Warning: getimagesize(http://skinparasite.org/wp-content/themes/BlogPress/images/og-image.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/twitter-card.php on line 44

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンの審査では税金や公共料金の滞納で落ちるのか?

おまとめローン審査に税金や公共料金の滞納は影響するのか?

「今年の住民税の支払いが遅れている…」
「ガスや電気代の支払いが遅れているけど、大丈夫かな…」

ガスや電気代などの公共料金や住民税の支払いをコンビニ払いにしていると、ついつい忘れてしまう時ってありますよね。

また、生活費の関係でどうしても住民税や公共料金の支払いが苦しいって時もあるかと思います。

ただ、もし税金や公共料金の滞納があった場合、おまとめローンなどの金融審査にはどう影響をしてしまうのか?あなたも気になりますよね。

実は、結論から言えば、税金や公共料金などの滞納や延滞情報と言うのは、おまとめローン審査にはほぼ影響がないと言えるんです。

返済履歴を見極める3つのポイント!

カードで払っているか?
分割やローンと名前がついているか?
信用情報で確認するのが一番確実!

もしあなたがおまとめローンなどの金融審査を考えているのなら、今紹介した3つのポイントから、信用情報に影響するかどうかを考えると分かりやすいかと思います。

基本的におまとめローンなどの金融審査では、カード払いを選択していれば返済履歴に反映しますし、支払方法に「分割」や「ローン」と名前がついていればほぼ間違いなく信用情報に記録が残っているはずです。

また、どうしても分からない内容に関しては、CICやJICCなどで個人情報の請求開示をすれば、あなたの信用情報がどのように載っているかも分かります。

税金や公共料金などの滞納は、そもそも分割やローンと名前もついていませんし、信用情報機関に加盟もしていないので、カード払いなどを選択していない限り、滞納履歴などはおまとめローン審査には影響はありません。

ただ、もしどうしても不安という場合には、今から解説する内容をチェックしながら、何がどう大丈夫なのか理解を深めて行って下さいね!

 

おまとめローンの返済実績は審査にダイレクトに影響します!

「カードの返済が複数社からある…」
「毎月のお給料日が返済に追われて憂鬱だ…」

こんな状態だと折角のお給料日もすごく憂鬱な気分になってしまいますよね。

あなたもカードの支払いがちゃんと落ちているか、通帳を開くたびにドキドキしたことはありませんか?

もしあなたがそんな毎日を送っているのなら、おまとめローンを検討する絶好のチャンスです。

おまとめローンを活用すれば、複数社からの支払いも一社にまとめられて、毎月の返済額も安くなるのでとてもおすすめ。

ただ、そんなおまとめローンの審査では、年収の高さよりも毎月のカード類の返済実績の方がとても重要視されるんです。

そのため、毎月のカードの引き落としなどが遅れていたり、カードローンの支払期日を忘れていた月が多すぎると、あなたがおまとめローン審査に通る可能性は遠のいてしまいます。

あなたがおまとめローンの審査に少しでも確実に通過するためにも、こちらで解説した「おまとめローンと返済実績の関係」をしっかりとチェックして下さいね!

 

おまとめローン審査の返済実績で重要な3つのポイント!

もしあなたがおまとめローンの審査で税金や公共料金などの返済実績を気にしているのであれば、次の3つのポイントから、本当に大丈夫かどうかをチェックしてみて下さい。

 

1.カードで払っているか?

まず一番のポイントになるのが「支払方法を”カード払い”に選択しているか?」ということです。

最近ではガスや電気など公共料金の支払いをカード払いにしている人も多いですが、カード払いを選択している場合は、当然クレジットカードの支払履歴にデータが反映されてしまいます。

一方で、住民税や所得税などは現金決済を基本としており、信用情報機関にも履歴が残りません。

そもそも税金を徴収する側である国が信用情報機関に加盟していないので、税金などの滞納情報は信用情報には反映されないと言えます。

返済履歴のここがポイント!

