Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0
おまとめローンの注意点!安全におまとめローンを利用するためにやるべき3つの事! | 元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る3つの方法!
Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンの注意点!安全におまとめローンを利用するためにやるべき3つの事!

おまとめローンを利用する時に注意することって何でしょうか?
まずは次に紹介する3つの注意点を守ることが大切です!

 

低利率で契約ができたり、総返済額を抑えたりなどできるおまとめローンですが、メリットが注目されることが多くて注意点に関する情報はあまり解説されません。そこで今回は、おまとめローンを利用するときに注意すべき3点をお伝えします。

以下の3つがおまとめローンの注意点なので、しっかり見ていきましょう。

 

おまとめローンの注意点とは?
  1. 借入予算を決めること
  2. 返済金額を確認すること
  3. 完済期間を知っておくこと

 

おまとめローンはほとんどが返済専用のローン商品ですが、場合によってはおまとめ以上の借入ができることがあります。おまとめローンの借入予算をどれくらいにするか、利用前に決めましょう。事前に決めておくと、余計な借入をして返済に苦しむことを防げます。

既存の借入をまとめた場合に毎月の返済金額がいくらになるか把握しておきましょう。ローンを一本化すると返済金額が少なくなるケースが一般的ですが、逆に増額することもあります。まずはおまとめする前の返済額を確認し、おまとめ後の金額を比較してどれくらいメリットがあるかチェックすることがポイントです。

おまとめした結果、返済が完了するのにかかる期間が変更されます。完済期間のチェックも忘れずに行いましょう。

おまとめローンを利用するときは、あらかじめ返済計画をしっかり立てることが非常に大切です。計画的に利用しなければメリットを最大限に生かせないので、綿密に考えることをおすすめします。

 

おまとめローンは債務整理と違って安全性の高い借金解決の方法です!

おまとめローン審査と債務整理はどちらの方が安全性が高いんでしょうか?
おまとめローンを選んだ方が完済後の選択肢は広がりやすいです

 

複数社から多額の借入があると債務整理をするしかないのではと考える人が多いですが、その前におまとめローンを利用する方がメリットはあります。

たしかに、多重債務で生活を送ることが難しい場合は債務整理をするのが適切ですが、ローンを完済した後に選択肢が狭まらないのはおまとめローンです。状況によっては早急に債務整理をする方が良い場合もありますが、おまとめローンとの違いをしっかり押さえておきましょう

おまとめローンと債務整理の主な違いは、次の5つです。

 

おまとめローンと債務整理の違いは?
おまとめローン 債務整理
利息を減らす方法 元金を減らす方法
信用情報がキレイなまま 信用情報にキズが10年以上残る
完済後は新規融資できる 事実上、ローンは2度と組めない
就職や転職は自由 一生就けなくなる職業が発生
プライバシーは守られたまま 官報に名前が載るケースがある

 

おまとめローンは複数の借入をまとめることで利息を減らして返済総額を減らせる方法ですが、借入元金は減らせません。一方、債務整理をすれば元金から減らせるメリットがあります。

債務整理をする大きなデメリットが信用情報に10年間記録が残ることです。債務整理後はローンやクレジットカードの審査を受けても通らないケースがほとんどです。おまとめローンの利用なら記録は残りますが、信用情報の傷にはなりません。

おまとめローンの完済後は新規融資を同じ会社からも他社からも借りられますが、債務整理は事実上、ローンは2度と組めないことに注意が必要です。借入元金を減らせるメリットがある債務整理ですが、代償はとても大きいことが分かります。

おまとめローンを利用しても仕事に影響は及びませんが、債務整理をすると自分が希望しても就けない仕事ができます。例えば、弁護士や行政書士、司法書士などの士業は、債務整理の手続き中は仕事に就けません。

また、おまとめローンを利用した履歴は信用情報には記録されますが、基本的に一般の人にはバレません。しかし、債務整理をすると政府が毎日発行する官報に名前が載ります。インターネットでも閲覧できるので、プライバシーは守られません。

以上のように、債務整理は借金がある生活から根本的に脱却する方法ですが、完済後の選択肢が狭くなる特徴があります。ローンをまとめることで借金を返済できる見込みがある人は安易に債務整理を選択するのではなく、まずはおまとめローンを試すことをおすすめします。

 

おまとめローンと債務整理の違い

 

おまとめローンを選ぶ時の主な注意点!

