地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込みをしたあとってどうなるの?

2015.04.14

カードローンの審査、申し込んだあとどういった流れになるのか不安ですよね。カードローンにはウェブ、郵送、店頭など色々な申し込み方法がありますが、申し込んだあとの審査の流れはどれも同じです。

申し込みをされると、最初はまず仮審査や事前審査と呼ばれる簡単な審査にかけられます。これは年齢や収入、他社での借り入れなど基本的な項目をみて機械的に審査して行くもので、自動的に機械が行うことも多々あります。この段階で信用情報という、個人の借入などが登録されている情報を照会するので、基準に満たない場合のほか嘘や偽りの情報で申し込みをすると審査に落ちる可能性が高いです。

そして仮審査が通ったら本審査に進んで、人間の目で細かく審査をされるというわけですね。在籍確認の電話が掛かってきたりするのも、この本審査の段階です。では、本審査は何を審査しているんでしょうか?

もちろん仮審査で確認された項目も、改めて嘘や偽りが無いか細かく審査されます。あとは限度額の設定ですね。審査の基準は会社ごとに異なるので一概には言えませんが、それぞれの会社の基準に沿って、貸し出し可否と限度額が決められて行きます。本審査は仮審査と異なり、点数方式で審査されていきます。

ここで貸し出し可能となると、在籍確認の電話が掛かってくるというわけですね。

カードローンの審査の流れ、おわかり頂けたでしょうか?早いところだとこれを30分ほどで行っているというわけです。すごいですね!

このカテゴリーの記事一覧









ページ上部へ戻る