Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0
おまとめローン審査で持ち家があるときの対策と手段! | 元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る3つの方法!
Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローン審査で持ち家があるときの対策と手段!

おまとめローンの審査では持ち家があった方が有利なんですか?
ローン商品や審査の申込先などによって持ち家の有利不利は変わります。

 

複数のローンを1本化して返済負担を軽減するおまとめローンを利用するときに、持ち家があると審査にどのような影響を与えるか気になる人が多いです。結論から言えば、一概に有利不利を判断できず、選択したローン商品や申込先によって影響は異なります

ただ、住宅ローンを利用して自宅を購入した場合は、審査に通った実績を評価されることが多いです。信頼性が高いと捉えられたり、資産があるため返済がストップする可能性が少ないと判断されたりします。

続いては、おまとめローンの審査を受けるときの3つのポイントを紹介します。今回お伝えするのは、 持ち家のローン残債が重要、持ち家を活用したローンもある、銀行に相談することも大切の3つです。順番に詳しく見ていきましょう。

 

おまとめローンと持ち家のポイント!
  1. 持ち家のローン残債が重要
  2. 持ち家を活用したローンもある
  3. 銀行に相談することも大切

 

持ち家をローンで購入した場合は、借り入れた残債の金額がポイントです。残高があまりに多く、生活を圧迫していると審査に悪い影響を与える可能性があります。

持ち家を活用する不動産担保ローンでおまとめする商品もあります。担保がある分、他のローン商品より金利が低いなどのメリットがあるので、利用を考えてもいいでしょう。

おまとめローンを利用する銀行に相談することも大切です。ネットの情報だけではしっかり判断できない場合もあります。正確な情報を知るためにも担当者に内容を伝えましょう。

 

持ち家を手放さずにカードローンのおまとめをする事は十分可能です

おまとめローンを使ったら持ち家を手放すことになったりしないでしょうか?
持ち家を担保に入れない限り、持ち家がなくなる心配はありません!

 

不動産を担保にするカードローンを契約しなければ、持ち家がなくなる可能性はありません持ち家を担保にするローン契約でも返済日にきちんと返済して、規約に違反しなければ持ち家を手放すことはないので安心してください。よって、持ち家を手放さずにカードローンのおまとめをする事は十分可能です。

 

今回は持ち家がある人がおまとめローン審査を申込む場合のポイントについて解説しますが、もしおまとめローンの基本的なメリットや仕組みが知りたい場合は、下の記事を参考にして下さい。

おまとめローンのメリット

 

持ち家はおまとめローン審査にどんな影響があるのか?

住宅ローンの残債や毎月の返済額などで、おまとめローンの審査結果が影響されやすいです。
毎月の住宅ローンの返済額が少ない人ほど審査が有利になりやすいですね。

 

住宅ローンの残債や年収に占める毎月の返済額などがおまとめローンの審査に影響する可能性があります。残債が多く残っていたり、返済額が多すぎたりするとそれが要因のひとつになって審査に落ちることもあります。

ローンの返済を延滞したり、滞納したりしていない限り、住宅ローンはおまとめローンの審査にそこまで大きく影響しません。

とは言え、対策を十分にすることが大切です。そこで次は、持ち家がある場合におまとめローンの審査を受けるときのポイントを3つ紹介します。大切なのは、月々の返済額と不動産の担保価値、持ち家を活用することです。

 

おまとめローン審査と持ち家のポイント!
月々返済額 住宅ローンの年間返済額が安い人ほど、おまとめローンの審査が有利になりやすい
担保価値 「住宅ローンの残債」より「物件売却時の価格」の方が高いと、不動産担保ローンなどが活用できる
持ち家活用 持ち家を担保に入れることで、通常のおまとめローンより低金利でお金を借りることもできる。

 

3つのポイントについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

持ち家①:ローン残債や返済金額で審査の有利不利が決まる

持ち家 1
ローン残債が
審査に影響

 

ローン残債は少ない方が新しく借り入れできる金額が大きくなる特徴があります。あともう少しで住宅ローンを支払い終わるなら、完済してから申し込むといいでしょう。

また、年間の住宅ローン返済額が少ないと、おまとめローンを借りても問題なく返済できると審査機関に捉えられるので有利になります。ただし、一般的に返済額が多いほど利息の発生額を抑えて、早く完済できます。その辺りを含めて適切な判断を下すのがポイントです。

 

持ち家②:「担保価値 > ローン残債」なら資産になる

持ち家 2
ローン残債は
極力少なく

 

