地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融でもおまとめローンはできるのか?

消費者金融でもおまとめローンはできるのか?

消費者金融でおまとめする3つの条件

結論から言えば「消費者金融もおまとめローンをすることは可能」です。

ただし、消費者金融でローンを一本にまとめる場合、いくつかの条件や注意点があります。

消費者金融でおまとめするには?

限度額の範囲内である
おまとめ金額が年収の3分の1以下
少額からゆっくりはじめる

>>消費者金融でおすすめローンはこれ!<<
↑詳細は今すぐクリック!

もしあなたが消費者金融を使っておまとめローンを活用したいのであれば、今紹介した3つの条件を満たすことが必要です。

消費者金融のなかでも、三井住友銀行グループのモビットなら、限度額が最大800万円まで借りれるうえ、金利も年率3.0%~18.0%と低金利で借りれるのでとてもおすすめ。

しかもモビットのWEB完結申込を利用すれば、あなたの会社や勤務先に電話をかけることなく審査が最後まで完了するので、安心感が違います。

まずはモビットのすぐに分かる10秒簡易審査を利用して、あなたが今すぐ審査に通るかさっそく調べてみましょう!

>>モビットの10秒簡易審査はこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!

 

消費者金融は「年収の3分の1以下まで」ならおまとめ可能!

消費者金融を使っておまとめローンをするときは「年収の3分の1の金額までおまとめすることが可能」です。

基本的に消費者金融は「総量規制のカードローン」になるので、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

そのため、あまりにも高額なお金は一度に借りることができなくて、少しづつお金を借り換えて行きながら、時間を掛けて1本化を目指していく必要があります。

最近の消費者金融は、大手であれば銀行カードローン並みの低金利で借り換えることができるので、

あなたの年収のバランスをみながら、上手に借り換えていきましょう。

今から消費者金融を使っておまとめしていく方法やポイントについて解説していくので、しっかりとチェックして下さいね!

 

消費者金融でおまとめローンをするときのポイント!

1.限度額の範囲内である

消費者金融でおまとめを目指す場合「カードローンの限度額の範囲内」で借り換えていくことが条件となります。

大手の消費者金融なら特に問題にはなりませんが、中小消費者金融でおまとめをしようとすると、借りれる限度額の低さが原因でおまとめに失敗することがあります。

その点、モビットなら限度額が最大800万円まで借りることができるので、借り換えもほぼ問題なくできるかと思います。

 

2.おまとめ金額が年収の3分の1以下

消費者金融でおまとめローンを目指していくときに、一番注意したいのが「おまとめ金額が年収の3分の1以下」になることです。

と言うのも、消費者金融のほとんどは「総量規制のカードローン」のため、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

そのため、おまとめローンを活用するときは、消費者金融で借りれる最大の限度額よりも、総量規制の範囲内で借りれる金額の方がとても大切。

この時の年収は手取り年収ではなく、額面年収で大丈夫なので、最大であなたがいくらまで借りれるのかを事前に計算しておきましょう。

 

3.少額からゆっくりはじめる

これは消費者金融・銀行カードローンの両方に共通したことですが、おまとめローンを活用するときは「少額からゆっくりとはじめる」ことが大切です。

おまとめローンの場合、いきなり大金を貸してもらえる訳ではなく、はじめに借りれるお金はやっぱり少額。

そのため、まずは最初に借りたお金で完済できそうなカードローンやクレジットカードがあれば、まずはそれを完済することからはじまります。

完済実績が付けば、あなたの与信枠が広がるので、その広がった枠を活用して、また新たに借り入れをして借り換えていくのが基本的な方法になります。

詳しいおまとめローンの活用ステップはこちらの記事を参考にして下さい。

参考記事
おまとめローンを成功させる5つのステップ!

 

やっぱり消費者金融よりも銀行カードローンの方が有利!

今回は消費者金融を使ったおまとめローンの方法について紹介をしました。

改めて紹介した内容をまとめると以下のとおりです。

消費者金融でおまとめするときのポイント!

限度額の範囲内である

⇒モビットなら800万円までできる!

おまとめ金額が年収の3分の1以下

⇒消費者金融は総量規制なので注意!

少額からゆっくりはじめる

⇒一度に大金を借りようとしない

これら3つのポイントを守っておまとめローンを申し込めば、あなたも消費者金融を活用しておまとめローンに成功する可能性は高いです。

ただし、おまとめローンを活用するなら、やっぱり消費者金融よりも銀行カードローンの方が有利です。

最大の理由は、銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンだから。

銀行カードローンなら総量規制対象外なので、あなたの年収に左右されることなく、お金を借りることができます。

もちろん、審査基準は消費者金融よりも厳しめですが、ぜひチャレンジしてみてください。

 

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る