  • カード払いの時は要注意!
  • 国は信用情報機関に加盟していない
  • 税金や公共料金は信用情報に残らない

 

2.分割やローンと名前がついているか?

信用情報機関に支払履歴が残るかどうかの判断基準として、何か商品やサービスを購入するときに、「分割」や「ローン」と名前がついた支払方法を選択しているかどうか?という判断です。

例えば「ブライダル”ローン”」や「携帯電話の”分割”払い」などは、ローンや分割と名前がついているので、信用情報に履歴が残っている可能性が高いです。

その他にも、家具や家電の分割払いや合宿免許の分割払いなども、分割と名前がついているので、支払実績が信用情報に残っていると言えます。

返済履歴のここがポイント!

  • 分割やローンと名が付くものは注意!
  • ブライダルローンや携帯の分割払いなど
  • 家具や家電も分割で払えば信用情報に残る

 

3.信用情報で確認するのが一番確実!

もし「分割やローンと名前が付いていないけど、信用情報に名前が載っていないか不安」みたいなことがあれが、直接、信用情報機関に問い合せをして調べてみるのが一番確実です。

参考サイト
CIC…http://www.cic.co.jp/
JICC…https://www.jicc.co.jp/

信用情報機関への問い合わせ方法はとても簡単で、今紹介した公式サイトに移動して、個人情報の請求開示を行えば、インターネット上で即日開示ができます。(クレジットカードで支払った場合)

情報開示料に1000円掛かりますが、すぐにあなたの過去2年分の支払実績が確認できるので、もしおまとめローンや住宅ローン審査を申し込むときに何か不安なことがあれば、事前に確認しておくことをおすすめします。

手続き自体はそんなに難しくないので、おまとめローン審査の前に何か不安なことがある場合には、ぜひやってみて下さいね!

返済履歴のここがポイント!

  • 信用情報機関に情報開示をする
  • クレジットカードなら即日開示が可能
  • 返済履歴に不安があるときは利用して

 

家賃の滞納も、公共料金や税金と同様、おまとめ審査に影響しない!

今回は「公共料金や税金の滞納や延滞情報はおまとめローン審査に影響するのか?」ということで解説を進めて来ました。

また、今回の内容と関連してよくある質問に「家賃の滞納情報などは信用情報に残りますか?」と言うのがあります。

結論から言えば、家賃などの滞納情報も(クレジットカード払いなどをしていない限り)信用情報に滞納履歴が残ることはまずありません。

賃貸契約の場合、保証人を立てることが基本となっているので、もしあなたが家賃を滞納していた場合は、保証人や保証会社に請求をするだけなので、この時にあなたの信用情報がどうこうなる心配は特にないと言えます。

ただし、家賃の滞納が2か月以上続くと、家の鍵を勝手に変えられてしまったり、最悪の場合、強制退去になってしまう可能性があるので、早めに大家さんや管理会社に家賃の支払いについて相談するようにしましょう。

 

国民健康保険や社会保険の滞納にだけは注意すること!

最後に、国の税金と関連して、国民健康保険や社会保険の滞納についてのお話です。

確かに、住民税や所得税などの滞納情報は信用情報には反映はされません。ですが、国民健康保険や社会保険の保険料の滞納は別物です。

これらの健康保険の保険料の滞納も信用情報機関には滞納履歴としては上がってはきません。

ですがその一方で、健康保険を発行する国が、次回更新の際に、健康保険証の発行をしなくなってしまうことがあります。

最新の健康保険の保険証の発行をしてもらえないと、おまとめローン審査のときの必要書類である「保険証」の提出が出来なくなってしまうので、必ず健康保険の保険料だけは欠かさず支払うようにしましょう。

もし健康保険の保険料が支払えない場合は、最寄りの区役所(国民健康保険)や年金事務所(社会保険)に足を運んで、保険料の支払い相談をすることをおすすめします。

最近では保険料の分割での支払いや一時減額の相談なども受け付けているので、ぜひ相談してみて下さいね!

あなたの毎月のカード支払いが少しでも楽になるよう、おまとめローン審査の準備をしっかりと進めていきましょう!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る