「住宅ローンの残債」より「物件売却時の価格」の方が高いと、資産として判断されます。資産があれば賢く利用して、安い金利でお金を借りられる方法も選択肢に入るのでおすすめです。

物件を売却したときの価格を上げるのは個人の力では難しいので、できるだけローンの残債を減らすと審査に有利になります。

 

持ち家③:不動産担保にしたローン商品を活用できる

持ち家 3
不動産担保なら
低金利で借りれる

 

持ち家に担保価値があれば、不動産担保ローンを利用できます。不動産を担保にしてお金を借り入れると低金利で契約できることが多い点がひとつのメリットです。

不動産担保ローンは大手銀行はもちろん、地方銀行でも取り扱いがあります。フリーローンよりも低い金利でお金を借り入れできるので、持ち家を担保にすることに抵抗がなければ一度検討することをおすすめします。

 

持ち家を担保に入れるかどうかでおまとめローンの選択肢が変わります!

持ち家に担保価値がある場合、担保に入れるかでおまとめローンの選択肢が広がります。
持ち家を担保に入れる時は、万が一のリスクも考える必要がありそうですね。

 

持ち家を担保に入れるとおまとめローンの選択肢が広がりますが、メリットとデメリットをきちんと把握することが大切です。メリットを紹介した後、デメリットもお伝えするのでしっかりチェックしておきましょう。

 

担保活用のメリット・デメリット
担保あり 担保なし
任意売却による資金調達 低金利のカードローンの活用
リバースモーゲージの活用 提携先の銀行に相談する
不動産担保ローンを活用する 消費者金融のおまとめローンを活用

 

担保活用の最大のメリットは低金利で取引ができることですが、任意売却される可能性があります。任意売却は簡単に言えば、ローンの返済が滞った場合に担保の不動産を売却することです。将来、何らかの理由でお金を返せなくなると、家を失う可能性があることを頭に入れておきましょう。

リバースモーゲージは、審査の要件が比較的緩やかになるのが特徴です。一般的に変動金利で契約することが多いため、金利リスクがある点がリバーモースゲージのデメリットとして挙げられます。後ほど、リバーモースゲージについて詳しく説明するのでぜひチェックしてください。

不動産を担保に入れて借り入れをする場合のデメリットは他にもあり、不動産価格が下落する可能性があることです。不動産の評価額が著しく下がると、場合によっては一括返済を求められることがあるので注意しましょう。

 

持ち家を担保に入れずにおまとめローンをする場合は?

point 1
担保なしなら
内緒でできる

 

持ち家を担保に入れなければ、家族に内緒で契約できます。家族間で金銭的な隠し事をするのはあまりよくありませんが、うまくやれば借り入れがバレません。

それ以外にも不動産を担保に入れないおまとめローンのメリットがあります。

例えば、先に説明した通り不動産担保ローンは最悪の場合、持ち家を売却するリスクがありますが、担保に入れなければ避けられます。また、不動産を担保にしたローンより審査がスピーディなのが特徴です。

 

持ち家を担保に入れない場合は?
メリット デメリット
持ち家の売却リスクがない おまとめ額に上限ができやすい
家族に内緒でできる 金利が割高になりやすい
審査時間が短い 審査が厳しくなる

 

続いて、持ち家を担保にしない場合のデメリットを3つ紹介します。

1つは、おまとめローンの上限が低くなる可能性があることです。不動産が担保に入っていない分、収入などの返済能力を基に貸出額が決まります。そのため、借り入れできる限度額が低くなりやすいです。

次に、金利が割高になりやすい点です。これについても先ほどと同様の理由で高く設定されやすいです。金利をとにかく抑えたい人は、不動産を担保にすることをおすすめします。

また、不動産担保ローンよりも審査が厳しくなるので気を付けてください。他社借入が多かったり、収入が少なかったりすると借り入れができないことがある点がデメリットとして挙げられます。

 

担保なし①:低金利の銀行カードローンを活用する
住宅ローンを契約した銀行に行けば、カードローンの金利優遇が付くケースもあります。
ネットバンク系の銀行カードローンも低金利だから狙い目なんですね。

 

担保を設定しない場合は、金利が低い銀行のカードローンを活用するのがおすすめです。一般的に銀行のローン商品は低金利ですが、特に住宅ローンを契約した銀行だと金利優遇を受けられる可能性があるので、一度確認してみましょう。

金利優遇が適用される代表的な銀行カードローンを3つ紹介します。今回は、みずほ銀行、三井住友銀行、千葉銀行の3行を見ていきます。

 

