なのは「年収」と「返済実績」の2つです!

おまとめローン審査で大切なポイント!
  • 前年度より年収がアップした
  • 過去の返済で滞納や延滞がない
  • 借入件数や合計額が少ない
  • 実はおまとめローンの多くがこれらの条件を満たしている人ほど、審査に通過しやすい傾向にあり、勤務先情報だけで審査に通過できた人というのはほとんどいません。

    中でも、おまとめローンの審査では昇給や昇進などで前年度よりも年収がアップした時や、過去の返済で滞納や延滞がなく真面目に返済し続けた人の方が審査に通過している傾向にあります。

    つまり、あなたがおまとめローン審査に通りたいのであれば、勤務先情報の属性を気にするのではなく、年収や返済実績の2つに的を絞って考えた方が審査通過率を高くさせやすいと言えるんです。

     

    おまとめローン審査で勤務先情報が影響しやすい3つのポイント!

    じゃぁ勤務先情報はおまとめローン審査に関係ないんですか?
    全く関係がない訳ではないので、いくつかの注意点を紹介します。

    おまとめローンの審査では年収や返済実績の方が大切なのは言うまでもありません。

    ですが、勤務先情報と言うのも、おまとめローンの審査担当者は実はしっかりチェックしていて、必要最低限の条件を満たしていない場合は審査に落とされてしまうので注意が必要です。

    今回はおまとめローン審査において知っておいた方が良い勤務先情報のポイントについて紹介したいと思います。

    ポイント①:勤続年数が長いか?

    point 1
    勤務年数は
    安定収入の裏付け

    金融関連の審査では「勤続年数が長い人≒安定収入のある人」という判定を行うことが多く、これはおまとめローンも例外ではありません。

    あなたが申し込むおまとめローン商品にもよりますが、一般的には勤続年数が1年以上あれば審査に通るための最低条件を満たしていると言えます。

    もちろん勤続年数が長ければ長いほど、おまとめローン審査に通りやすくなるので、おまとめローン審査に通過するまでは転職だけは控えましょう。

     

    ポイント②:安定した企業に勤めているか?

    point 1
    大企業ほど
    審査は有利に

    残念な事実として、やはり銀行は公務員や大手企業、上場企業に勤める正社員に対しては「倒産リスクが少ない」として積極的に融資を行う傾向があります。

    一般的に言われている融資ランクとしては以下の通りです。

    勤務先のスコアリング傾向
    公務員 ≧ 上場企業 > 中小企業 > 自営業・個人事業主

    ちなみに、上場企業の中でも、東証一部に上場している企業は別格で、中小企業以下に融資をする時よりも驚くような金額を融資してくれます。(特に住宅ローン)

    これは大手企業の方が倒産する可能性が低く、収入も途絶えにくいだろうという銀行の予測が関係している為です。

    ※私個人の意見としては「大企業でも倒産やリストラ当たり前の時代に何を時代錯誤な…」とは思いますが、いまだに古いパラダイムで銀行が融資を続けているのは事実なので仕方ありません

    この辺の融資評価(スコアリング)制度は早く銀行も見直さないと「足元をすくわれる日は近いのでは?」と思うんですけどね…。

     

    ポイント③:正社員で勤めているか?

    point 1
    非正規雇用者より
    正社員が有利!

    住宅ローンでもおまとめローンでも何でもそうですが、正社員として勤めている人の方が、金融関連の審査では圧倒的に強い傾向にあります。

    雇用区分のスコアリング傾向
    公務員 ≧ 正社員 > 契約社員 > 派遣社員 > アルバイト > 自営業・個人事業主

    あなたは以外に思うかもしれませんが、年収がどれだけある自営業主でも、区分雇用におけるスコアリングはアルバイトよりも下になります。

    ただ、ずば抜けて稼いでいる自営業者であれば、法人化をしているケースも多く、結果的に審査に通過するケースが多いです。

    むしろ、おまとめローン審査で判断が難しいのは、契約社員や派遣社員の場合です。

    契約社員や派遣社員の場合、収入条件としてはおまとめローンの審査基準を満たせていても、契約が切れた時のリスクが銀行にはあるため、おまとめローンの審査に通りにくい傾向にあります。

    こんな時は、すでに契約しているカードを使ったおまとめローンの方法もあるので、ぜひ参考にして下さい。

    今あるカードで一本化する方法

     

    勤務情報を良くするために嘘を付くことだけは辞める!

    少しでも良く見せる為に勤務先情報で嘘を付いてもいいですか?
    すぐにバレますし、バレた時が大変なので絶対に辞めましょう!

    おまとめローン審査に通過するための対策として、少しでも自分を良く見せようと嘘を付く人がたまにいますが、金融審査での嘘は絶対に辞めましょう!

    おまとめ審査でよくある嘘
    1. 年収を水増しした
    2. 正社員と偽った
    3. 借入額を少なく申告した

    これらの嘘は、実は審査の段階であっさりとバレてしまう内容で、審査担当者が嘘だと判断した時点で、弁明の余地なくおまとめローンの審査に落ちてしまうので絶対に辞めましょう!

    また、万が一嘘がバレずにおまとめローンの審査に通ったとしても、必要書類の提出を求められた時に嘘がばれてしまうことが多く、融資完了後の「途上与信」で嘘がバレるケースも多いです。

    ※途上与信…年に数回、ローン契約者の信用情報をローン会社がチェックすること。

    結局のところ、おまとめローンの審査に通りたい一心で嘘を付いても、最終的に苦しくなるのはあなた自身なので、審査は正直に正確に申告することが大切です。

    繰り返しになりますが、おまとめローンの審査で嘘を付くことだけは絶対に辞めましょう!

     

    おまとめと相性の良いローン商品を選ぶ事も大切

    おまとめや一本化と相性のよいローンを選べば支払いも楽になります。
    年収が低くても審査に通るおまとめローンもあるので頑張ります!

    今回はおまとめローン審査と勤務先情報の関係について解説してきましたが、勤務先情報の内容が悪くてもおまとめローン審査に通ることはできます。

    結局のところ、収入が安定していて返済実績がしっかりしている人であれば、おまとめローンの審査に通る見込みは十分あるからです。

    特に、貸金業法に基づくおまとめローンは総量規制対象外で借りることができるので、おまとめローン専用商品を申込めば借換えが完了した明細を提出する条件で融資が実行されるケースもあります。

    もちろん、通常のカードローン審査よりも、審査基準は厳しくなりやすいですが、諦める必要はありません。

    今回紹介した勤務先情報以外にも、おまとめローンの審査に通るための大切な対策は色々とあるので、ぜひチェックしていって下さいね!

    このカテゴリーの記事一覧

    関連記事









    ページ上部へ戻る