Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンの審査に落ちても一本化を成功させる方法!

おまとめローンの審査に落ちたら一本化は諦めるしかありませんか?
いいえ、まだ自分でローンを一本化させる方法があります!

せっかく申し込んだおまとめローンの審査も落ちてしまって、もう債務整理しかないのかなと考えているあなた!

結論から言えば、債務整理に踏み切る前に、最後にもう一つだけ試してみて欲しいローンの一本化手続きがあります。

それが「増額審査を使った借金の一本化」の方法です。

カードローンの増額審査を使った一本化の方法!
  • 1.借入残高の少ないカードを完済する
  • 2.完済実績を元に増額審査を申込む
  • 3.増額した枠を使い、借換を実行する

今紹介した手順の1~3を順番に繰り返して行くことで、複数あった借入先も徐々に一本化させることができます。

カードローンの多くは総量規制の対象なので、あなたの年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

ですが、逆に言えば、少しでもカードローンの枠を空けて、メインのカードローンを増額し一本化を図って行けば、時間は掛かっても借金を一本化させることは十分に可能なんです。

この方法を利用すれば、新規のカードローンやおまとめローン審査を申込む必要もないので、あなたも今すぐ試してみて下さいね!

 

おまとめローンは増額審査と新規審査どちらが厳しいの?

増額と新規ならどちらのおまとめ方法が簡単なんですか?
手間を考えれば新規のおまとめローン審査の方が手軽です。

今回紹介する借金一本化の方法は、カードローンの増額を使った一本化の方法ですが、新規のおまとめローン審査と増額を使った一本化の違いは以下の通りです。

新規と増額の違いとは?
おまとめ新規 増額で一本化
手続きがラク 手間が掛かる
総量規制対象外 総量規制の対象
申込先が限られる 手持ちカードで実行可能

通常、貸金業法に基づくおまとめローン審査なら、総量規制対象外で融資を受けることができます。

そのため、返済実績さえしっかりしていて、完済証明書の提出ができる人であれば、おまとめローン審査に通る可能性が高いです。

一方、カードローンの増額審査を活用した借金の一本化なら、すでに借りているお金をメインのカードローン一本にまとめるだけなので、新規審査を通す必要がなく在籍確認などの心配がありません。

どちらも一長一短の特徴がありますが、新規のおまとめローン審査に落ちた人は、今から紹介する増額審査を使った借金の一本化を試してみて下さいね!

 

増額審査を使った借金のおまとめ・一本化の手順!

手順①:借入残高の少ないカードを完済する

point 1
まずは
完済実績を作る

カードローンの多くは総量規制の対象なので、年収の3分の1以上のお金は借りることができません。

そのため、まずは借入額が少ないカードに的を絞って、集中的に完済を目指すところからスタートします。

カードローンの多くは、当月の返済が厳しいことを伝えれば、金利分の返済だけに変更してくれるケースがほとんどです。

これを利用すれば、他のローン返済はすべて利息負担だけにして、余ったお金を1本のローン返済に集中的に回していけば、短期間で完済実績を1つ作ることができます。

 

手順②:完済実績を元に増額審査を申込む

point 2
完済実績で
増額交渉する

1社でも完済実績を作ることに成功したら、さっそくメインのカードローンに増額審査を申込んでみましょう。

通常、返済実績に問題がなく、完済実績があれば、年収の3分の1までのお金なら増額してくれるケースが多いです。

増額審査には収入証明書などの書類が必要になるので、予め給与明細や源泉徴収票などを用意しておくと手続きがスムーズです。

仮に増額審査に失敗しても、「手順①」で紹介した方法を実践すれば、1社づつ確実に完済を目指していくことができます。

時間は掛かるかもしれませんが、複数社に均等に返済するより、1社づつ集中的に返済した方がトータルの利息負担も軽くなりやすいので、ぜひ試してみて下さい。

※増額審査に通る見込みがある場合は、手順①を飛ばして、手順②から入っても問題ありません。

 

手順③:増額した枠を使い、借換を実行する

point 3
増額した枠で
借換を実行!

もしカードローンの増額審査に成功したら、増額で広がった枠を使って、残りのカードの借り換えを実行して行きましょう。

この時、借り換えが完了したカードは必ず解約(or減額)をすることが大切です。

解約もしくは限度額の減額をすれば、減額した分だけメインのカードローンで増額審査を申込めるようになっているはずです。

つまり、時間は掛かりますが「完済(減額)⇒増額⇒借換」のサイクルをどんどん回していくのが、増額審査を使った借金を一本化させる方法の肝となるのです。

借換が完了したら、また新たに増額を行って、借換を実行する。

これを繰り返していくことで、多少時間は掛かりますが、確実にメインのカードローン一本に借金をまとめて行くことができます。

カードローンは限度額が高くなるにつれ金利が下がるので、結果的に複数社からの借入よりも返済金額や利息が安くなります。

時間は掛かりますが地道に頑張っていきましょう。

 

増額を使った一本化は返済実績がキレイな人限定の方法!

増額を利用した借金の一本化で注意点ってありますか?
増額審査に通るには返済実績がキレイであることが条件となります。

新規でおまとめローン審査を申込むときも同じですが、増額審査を使った借金の一本化でも、これまでの返済実績がキレイな人しか実行することができない方法です。

返済実績がキレイな人とは?
過去2年間の間で、目立った滞納や延滞がない状態の人のこと。少なくとも、直近半年の間で滞納や延滞があると、金融関連の審査ではマイナス評価に傾きやすい。

そのため、もしあなたがカードローンの増額審査を活用したおまとめローンを考える場合には、まずは半年間は滞納や延滞がない状態を続ける必要があります。

逆にこれまでの返済履歴がキレイな状態であれば、おまとめローン審査でも増額審査でも通る見込みはあるので、ダメ元で今紹介した方法を試してみて下さいね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る