おまとめローンを選ぶ時の注意点は何かありますか?
具体的なおまとめ額を決めて、返済シミュレーションをすることが大切です。

 

次に、おまとめローンを選ぶときの注意点を3つ紹介します。おまとめローンを取り扱う会社は非常に多いので、どの商品が自分に適したものか判断が難しいです。

ローン商品はどれも同じに見えるかもしれませんが、実はそれぞれに特徴があります。適切なローンを選ぶときに気を付けるべきなのが次の3点です。

 

ローン選びの注意点とは?

  1. 借入予算を決めること
  2. 返済金額を確認すること
  3. 完済期間を知っておくこと

先に説明しましたが、おまとめローンの商品を選ぶときはしっかり返済計画を立てることがポイントになります。借入予算を決めて返済期間や完済期間を把握すると、自然と自分に合ったおまとめローン商品が絞れてきます

例えば、既存の借入を返済する他にプラスでお金を借り入れたい場合は、おまとめ専用ローンではなく資金使途が自由なフリーローンなどを選択すべきです。このように自分の意向を明確にすることがローン選びをする上で大切になります。

 

ローン選びの注意点

 

おまとめローン審査を申込むときの注意点とは?

おまとめ審査を申込むときはどんな注意点が大切ですか?
税込年収での申告や返済履歴の健全化などが大切です

 

次に、おまとめローン審査を申込むときの注意点について解説します。今回は4つのポイントを紹介しますが、いずれも少し気を付けるだけで審査に通過する可能性がアップするのでぜひ試してみてください。

今回紹介する審査申込時の注意点は次の4つです。

 

審査申込時の注意点とは?
  1. 審査の内容に嘘をつかない
  2. 他社の返済履歴をキレイにする
  3. 税込み年収で申告をする
  4. 借入件数を減らしておく

おまとめローンの申込時に申告する年収や勤続年数、他社借入状況などの情報は必ず正確に記載しましょう。記入ミスで事実とは異なる内容を申告しても虚偽だと捉えられ、これが原因で審査に落ちることもめずらしくありません。審査時に申告する内容は嘘をつかないことが非常に大切です。

他社からの借入をきちんと返済しているかも審査でチェックされるポイントのひとつです。返済日に1日も遅れずにお金を返しているか、延滞した記録がないかなどを見られ、返済履歴がキレイな人ほど審査に通過しやすいです。返済日に遅れた経験があるなら、少し時間を空けてからおまとめローンに申し込むことをおすすめします。

おまとめローンの審査で申告する年収は、税抜きではなく税込みで記入しましょう。これを知らずに税抜きで申告するとその分、本来の年収より低い状態で審査を受けることになります。一般的に年収が高いほどおまとめローンの審査に通りやすいので、税込み年収で記入することを覚えておきましょう。

審査では他社からの借入額だけでなく、借入件数も重要な項目としてチェックされます。できるだけ借入件数を少なくするために、完済が見込めるローンの手続きを終わらせてからおまとめローンに申し込むといいでしょう。使っていないローンカードやキャッシングカードなどは解約するのもおすすめです。

 

おまとめローンの返済での注意点

 

おまとめローンの返済で注意することは?