金利優遇のある主な銀行カードローン
基本金利 優遇後の金利 備考
みずほ銀行 年率2.0%~14.0% 年率1.5%~13.5% みずほ銀行が指定する住宅ローン契約者が対象
三井住友銀行 年率4.0%~14.5% 年率3.5%~14.0% 三井住友銀行が指定する住宅ローン契約者が対象
千葉銀行 年率1.7%~14.8% 千葉銀行が指定する住宅ローン契約者し、特定のカードローンを利用者が対象

 

みずほ銀行で住宅ローンを利用していると、通常年率2.0%~14.0%のところを年率1.5%~13.5%に優遇してもらえます。ただし、みずほ銀行が指定する住宅ローンを契約した場合のみ対象になるので、事前に銀行に問い合わせてみましょう。

三井住友銀行のカードローンの基準金利は、年率4.0%~14.5%ですが指定の住宅ローンを契約していれば年率3.5%~14.0%になります。最低金利は4.0%でもともと低いですが、さらに0.5%優遇されるので該当の利用者にとって大きなメリットです。

千葉銀行が指定する住宅ローンを契約して、特定のカードローンを利用する場合も優遇金利の対象になります。詳しい情報が非公開なので、千葉銀行の住宅ローン契約者はカードローンを契約するときに相談してみましょう。

 

担保なし②:住宅ローンの提携先の銀行に相談する
住宅ローンを減額してもらって、毎月の返済額の総額を下げるのも一つの方法です。
住宅ローンの金利が安い今だからこそ、借り換えローンも効果的なんですね。

 

契約先の銀行の担当者に住宅ローンの返済額の変更をお願いすることもできます。必ず毎月の返済額を下げられるわけではありませんが、相談する価値はあります。

また、住宅ローンを借り換える方法もあるので、より好条件の他社ローン商品を探してみましょう。現代は金利が低いので、借り換えローンを賢く利用すれば総支払額を抑えられます。おまとめローンの審査に通る可能性も上がるので、ぜひ一度考えてみてください。

 

担保なし③:消費者金融系のおまとめローンを活用する
中央リテールやアイフルなど消費者金融系のローン活用もおすすめです。
貸金業法に基づくおまとめローンを取り扱う消費者金融は意外と多いんですね。

 

おまとめローンを取り扱うのは、銀行だけではありません。中央リテールやアイフルなどの消費者金融もおまとめローンがあるので、視野を広げて活用することをおすすめします。

代表的な消費者金融を3社紹介します。今回は、プロミス、アイフル、中央リテールを見ていきます。各社のおまとめローンの金利と申込方法を表にまとめたのでチェックしましょう。

 

貸金業法に基づくおまとめローンのある消費者金融
金利 申込方法
プロミス 年率6.3%~17.8% 電話もしくは自動契約機など
アイフル 年率3.0%~18.0% WEB申込や来店など
中央リテール 年率 WEB申込後、来店審査が必要

 

プロミスのおまとめローンの金利は、年率6.3%~17.8%で審査によって決まります。申し込みは電話や自動契約機などからできるのが特徴です。

続いて、アイフルはWEBでも申し込みができます。近くの店舗に来店して手続きもできるので、時間がある人は不備が起きづらい来店申し込みをおすすめします。年率は3.0%~18.0%です。

中央リテールは、年率10.95%~13.0%でWEBから申し込みができます。ただし、店舗に来店して審査を受ける必要があるので注意しましょう。

 

持ち家を担保に入れておまとめローンをする場合は?

持ち家を担保に入れる時は、持ち家の名義人全員の同意書が必要です。
返済できなくなると持ち家の売却リスクがあることを忘れてはダメなんですね。

 

持ち家を担保に入れておまとめローンをする場合は、名義人全員の同意書が必要です。それくらい家を担保に入れるのは重要な取引であることを意味しています。

持ち家を担保にすると審査に通りやすく、低金利でまとまった資金を調達できるのが大きなメリットです。一方で売却リスクがあったり、所有者の同意書が必要になったりなど手続きに時間がかかるのがデメリットです。

 

持ち家を担保に入れない場合は?
メリット デメリット
まとまった資金を調達できる 持ち家の売却リスクがある
低金利で借りれる 所有者の同意書が必要
担保がある分、審査が甘い 審査手続きに時間が掛かる

 

メリットとデメリットを考えて、おまとめローンの種類を選択することが大切です。

 

担保あり①:任意売却による資金調達
任意売却で家を売れば住宅ローンの返済問題も解決できます。
住宅ローンの返済額より担保価値が高い時にできる方法ですね。

 

