地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みずほ銀行カードローンの審査基準!あなたはどれだけ当てはまる?

みずほ銀行カードローンの審査基準!あなたはどれだけ当てはまる?

みずほ銀行カードローンの審査基準は全部で7つ!

みずほ銀行カードローンは数ある銀行カードローンの中でも人気商品の一つですよね。

そんなみずほ銀行カードローンの審査基準は大きく分けて7つに分けることができます。

みずほ銀行カードローンの主な審査基準

1.年収
2.年齢
3.勤務先
4.勤続年数
5.現在の借金
6.借金の返済履歴
7.希望の借入額

これら7つの審査基準をどれだけ良い条件でクリアしているかで、あなたがキャッシングできるかどうかが決定します。

逆に言えば、あなたがどんな職業に就いていたとしても、条件さえ満たしていれば審査に通ることができます。

もし審査に不安を感じているなら今から紹介する7つの項目をチェックして行き、5項目以上条件をクリアしていれば審査に通る見込みがあると思っていて下さい。

みずほ銀行カードローンならきっとあなたの心強い味方になってくれますよ!

 

あなたはいくつ当てはまる?みずほ銀行カードローン7つの審査条件!

1.年収

年収は高ければ高いほど良いのは当たり前。

ただ、具体的な目安としては200万円以上あると審査での評価もプラスになりやすいです。

ちなみに年収の計算方法は「手取り年収」ではなく「額面の年収」で計算するようにして下さい。

社会保険料や所得税などが天引きされる前のお給料があなたの年収計算のベースです。

手取り年収で計算すると勿体ないので、必ず額面の年収を申告するようにして下さいね!

 

2.年齢

みずほ銀行カードローンの規約として、

年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方」

と決まっています。

審査条件として年齢がはっきりと決まっているので、条件に合わない場合はあきらめましょう。

 

3.勤務先

職業や勤務先は、

公務員 > 一部上場企業 > 中小企業 > 派遣社員 > パート・アルバイト

この順番で審査評価がプラス評価になりやすい傾向にあります。

もちろん「安定した収入がある」ことが最大の条件なので、あなたがパートやアルバイト収入だからと言って審査に落ちる心配はありません。

ただ、正社員雇用されている人の方が審査条件としては有利になりやすいのは間違いありません。

また学生の方ですでに内定をもらっている場合は、その事も審査申込時に伝えておくと、考慮に入れてくれる可能性もあります。

漏れなく入力しておきましょう。

※ちなみに、あなたが自営業や個人事業主の場合は、モビットやプロミスなどの消費者金融系カードローンをおすすめします。

 

4.勤続年数

勤続年数は理想は3年以上が望ましいです。

目安としては

3年以上 > 1年以上 > 半年未満

この順番で審査が有利になっていきます。

すでに転職や結婚で今の勤務先が退職などが決まっている場合は、退職する前に審査を申し込むことをおすすめします。

基本的にカードローン審査は「現在の状況」で融資を判断するので、勤務先が変わる前に審査を申し込んだ方が有利になりやすいからです。

ちなみに、転職直後の場合でも審査に通らなくなる訳ではなく、職場での在籍確認が取れればそれでOKとなります。

 

5.現在の借金

みずほ銀行カードローンの場合でも、現在の借金という項目はとても大切です。

現在の借金と言うのは、

・他社カードローン
・クレジットカードのキャッシング枠
・クレジットカードのリボ分割の残高
・信販ローンの残高
・携帯の分割残高

これらの金額の合計金額が現在の借金となります。

ちなみにマンションや家の住宅ローンは借金としては申告する必要はありません。

 

6.借金の返済履歴

さっきの項目で紹介した5つの借金の返済履歴もとても大切です。

毎月のこれらの支払いや返済で、目立った滞納や未納があると審査落ちの原因になってしまいます。

目安として、過去2年間で長期間の滞納や未納が無い状態だと、審査に通る可能性はかなり高いと言えます。

最低でも過去半年間は返済や滞納がないキレイな状態が続いていると、審査での印象もかなり良いと言えます。

 

7.希望の借入額

希望の借入額も審査では重要な項目です。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの場合、あなたの年収の50%までが最大の限度額として計算されます。

ただ、初めから年収の50%で限度額を計算されることはありません。あくまで長期的に利用実績を積み重ねることで限度額が増えて行くイメージです。

そのため、申請する限度額は低めに抑えた方が審査も通りやすくなります。

目安としては初回の限度額は10万円~20万円くらいにしておき、審査に通ってから増額審査を申し込む方法がおすすめです。

 

審査にさらに通りやすくするためのコツとは?

今紹介した7つの審査項目をクリアしていけば、あなたも審査に通る可能性はとても高いと言えます。

ただ、それでも審査が不安だというあなたのために、みずほ銀行カードローンの審査に通るためのとっておきの方法を紹介します。

その方法と言うのが、収入証明書と社会保険証の提出なんです。

みずほ銀行カードローンの場合、最大200万円までなら収入証明書の提出が不要になっています。

ただ、できることなら収入証明書を提出した方が、審査の時の評価もプラスに繋がりやすく有利になりやすいです。

手元に給与明細を用意することができなくても、市役所や区役所に行けば「所得証明書」を発行してもらえるので、それを収入証明書として提出しましょう。

また、社会保険証を提出することで、あなたの勤務先の証明にも繋がるので、これも大きなプラス材料になります。

「収入証明書」と「社会保険証」これら2つの書類を提出することで、あなたが審査に通る可能性もさらにアップするので、ぜひ用意して下さいね。

 

みずほ銀行カードローンならおまとめローンにも使えて便利!

今回はみずほ銀行カードローンの審査に通るためのポイントを解説しました。

1.年収
⇒目安は200万円以上

2.年齢
⇒満20歳以上満66歳未満まで

3.勤務先
⇒パート・アルバイトの人でも大丈夫

4.勤続年数
⇒目安は半年以上働いていること

5.現在の借金
⇒正直に申告すること

6.借金の返済履歴
⇒過去半年間は滞納や延滞がない状態に

7.希望の借入額
⇒目安は10万円~20万円くらいがベスト

さらに!
収入証明書と社会保険証を提出すれば、さらに審査に通る可能性もアップ!

これらの条件をクリアしていれば、あなたがみずほ銀行カードローンから融資許可がおりる見込みはかなり高いと言えます。

みずほ銀行カードローンなら限度額が最大1,000万円もあるので、非常にゆとりのあるキャッシングが可能です。

しかも、限度額が1,000万円もあるカードローンは非常に少ないので、おまとめローンや一本化目的で利用する人が多く人気です。

おまとめローンでローンを一本化する場合、みずほ銀行カードローンを利用すれば金利も低金利で利用することができるので、毎月の返済も安心。

審査も最短即日審査で申し込めるので、もしあなたが今紹介した条件をクリアしているのなら、自信をもって審査を申し込んでみて下さいね!

きっとみずほ銀行ならあなたの心強い味方になってくれますよ!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る