おまとめローンの返済中は新しいキャッシングは絶対に避けましょう!
多重債務を避けるためにも、古いカードは解約した方がいいんですね

 

続いては、おまとめローンを返済するうえで注意すべきことをお伝えします。

基本的におまとめローンは返済専用の商品なので、利用期間中は新しい借入契約を結ぶのは避けましょう。多重債務に陥りやすく、おまとめローンの完済までに時間がかかる可能性が高くなります。

おまとめローンの返済中に特に注意すべきことは次の3点です。

 

返済中に注意すること
  1. 古いカードは解約する!
  2. 空いた枠の再利用はしない!
  3. 返済遅れは早めに連絡!

 

先に少し説明しましたが、現在使っていないカードがあれば解約しましょう。お金を借りられるカードがあると、いつか利用する可能性が考えられます。審査でも余計なカードがない方が通りやすいので、おまとめローンを検討する間に解約手続きを済ませるのが無難です。

おまとめローンで借入を返済すると、少しずつお金を借りられる枠が空いてきます。しかしこれを、再利用すると借入額が減った意味がありません。急にお金が必要になったとき以外は、おまとめローンの返済期間中に新規借入をするのは辞めましょう。きちんと完済して、生活の基盤を整えてもなおお金が必要であれば、借入を検討する流れにすることをおすすめします。

もしおまとめローンの決められた日に返済が間に合わないときは、借入先にできるだけ早く連絡をしましょう。仮に延滞すると借入先への連絡の有無に関わらず、信用情報機関に事実が記録されます。しかし、連絡がないと最悪の場合、おまとめローンの契約を強制的に解約されて借入額を一括請求される可能性があります。複数の借入をまとめた契約なので、一括請求をされると生活がままならないケースも多いため、返済日に遅れそうなときは借入先に早急に連絡をしましょう。

 

返済期間中の注意点

 

おまとめローンの注意点でよくある質問!

おまとめローンの注意点でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

 

最後に、おまとめローンの注意点に関する質問を3つまとめてお伝えします。今回紹介するのは、中小消費者金融のおまとめローンの安全性、申し込みで嘘が許されるか否か、返済できないときの対処法、の3つについて詳しく紹介します。

いずれもおまとめローンを利用するうえで、多くの人が疑問に思う内容なので申し込みをする前にしっかりチェックしておきましょう。それでは3つのQ&Aを詳しく見ていきます。

 

質問①:中小消費者金融のおまとめローンは危険でしょうか?

中小消費者金融のおまとめローンは危険でしょうか?
このホームページで扱っているおまとめ商品ならまず安心です。

 

大手消費者金融ではなく、中小企業のおまとめローンを選択するのは危険ではないかと考える人がいますが、ホームページ上で商品紹介をしているなら安心して申し込んで大丈夫です。

ただし、中小消費者金融で取り扱かわれているおまとめローンの中には、悪質なローン商品が存在する可能性があります。すぐに利用申込をするのではなく、取扱会社や商品内容、利用者の口コミなどの情報をしっかり確認することをおすすめします。

なお、おまとめローンの安全性についてより詳しく知りたい人は、下の記事を参照することをおすすめします。おまとめローンに関して少しでも不安がある人は、必ずチェックしてくださいね。

 

おまとめローンの安全性

 

質問②:おまとめ審査で嘘をつくのはやはりダメでしょうか?

おまとめ審査で嘘をつくのはやはりダメでしょうか?
嘘をついても信用情報等ですぐにバレるのでおすすめできません。

 

おまとめローンの申込時には、名前や生年月日などの個人情報の他に、年収や勤務年数、他社借入など審査に関わる重要な項目を申告する必要があります。年収や勤務年数を実際のものより多く書いたり、他社借入件数・残高を少なく申告したりすれば審査に通りやすいのではないかと判断する人がいますが、これは絶対にやめましょう。

虚偽の内容を申告するとそれが原因で審査に落ちることもあります。嘘の情報を申告しても審査会社にはバレるので、嘘をつく人だと判断されるため正確な内容を伝えましょう。

また、誤って本来の情報と違う内容で申し込みをすると虚偽の申告と捉えられるケースがあります。審査会社は故意なのかミスなのか判断できません。おまとめローンに申し込むときは内容をしっかりチェックすることが非常に大切です。

おまとめローンの審査と嘘に関する情報をもっと詳しく知りたい人は、次の2つの記事がおすすめです。審査と信用情報の関係などについて細かいところまで理解できるので、時間があるときに読んでみてください。

 

おまとめローン審査と嘘

 

質問③:返済ができない時は黙っていても問題ありませんか?