不動産を担保に入れると任意売却される可能性がありますが、逆に言えば家を売って住宅ローンの返済問題を解決できます。 ただし、住宅の担保価値が住宅ローンの返済額が低いと、この方法で資金調達はできないので注意が必要です。

 

担保あり②:不動産担保ローンを活用する
不動産担保ローンとは、持ち家を担保に入れて、再びローンを組む方法です。
担保がある分、審査が甘くてまとまった資金を調達しやすいのが特徴なんですね。

 

先に説明したとおり、不動産担保ローンは持ち家を担保に入れてお金を借りるローン商品です。再びローンを組んでおまとめローンを利用する方法もあります。不動産担保ローンをうまく活用するのがポイントです。

低金利でまとまったお金を手に入れられるので、将来の仕事などに不安が少ない場合は、前向きに不動産担保ローンを利用するといいでしょう。

 

担保あり③:リバースモーゲージの活用
リバースモーゲージは、契約者本人が死亡した時に持ち家を買い取ってくれる仕組みが特徴です。
不動産相続に悩む時におすすめな方法なんですね。

 

将来、家の持ち主が亡くなった場合、問題になるのが不動産の相続者を誰にするかです。遺言などで指定されていれば遺族間で大きな問題に発展しませんが、準備ができない人はリバースモーゲージの利用をおすすめします。

リバースモーゲージは、推定相続人全員に同意書をもらう必要がありますが、一度契約すれば利用限度額の範囲内で融資が受けられます。また、契約者が亡ってから家の売却代金を返済に充てられるのが大きな特徴です。

不動産担保ローンと異なり、最後に一括して返済できるリバースモーゲージは、高齢者に人気があります。若いうちでも利用はできますが、融資期間が35年の商品が多いので一度金融機関に確認してみましょう。

 

おまとめローン審査と持ち家の有無でよくある質問

おまとめローン審査と持ち家についてよくある質問をまとめました。
もしここにない質問などがあればお気軽にご連絡下さいね。

 

おまとめローン審査と持ち家の有無でよくある質問を3つ紹介します。今回は、持ち家を担保に入れて借りるメリット、持ち家があることで審査が有利になるか否か、持ち家を担保にいれるべきかの3つについて見ていきます。

 

質問①:持ち家を担保に入れて借りるメリットはなんですか?

持ち家を担保に入れて借りるメリットはなんですか?
低金利でまとまったお金を借りやすい点です。

 

先に説明した通り、持ち家を担保に入れてローンを組むと低金利でまとまったお金を借りやすくなります。担保がない場合よりも審査に通過しやすくなる点などがメリットとして挙げられます。

 

質問②:持ち家があることでおまとめローン審査が有利になることはありますか?

持ち家があることでおまとめローン審査が有利になることはありますか?
審査通過の実績が多少は考慮されますが、結局は年間のローン返済額が少ない人ほど審査が有利になりやすいです。

 

持ち家があると、過去に住宅ローンに通過した実績が評価対象になります。また、返済日にお金を返済した履歴も残るので、期日を守っていればきちんと支払いができる人だと判断されます。

年間のローンの返済額が少ないと家計への負担がそれほど大きくないため、有利に審査が実施される可能性があります。

 

質問③:持ち家は担保に入れた方がいいんでしょうか?

持ち家は担保に入れた方がいいんでしょうか?
人にもよりますが、あくまで借金問題解決の最終手段と考えた方が良いかと思います。

 

持ち家を担保に入れるか否かは人によって判断が異なります。ただし、家を失うと生活を送るのが難しくなるのは事実です。たくさんのメリットがある不動産担保ローンですが、あくまでも最終手段と考えることをおすすめします。

持ち家を担保に入れる場合は、万が一のリスクも考えること!

持ち家を担保に入れる時は、必ず家族全員で話し合いましょう
万が一の事を考えて、じっくり考えてみたいと思います。

 

持ち家がある場合のおまとめローンの審査について、たくさんの情報をお伝えしました。持ち家があることで審査に大きな影響は基本的にありません。ただし、返済態度が悪く、延滞などをした経験があると審査の印象が悪くなるので注意しましょう。

持ち家を担保に入れてローンを契約すると、審査に通りやすくなったり、低金利でお金を借りられたりなど多くのメリットがあります。一方で、将来仕事を失って、返済が滞ると最悪の場合家を売却することになります。万が一のリスクを考えたうえで、適切なローン商品を選択することが大切です。

金融機関各社でおまとめローンを取り扱っているので選ぶのに迷うかもしれませんが、金利や返済期間などの条件を基に選びましょう。過去に住宅ローンを契約したところだと優遇を受けられる場合があるので、一度確認することをおすすめします。

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る