Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0
おまとめローンで一本化できる金額はいくら?カード会社の本音を考える | 元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る3つの方法!

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンで一本化できる金額はいくら?カード会社の本音を考える

おまとめローンで一本化できる金額はいくらまでが正解なのか?

結論から言えば、おまとめローンで借りられる金額は「あなたの年収と過去の返済実績で大きく変わる」ということが言えます。

 

法律(貸金業法)上では「顧客に一方的な借り換えは総量規制の対象外とする」とあるので、本来ならあなたの年収に関係なく、いまある借金をすぐに一本化することができるはずです。

 

ただし、おまとめローンも一つの金融商品なので、一定の審査基準を満たさないとローンの一本化はできません

 

そこで今回は「あなたが最終的にいくらまでおまとめ目的で借りれるのか?」について改めて解説してみたいと思います。

 

もしあなたがおまとめローンで本気で借りたいと思うなら、今すぐチェックして下さいね。

おまとめローンでいくらまで借りれるのか?

基本的には年収の3分の1まで
総量規制対象外のカードローンも一つの方法
おまとめ専用のローンを使うのがベスト

 

また今回お話しするのは「すでに年収の3分の1近くのお金をカードで借りている人」を対象にしたお話となります。

そのため、借り先が2件しかなかったり、借入額がまだ年収の3分の1に全く届いていない人は、おまとめローンの審査自体はそこまで難しくありません。

 

ぜひ積極的に申し込まれてみて下さいね。

もしあなたがすでに年収の3分の1近くのお金を借りているのであれば、次に解説する記事をしっかりとチェックして下さい。

 

カードローンの一本化に法律上の上限は特にはない?

 

繰り返しになりますが、基本的におまとめローンを行う場合に限度額に上限はありません

 

これは貸金業法という法律で「顧客に一方的有利になる借り換えは総量規制の対象外とする」と定められているからです。

 

ただし、各カードローンやおまとめローン商品には、「限度額」もありますし「審査」もあります

 

そのため、あなたのこれまでの返済実績や現在の年収などを元にして、おまとめできる金額や融資の可否などが決められていきます。

 

この辺りのおまとめローンの詳しい審査基準については、こちらの記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にされて下さい。

 

あなたがおまとめローンで一本化できる金額は?

 

では、一体「いくらまで」あなたがおまとめ目的で借金を一本化できるのか?それぞれのポイントから解説して行きたいと思います。

1.基本的には年収の3分の1まで

これはどのカードローンでも言えることですが、基本的にあなたの年収の3分の1以上の金額を一本化させることは難しいと言えます。

 

特に消費者金融が発行するカードローンの場合、もともとが総量規制のカードローンなので、まとまった金額を一本化させることはかなり難しいと言えます。

 

一応、消費者金融を活用したおまとめローンの方法などについても別の記事で解説してあるので、参考にして下さい。

 

2.総量規制対象外のカードローンも一つの方法

またおまとめローンの代表格ともいえる銀行カードローンですが、こちらも基本的には年収の3分の1前後の金額までしか借りれないと思っておいが方が良いかと思います。

 

銀行カードローンは消費者金融とは違った審査基準を採用していますが、住宅ローンの返済比率が年収の高い人でも40%前後であることや、銀行カードローンの保証会社が消費者金融になっているケースがほとんどであることが主な理由です。

 

つまり、せっかく総量規制対象外である銀行カードローンを申し込んだとしても、あまりあなたが思っているようなまとまった金額を借りれる可能性はかなり低いということなんです。

 

この話は、あくまですでに年収の3分の1近く借りてしまった人を対象にした話です。

 

また借入件数が1~2件くらいの場合であれば、あなたの与信内容次第で金利の安い銀行カードローンに借り換えることは十分可能です。

 

ぜひ一度相談されてみて下さい。

 

3.おまとめ専用のローンを使うのがベスト

もしあなたがすでに年収の3分の1近くのお金をキャッシングしている状態で、消費者金融や銀行カードローンなどを活用したおまとめ審査に落ちてしまっている場合。

 

こんな時は、各貸金業者に「おまとめ専用のローン」を申し込むのがベストだと言えます。

 

最近はアコムやプロミスなど大手消費者金融でも、おまとめ専用のローン商品を販売するようになりました。

 

そのため、もしあなたがおまとめ目的でキャッシングしたいのであれば、一度公式サイトで問い合わせをされてみて下さい。

 

担当オペレーターからの案内がおまとめローンについての案内があると思いますので、相談してみましょう

 

年収や過去の返済実績次第では年収の3分の1以上借りれるかも

 

今回は「おまとめローンは最終的にいくらまで借りれるのか?」ということを解説しました。

 

基本的には、年収が300万円以上ないと、年収の3分の1以上のまとまった金額を借りるのは難しいです。

 

またおまとめローンは、過去の返済実績や現在の職業なども審査で重要視される傾向にあるので、支払いが遅れがちであったり非正規雇用者の場合は審査に通らない可能性が高いことも注意が必要です。

 

ただし、あなたが正社員になれたり、しっかりした返済実績を積み重ねていれば、年収の3分の1以上の金額でローンの一本化に成功できるケースもあります。

 

最終的には各貸金業者の判断次第にはなりますが、最低限過去の返済実績をきれいな状態にしてから審査を申し込めば、審査に通る見込みも十分にあるかと思いますよ!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る