返済ができない時は黙っていても問題ありませんか?
返済ができないと分かった時点で早めに連絡することが大切です。

 

おまとめローンの限らず、指定日にお金を準備できないことが分かった時点で借入先に早急に連絡することが大切です。

返済日を過ぎても支払いをしなければ、延滞した記録が信用情報機関に登録されます。信用情報機関に悪い記録が残ると、次に審査を受けるときに良い結果が得られない可能性が高くなるので注意が必要です。

借入先に電話しても延滞した情報は記録されますが、連絡しなければ契約を解除されたり、借入金を一括請求されたりすることもあります。返済ができない状態でもそのままにせず、できるだけ早く借入先に連絡しましょう。

おまとめローンの返済が難しいときの具体的な対処法を以下のサイトに詳しくまとめました。現在返済が難しい状況にある人はもちろん、将来返済ができなくなる可能性もあるのでおまとめローンの利用前の人も目を通しておきましょう。

 

おまとめローンが返済できない時

 

おまとめローンを利用すれば毎月の返済額を減らすことが可能です!

おまとめローンを活用すれば毎月の返済負担を軽くできます♪
毎月のキャッシュフローを改善させたい時には本当に助かりますね♪

 

他社からの借入が複数あって返済するのに苦労している人は、おまとめローンを利用して一本化することで毎月の返済額を減らせます。その他にもおまとめローンで組みなおすことでたくさんのメリットが得られるので、今回は3つに絞って紹介します。

おまとめローンが気になる人や利用する検討中の人は、ぜひチェックしてみましょう。

 

おまとめローンのメリット!
  1. 毎月の返済額を安くできる!
  2. 生活費にゆとりが出てくる!
  3. 早期返済を目指しやすくなる!

 

先に少し説明しましたが、借入を一本化することで毎月の返済額を少なくできることがおまとめローンのメリットのひとつです。

複数社からお金を借りている場合、月々の返済金額や完済までにかかる期間などがバラバラです。これをひとつのローンにまとめるとすべての融資条件が一致します。借入期間を長く設定すれば毎月の返済額を抑えられたり、既存の契約よりおまとめローンの利率が低ければ総返済金額が少なくなったりします。

借入条件によってはおまとめローンを利用しても有利にならないケースがあるので、事前にどれくらい違いがあるかシミュレーションすることをおすすめします。

おまとめローンのふたつ目のメリットは、生活費にゆとりが出てくることです。

無理のない返済額でお金を返せるので、今までと比較すると毎月生活に苦しむことはなくなります。一本化するだけで生活にゆとりが生まれることもあれば、借入期間などを調整することで切り詰めた生活から解放されるケースもあります。

自分の生活に必要な費用がどれくらいかをチェックすることがポイントです。収入と必要経費の差額分から生活に無理がない返済額を考えて、おまとめローンの担当者に相談しましょう。

早期返済を目指しやすくなることもおまとめローンのひとつのメリットです。

キャッシングなどでお金を借りると毎月返済する金額は、最低返済額に設定されることが多いです。最低返済額以上のお金を返しても問題なく、借入期間が短縮化されますが多めに返済できる人は多くありません。

おまとめローンを利用すれば毎月決められた金額を指定されて返済するので、複数の借入があるときよりも早期返済を目指しやすくなります。

おまとめローンはたくさんのメリットがあるローン商品なので、注意点を抑えつつ安全に利用してみましょう。

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る