Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーローンを使っておまとめローンを組むメリット・デメリット!

フリーローンを使っておまとめローンを組むのってどうですか?
カードローンよりも低金利で借りれる一方、審査の手続きに手間が掛かります。

フリーローンでおまとめローンを組む最大のメリットは「カードローンよりも金利が安く、不動産担保ローンほど手続きが面倒臭くない」という点です。

フリーローンのメリット・デメリット
メリット デメリット
金利が安い 個別契約となる
利用目的が自由 提出書類が増える
審査時間も短め 審査の手間が掛かる

フリーローンを利用しておまとめローンを組めば、提出書類や来店などの手間が増える一方、カードローンよりも安い金利でおまとめローンを組める可能性が高まります。

元々、カードローンが登場するまでの銀行はフリーローンを中心に少額融資を行っていたので、あなたが手続きを希望すればすぐに窓口で対応してくれます。

今回はフリーローンでおまとめローンを組む時の、メリット・デメリットの両方を解説するので、あなたがおまとめローンの借り先を考えている時は、真剣に読み進めて行って下さいね!

銀行によっては「フリーローン」ではなく「多目的ローン」と言った名称になっていることも多いです。

また、最近はフリーローンを廃止してカードローンにサービスを統一する銀行も増えてきているので、詳しくは銀行に確認をお願い致します。

 

そもそもカードローンとフリーローンの違いとは?

カードローンは「包括契約」フリーローンは「個別契約」が大きな違いです。
どちらも使途自由で借りれるけど、契約後の借り方に違いがあるのね。

カードローンとフリーローンは、どちらも個人消費者向けのキャッシングサービスであることは間違いありません。

ただ、両者の契約内容には微妙な違いがあるので、利用をする時はあなたの目的に合った方を選ぶことが大切です。

カードローンとフリーローンの違い
カードローン フリーローン
年率3.0%~18.0%前後 年率5.0%~8.0%前後
包括契約 個別契約
最短即日 2週間~4週間

どちらも使途自由(事業性資金を除く)で使えますが、フリーローンの方が安い金利で契約できるケースが多いです。

特にカードローンは金利が割高に設定されている分、限度額の範囲内で何度でも借りれる「包括契約」なのに対し、フリーローンは低金利な分、新規の借入が必要なときは再審査が必要になる「個別契約」となっています。

つまり、利便性重視で行くならカードローンを契約し、はっきりした利用目的があればフリーローンを活用するのが、賢いお金の借り方と言えます。

その他、カードローンとフリーローンの詳しい違いはこちらの記事を参考にして下さい。

カードローンとフリーローンの違いとは?

 

フリーローンでおまとめローンを組むメリット!

フリーローンでおまとめすれば、カードローンよりも低金利になります。
金利が安い分、返済金額も負担が掛かりにくいのが安心ですね!

フリーローンでおまとめローンを組む最大のメリットは「カードローンよりも安い金利でおまとめできる」という点です。

フリーローンでおまとめするメリット!
  1. 金利が安い
  2. 利用目的が自由
  3. 審査時間も短め

特にフリーローンの場合、カードローンよりも安い金利で契約できる場合がほとんどなので、おまとめや借換えと言った利用目的がはっきりした融資ととても相性が良いです。

ただし、おまとめ目的でお金を借りる場合は、融資実行後に他社カードローンの完済証明書などの提出が条件となるケースが多いので、現在の借入状況や返済にいくら必要かなどの計算はしっかりと行っておく必要があります。

銀行によっては、フリーローンを廃止していたり、カードローンと同じ金利設定にしている所もあるので、フリーローンを申込む時は、事前に契約できる金利をチェックしておきましょう。

 

メリット①:金利が安い

Merit 1
フリーローンは
金利が安い

まずフリーローンを使っておまとめローンを組む最大のメリットは「カードローンよりも金利が安い」と言うことです。

一般的にカードローンの金利は年率3.0%~18.0%となっていますが、フリーローンなら年率5.0%~8.0%で契約できるケースが多いです。

あなたが希望するおまとめ額や与信内容にもよりますが、カードローンで契約するよりも5.0%~10.0%くらいの金利節約が期待できます。

契約できる金利は銀行によってかなりの違いがあるだけでなく、予告なく金利が変更することがあります。

そのため、詳細は各銀行の公式ホームページをチェックすることをおすすめします。

 

メリット②:利用目的が自由

Merit 2
おまとめ目的と
相性がよい

銀行が提供するフリーローンは名前の通り使途自由なので、おまとめや借換え目的にも利用できる利点があります。(事業性資金はNG)

また、フリーローンは個別契約にもなっているので、一度融資が実行されたら完済するまでは追加の融資を受けることができません。(追加融資を希望する場合は、別途追加の審査が必要)

そのため、確実に完済を目指していきたい時は、カードローンを利用するよりもフリーローンで確実に返済した方が、ゴールが近づきやすくなります。

カードローンでおまとめローンを組むと、限度額の範囲内で何度でもキャッシングできてしまう為、意思の弱い人はいつまでも完済ができません。

その点、フリーローンなら個別契約となるので、一度融資実行されたらひたすら返済するだけなので、意思の弱い人にもおすすめです。

 

メリット③:審査時間も短め

Merit 3
審査時間は
2~4週間

銀行のローン審査は時間が掛かるというイメージがあるかもしれませんが、フリーローンなら審査時間はそこまで長くありません。

消費者金融だと即日融資のカードローンが多いですが、銀行のフリーローンでも最短2週間程度で審査結果を出してくれるところが多いです。

そのため、おまとめローンを今すぐ契約したい時は、早めに銀行窓口に来店して、フリーローンの申込を相談されることをおすすめします。

フリーローンは、不動産担保ローンに比べれば、審査時間も短く提出書類が少なく済むのがメリットです。

不動産担保ローンは安い金利で契約できる分、謄本の取得や担保提供者の同意書の取得など、手続き的に面倒な部分が多いのに対し、フリーローンなら提出書類も少なく審査の負担が軽いです。

 

フリーローンでおまとめローンを組むデメリット!

