地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資金業法で第三者に知られてはならない決まりがある

2015.04.14

誰でも消費者金融からお金を借りるなんて勤務先には知られたくないものです。

勤務先に電話をかけるといっても、「もしもし、私、プロミスの◯◯といいますが…」なんていうかけ方は絶対にしません。

そもそも、「貸金業法」で「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」と定められていますので、社名など名乗りません。

私の会社では、「◯◯といいますが、△△さんいらっしゃいますか?」といった具合に、担当者の個人名を名乗っていました。(大体どこもそうだと思います。)

以前までは、「□□生命保険の◯◯といいますが…」などと架空の会社名を出したり、お客様の希望する名前を名乗ったりしていましたが、現在はそのようなことは一切行なっておりません。(なりすましや偽名を名乗ることは法律で禁止されています。)

ごくたまに、「どちらの◯◯さまでしょうか?」などと聞かれる場合がありますが、その場合は「個人的な知り合いなんですけど…」という具合に返していました。

もちろん、必ずしも本人が電話口に出る必要はなく、「今外出中です」「作業中で出られません」などの返答でもOK。勤務先に勤めていることが確認できれば問題ありません。

その場合は、「じゃあ携帯電話にまたかけてみます」と返します。電話に出た方に、「折り返しの連絡をさせます」などと言われた場合は、「今、出先ですので結構です」と返して電話を終了させます。

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る