地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜおまとめローンは総量規制に引っ掛からないのか?

おまとめローンが総量規制にならない本当の理由とは?

おまとめローンが総量規制の対象にならない最大の理由は「おまとめローン自体が総量規制の例外となっているから」だと言えます。

なぜ総量規制にならないのか?

一方的に有利な借り換えは例外
銀行カードローンを使うことが多い
総量規制の範囲内で借り換えるから

総量規制について詳細を取り決めてある「貸金業法」によると、おまとめローン(借り換え)を行う場合、

「顧客にとって一方的有利となる借り換えは総量規制の対象外とする」

と記載されてあります。

つまり、あなたが毎月のカードの支払いで苦しいのであれば、限度額の高いカードローンを利用して1本化したり、金利の安いカードローンに借り換えることもできるということなんです。

 

おまとめローンなら今の借金苦をかなり軽減できます

「毎月の借金を少しでも減らしたい」
「今よりももう少し借金を減らしたい」

もしあなたがそんなことで悩んでいるのなら、おまとめローンを活用するよいタイミングかもしれません。

基本的におまとめローンと言うのは「複数あるカードの支払いを1本にまとめること」を目的にして作られています。

また、カードローンは限度額が高くなるほど金利が安くなるので、複数社から少額で借りるより、1社で大きく借りた方が金利が安くなるんです。

 

1社にまとめることで、毎月の返済を大きく減らすことに成功する!

つまり、もしあなたが複数社からの借入があって、毎月のカードの支払いが追いつかないのなら、一度おまとめローンを活用して1社にまとめる大きなチャンス!

きっとあなたが思っている以上に、毎月の返済額が安くなるので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

具体的なおまとめローンの方法はこちらを参照してください。

 

おまとめローンが総量規制にならない3つの理由!

また、おまとめローンが総量規制にならない理由は、貸金業法で記載された内容以外にもいくつか理由があります。

内容が重なる部分もあるかもしれませんが、総量規制のことを正しく理解して、あなたもおまとめローンを成功させましょう。

 

1.一方的に有利な借り換えは例外

さっきと同じ繰り返しになりますが、総量規制の場合「債務者にとって一方的に有利になる借換え」は総量規制の対象外となります。

そのため、原則としては総量規制である消費者金融でも年収の3分の1以上を借り換え目的であれば借りることは可能です。

ただし、多くの消費者金融(特に大手であるほど)おまとめローンを積極的に採用するケースは少ないのが現実です。

そのため、おまとめローンを申し込むには銀行カードローンが最適であるケースが多いです。

 

2.銀行カードローンを使うことが多い

おまとめローンを狙いに行くときは、基本的に銀行カードローンを利用することをおすすめします。

銀行カードローンのメリット!

  • 総量規制対象外で借りれる
  • 限度額が高い
  • 金利が安い
  • 返済の相談ができる

銀行カードローンを利用すれば、これらの恩恵を受取ることができるので、おまとめや一本化ともとても相性がよいと言えます。

そのため、あなたがおまとめローンを考えているなら、消費者金融よりも銀行カードローンをできるかぎり採用するようにしましょう。

 

3.総量規制の範囲内で借り換えるから

仮に銀行カードローンではなく消費者金融で借り換えた場合でも、総量規制の範囲内であれば借り換えることは可能です。

たしかに大手の消費者金融は、総量規制を超えたお金を融資することはまずありません。

しかし、逆に言えば総量規制の範囲内であれば借り換えることは許容しているということなんです。

つまり、あなたの年収の3分の1の範囲内であれば、各消費者金融からのキャッシングを1社にまとめることはできるということ。

もし銀行カードローンの審査に通らない場合は、消費者金融からの借入を1社にまとめるという方法も使えます。

ぜひ試してみて下さい。

(参考)消費者金融でもおまとめローンはできるのか?

 

おまとめローンは計画的な返済の最終手段だからこそ

今回は「なぜおまとめローンが総量規制の対象とならないのか?」その理由について解説をしてきました。

改めて今回話した内容をまとめると以下の通りです。

一方的に有利な借り換えは例外

⇒大手の消費者金融は断られるケースがある

銀行カードローンを使うことが多い

⇒銀行カードローンなら総量規制対象外だから安心!

総量規制の範囲内で借り換えるから

⇒年収の3分の1以内なら消費者金融でもまとめられる!

カードの支払いが大変になってきたタイミングが、おまとめローンを活用する絶好のタイミング。

ですが、おまとめローンを活用するということは、計画的な返済ができる最後の砦とも言えます。

もしおまとめローンをしても毎月の返済が苦しいとなれば、最悪の場合、債務整理を行う必要もでてくるからです。

一度債務整理を行ってしまうと、少なくとも5年間は新規の金融審査を受けられなくなるので、できるかぎり避けるようにしましょう。

またおまとめローンを活用するときに、絶対にやってはいけないこともまとめたので、審査を申し込むまえに合わせて確認してくださいね!

>>おまとめローンの審査で絶対にやってはいけない3つのこと

 

このカテゴリーの記事一覧

関連記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930