地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンの審査に通らない時はどうすれば良いのか?

おまとめローンの審査に通らない時はどうすれば良いのか?

おまとめローンの審査に通らない時の原因とは?

おまとめローンの審査に通らない時の主な原因は次の3つです。

過去の返済履歴に問題があった
すでに借り過ぎている
限度額が高すぎた

もしあなたがおまとめローンの審査に通らない時は、今紹介した3つの事に心当たりがないかを振り返って下さい。

元々おまとめローンと言うのは、あなたの役職や給料が上がったことを前提にしたうえで、もう一度返済能力を計算して、一本にまとめてくれるサービスです。

つまり、あなたが初めてお金を借りた時よりも、勤続年数や給料が少しでも上がっていれば、おまとめローンの審査に通過する可能性は十分にあるということなんです。

それなのに、なぜ審査に通らないのか?

今回はそのどうしても審査に落ちてしまうあなたへ、審査基準や対策について具体的に解説して行きたいと思います。

 

おまとめローンでは信用情報が大切です

まず大前提として、おまとめローンでは信用情報が大切です。

具体的には、あなたが初めてお金を借りた時から、どれだけ返済能力が高くなったのかを調べられています。

良くある例としては、

 ・学生時代から借りたローンを、社会人になって返す時
・新社会人で借りたローンを、役職が付いてから返す時
・派遣時代に借りたお金を、正社員になって返す時
・借りたときから、勤続年数がかなり経った時

こういう時にはおまとめローンの審査に通る可能性が非常に高いと言えます。

また返済期日をしっかりと守り続けた状態で、長期利用をしている場合も、おまとめローン審査に通る可能性が高いです。

これらの勤続年数や年収、返済実績などが高ければ高いほど、あなたの信用情報が好条件となり、おまとめローン審査でも有利になりやすいです。

 

おまとめローンの審査に通るためには?

さらにおまとめローンの審査に通るためには、冒頭で紹介した3つの基準も大切にして下さい。

 

1.過去の返済履歴に問題があった

審査を申し込む時に、過去のカードローンやクレジットカードの返済履歴に問題があると、審査に通る可能性が一気に難しくなります。

特に注意をしたいのが、今現在も滞納や未納状態が続いている状態。

この状態ではまずどのカードローン審査も通らない状態なので、審査を申し込む前に未払いになっているお金を先に返すようにしましょう。

 

2.すでに借り過ぎている

またすでに借り過ぎている場合も注意が必要です。

おまとめローン審査でも、借りている金額が大きすぎると審査に通らない場合があります。

いくら総量規制対象外のカードローンと言えど、すでに借り過ぎている場合は審査も厳しい傾向にあります。

この場合、1社でも先に完済実績を作っておくと、おまとめローン審査でも有利になりやすいです。

 

3.限度額が高すぎた

意外とある落とし穴としては、審査を申し込んだ時の限度額が高すぎたという可能性です。

おまとめローン審査の場合でも、限度額は5万円~20万円程度の低い限度額から始めるのがとても大切。

借りたお金を使い、1社でも早く完済⇒解約の流れを作っていく事で、おまとめ先の与信枠が広がっていきます。

 

おまとめローン審査に最適なカードならバンクイック!

今回はおまとめローンの審査に通らない時の原因についてまとめましたが、如何でしたでしょうか?

改めてポイントをまとめると、

おまとめローンは、信用情報がとても大事!

1.過去の返済履歴に問題があった

⇒特に滞納や未納が無い状態にすること

2.すでに借り過ぎている

⇒まずは1社でも完済してみる

3.限度額が高すぎた

限度額は5万円~20万円くらいの低額で申し込む

この対策をしてから、改めておまとめローン審査に申し込めば、きっと違った結果になると思います。

もちろん、審査に絶対はないので過信は禁物。

 

そんな中、おまとめローンに最適なカードローンとしては、総合的にはバンクイックがおすすめ!

バンクイックなら、限度額が最大500万円と非常に高く、金利も低金利で安心。しかも三菱東京UFJ銀行の口座を持ってない人でも審査に通ることが出来るんです!

もしあなたが今すぐおまとめローン審査に通りたいのであれば、今紹介した3つのポイントを踏まえて、今すぐバンクイックに申し込んでみて下さい。

きっと今よりも返済が楽になると思いますよ!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る