地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンの審査が厳しいと言われる3つの理由

おまとめローンの審査が厳しいと言われる3つの理由

おまとめローン審査が厳しいと言われる3つの理由とは?

「おまとめローンに申し込むけど審査に落ちる…」
「なかなか希望通りの金額を借りれない…」

もしあなたがおまとめローンでこんな悩みを抱えているのであれば、間違ったおまとめローンの申し込みをしている可能性が高いです。

本来おまとめローンと言うのは、あなたの年収が上がったことを前提にローンの1本化を試みる方法だからです。

詳しい理由はこれから順番に解説して行きますが、もしあなたが本気でおまとめローンの審査に通りたいのであれば、今から紹介する3つのポイントをしっかりと確認して下さい。

おまとめローン審査で大切な3つの対策!

すでに借り過ぎてしまっている
限度額を低めに抑えておく
まずは1社でも完済⇒解約をする

今紹介した3つのポイントをクリアすれば、あなたもおまとめローンに成功する可能性がグッと高くなります。

おまとめローンも金融審査なので、条件さえ満たしてしまえばあなたもちゃんと審査に通ります。

なので、最後まであきらめず絶対にローンの一本化を目指していきましょう!

 

おまとめローンの基本的な仕組みは「順番にまとめること」

テレビCMや誤ったサイト情報のせいで勘違いしている人が多いですが、
おまとめローンはある日突然、ローンが一本化される訳ではありません。

よくある勘違いで、

「融資が降りたその日から借金が1つにまとまるんでしょ?」

と言った質問を頂くことがありますが、これはよほど収入状況が劇的に改善した人にしかムリな話です。

 

現実的には、

1.おまとめローン目的でお金を借りる
2.借りたお金で、1社目のローンを完済&解約
3.空いた与信枠を元に、さらにおまとめローンで借りる
4.借りたお金で、2社目のローンを完済&解約

これを繰り返していくのが基本的な方法です。

 

いくら銀行カードローンでも、むやみに年収の3分の1以上のお金を貸すことは出来ません。

そのため、消費者金融やクレジットカードのリボ払いなど、完済できる小口のキャッシング業者から順番に返済をしていき、おまとめローンの与信枠を広げて行くことが基本となります。

次の項目で、具体的なステップについて説明するので、しっかりとチェックして下さいね!

 

審査の厳しいおまとめローンを成功させる方法!

おまとめローンを成功させるためには、はじめに紹介した3つのステップを順番にクリアして行く必要があります。

1.すでに借り過ぎてしまっている

すでにお金を借り過ぎてしまっている場合、おまとめローン審査にいきなり通ることはかなり難しいです。

基本的にあなたの年収の3分の1以上のお金は総量規制対象外のカードローンでもなかなかキャッシングできません。

銀行側もビジネスとしてお金を貸すので、貸し倒れリスクのある人には融資ができないのが現実です。

 

そのため、おまとめローンを申し込むタイミングとしては、

1.年収が上がった
2.年収が400万円を超えた
3.他社カードローンを解約した

これらのタイミングで審査を申し込むと、おまとめローン用のお金を借りれる可能性がでてきます。

 

仮に年収が5万円でも10万円でもアップすれば、借りれる与信枠が広がるため、銀行側もお金を貸せないか検討してくれるようになります。

特に銀行カードローンの場合、年収が400万円を超えると借りれるお金の限度額もグーンとアップするのでおすすめです。(自己返済比率が30%から35%に見直されるため)

他には他社カードローンや、クレジットカードのリボ払い、携帯の分割代金の支払い等が終わると、与信枠が広がるので、このタイミングでおまとめローンを申し込むのも有効な方法と言えます。

 

限度額を低めに抑えておく

多くの場合、おまとめローンだからと言っていきなり100万円も200万円も借りれる訳ではありません。

現実的にはどれだけ多くても20万円が限界だと思っていて下さい。

それは借り先とあなたとの関係性がまだまだ薄いからです。初対面の人にいきなり大金を貸したくないのはカードローン側も同じです。

そのため、まずは10万円から20万円くらいの低い限度額でお金を借りて、そのお金で他社カードローンをまずは1社完済して行きましょう。

 

まずは1社でも完済⇒解約をする

少額の限度額でもおまとめローンに通ったあとは、借りたお金で一括完済できる借り先を探します。

自転車操業的に返済と借入を繰り返すのではなく、まずは1社目の完済を狙います。

この時、おまとめローンで借りたお金や他社カードローンの枠を使ってでも、まずは1社目を完済⇒解約をします。

大切なことは一括完済だけで終わらせるのではなく、ちゃんと解約をすることです。

 

カードローンの場合、完済がした後もあなたから電話で解約の申し入れをしない限り、いつまでも契約関係が続いてしまいます。(これを「包括契約」と言います)

契約関係が続いた状態だと、おまとめ先の限度額も広がらないので、必ず完済後は解約をするようにして下さい。

 

あとは「完済⇒解約⇒限度額アップ⇒完済」のループを繰り返していくだけで、手間と時間は掛かりますが、少しづつあなたの借り先が一本にまとまっていきます。

借り先が1社にまとまることで、返済金利が安くなり、毎月の合計返済額も安くなるので、より計画的にローンの返済ができるようになります。

 

おまとめローン審査は時間をかけてでもやるべき!

恐らくおまとめローンを考えているあなたであれば、年齢的にも結婚や出産、マイホームの購入を考えている時期だと思います。

実は住宅ローンの審査ではカードローンやクレジットカードのリボ払いなどの履歴はとても重要な指標としてチェックされています。

この借入の履歴は少なくとも完済してから5年は記録に残ってしまいます。

但し、完済をしていれば住宅ローンの審査には大きな影響はあまりありません。

 

つまり、一日も早くあなたが借りているカードローンを完済して行くことが、マイホーム購入やブライダルローンを組むための第一歩になるんです。

ローンの返済は決して楽なものではありませんが、借入金額が少しづつ減っていくと、ほんの少しですが「楽しさ」も感じるようになります。

あなたの家族やあなた自身の将来のためにも、おまとめローンを上手に活用して、カードローンやキャッシングの完済を目指して下さいね!

きっとあなたなら絶対にできますよ!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る