カードローンに比べて、提出書類や来店などの手間が増えます。
手続きが面倒に感じる人はカードローンの方が良いのかもしれませんね。

もちろん、フリーローンでおまとめローンを組むのにも、一定の注意点やデメリットがあります。

特にフリーローンは、カードローンとは違い個別契約になるので、一度融資が実行された後は、追加のキャッシングを希望する時は審査の申込が必要となる点に注意が必要です。

フリーローンでおまとめするデメリット
  1. 個別契約となる
  2. 提出書類が増える
  3. 審査の手間が掛かる

結論から言えば、フリーローンにはカードローンの様な利便性は皆無で「カードローンより低金利で借りれる」以外のメリットは何もないということです。

言い換えれば「余計なサービスがない分、おまとめローンの完済を一日でも早く終わらせる」とも言えますが、取扱いには十分注意が必要です。

カードローンなら限度額の範囲内で何度でもキャッシングができましたが、フリーローンではそれができません。

そのため、フリーローンを使ったおまとめローンを選択すると言うことは、キャッシング体質の生活から抜け出すという意味もあります。

完済を目指すまでは大変ですが、完済できる頃には金銭管理の能力がとても高くなっているので、頑張りましょう。

 

デメリット①:個別契約となる

Demerit 1
追加融資は
再審査が必要

この記事でも何度も紹介している通り、フリーローンは個別契約となるので、追加融資には再審査が必要となります。

そのため、カードローンを使っていた時のような限度額の範囲内なら何度でもキャッシングできるという利便性は一切ない点に注意して下さい。

ただ、逆に言えば、キャッシング依存体質から抜け出せるきっかけにもなるので、フリーローンを使っておまとめローンを組めば、キャッシング中心の生活から早く抜け出せるようになります。

 

デメリット②:提出書類が増える

Demerit 2
完済証明書など
提出書類が増える

フリーローンの審査では、本人確認書類や収入証明書の提出だけでなく、本当に申告した利用目的にお金を使ったのかを証明するための書類が必要となります。

例えば、おまとめローン目的でフリーローンを活用する場合、他社カードローンの残高を証明できる書類や、融資実行後に完済証明書を提出するなどが融資条件となりやすいです。

そのため、カードローン審査と比べても、必要書類の提出や準備の手間が掛かりやすいと言えます。

ただ、提出すべき必要書類の内容などの案内は銀行の窓口担当者が丁寧に案内してくれるので、そこまで不安になることはありません。

フリーローン審査に必要な書類については、利用目的や銀行窓口によって変わることが多いので、詳しくは銀行窓口で確認されることをおすすめします。

また普段から利用している銀行(メインバンク)の方が、融資の相談も丁寧に乗ってくれる傾向にあるので、まずは最寄りのメインバンクに相談しに行ってみましょう。

 

デメリット③:審査の手間が掛かる

Demerit 3
来店の必要や
審査の手間が多い

不動産担保ローンほどじゃないにしても、フリーローンの審査も提出書類や来店など色々な手間が掛かりやすいのが難点としてあります。

カードローンなら最短即日でおまとめローンを始められるのに対し、フリーローンは審査完了までに最短2週間は掛かるので、審査を急ぎたい場合は少しでも早く申込を済ませておく必要があります。

また、カードローンのほとんどがWEB申込できるのに対し、フリーローンは銀行窓口で申し込む必要があるのもデメリットの一つと言えます。

そのため、平日は仕事で忙しいという人は、フリーローンの利用は一旦諦めて、低金利で借りれる銀行カードローンでおまとめローンを目指すのが現実的な路線になると言えそうです。

一部のネット銀行ではフリーローンの申込もWEB申込に対していますが、数としてはまだまだ少ないです。

もしあなたが少しでも早くおまとめローンを始めたいと思うなら、低金利のカードローンを利用することも検討されて下さい。

 

フリーローンを使っておまとめローンを組むのに向いている人は?

平日に銀行に行ける方、書類手続きが苦じゃない方は、フリーローンがおすすめです。
平日は仕事で忙しい時は、低金利の銀行カードローンでおまとめするのがおすすめということですね。

フリーローンの審査申込は、原則、銀行窓口の営業時間内しか申し込むことができません。

そのため、平日は仕事で忙しいと言う方は、フリーローンの申込は有給や半休を使うなどの対策を取らないとかなり難しい手続きと言えます。

フリーローンがおすすめな人

  • 平日に銀行に行ける人
  • 書類手続きが苦じゃない人
  • 銀行の金利比較が得意な人

銀行の数だけフリーローンが存在する状態なので、金利比較が得意な人や書類手続きが得意な人ほど、フリーローンでのおまとめローンがとてもおすすめと言えます。

逆に調べ物が面倒と感じる人や、平日は仕事で忙しく銀行窓口に足を運べそうにないという方は、低金利の銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

中でも、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、口座開設なしで年率1.7%~14.6%で借りれるので、おまとめローンともとても相性が良いです。

あなたの与信内容や契約金額に応じて、バンクイックなら金利優遇も受けられるので、あなたもさっそく審査を申込んでみて下さいね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る