地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローン審査に落ちる5つの原因を分析してみた!

おまとめローンの審査に落ちる主な原因は5つあります!

「おまとめローンの審査に落ちてしまった…」
「何を頑張っても審査に通らない…」

もしあなたがこんな状態になっているなら、まずは落ち着いてこの記事を読み進めて行って下さい。

基本的におまとめローン審査と言うのは、あなたの過去の返済実績や年収に基づいて融資が可能かどうかを判断しています。

そのため、審査に落ちる時と言うのは、あなたの与信内容のどこかに必ず問題があるはずです。

そこで今回はおまとめローンの審査に落ちる原因を5つに分類して、具体的な審査対策について解説して行きたいと思います。

おまとめローンに落ちる5つの原因

年収が不足している
職業が不安定
すでに借り過ぎている
返済履歴に問題がある
信用情報に問題がある

もしあなたが今紹介した5つのうち、どこか心当たりがあれば、まずはその項目についてしっかりと自分自身で問題がないかを再度検討されてみて下さい。

また、おまとめローンや借り換え審査では、短期間の間に何社も審査を申し込んでしまうと、一時的に審査に通りにくい状態(いわゆる「申込ブラック」)になってしまいます。

もし短期間で審査を申し込み過ぎてしまったとあなたが感じた場合は、まずは最低でも1か月は新規の審査はやめて、ほとぼりが冷めてから再度チャレンジしてみて下さいね!

 

審査に落ちたくないからとおまとめローンで嘘を付くのはNG!

おまとめローンの審査に落ちる原因を解説して行く前に、初めにあなたに伝えておきたいことがあります。

それが「おまとめローンにおいて審査での嘘は絶対にNG!」ということ!

確かにおまとめローンの審査に落ちてしまうと、あなた自身の状態を少しでも良く見せようとして、年収を高く申告してみたり、現在の借金状態をゼロと申告してみたりしたくなる気持ちは分かります。

ですが、おまとめローン側も決してバカではありませんので、あなたが審査で嘘をついていないかを、加盟している信用情報機関に問い合せを行ってチェックをしているんです。

つまり、仮にあなたがおまとめローンの審査で何か嘘をついていたとしても、審査側はほぼ間違いなくあなたが嘘をついていることを見抜いているということ!

だからこそ、審査で印象を悪くするような嘘はさけて、必ず正直な申告をするようにして下さいね!

 

おまとめローン審査に落ちる5つの原因と対策方法!

次に、あなたがおまとめローン審査に落ちてしまった原因を5つの項目に分けて分析して行きたいと思います。

ちなみに、今から解説することはおまとめローンに限らず、すべての金融審査に共通して言えることなので、もしあなたが今後住宅ローンなどを検討するのであれば、これからお話する内容をぜひ思い出して下さい。

ローン関係の審査と言うのは、必要条件さえ満たせば必ず通るので、あなたも最後まで諦めず、しっかりと審査対策をして下さいね!

 

1.年収が不足している

まずおまとめローン審査に落ちる場合は、圧倒的な年収不足が原因であることがほとんどです。

確かにおまとめ目的での借入は総量規制の対象外にはなりますが、初回の審査でいきなりおまとめ額に相当するお金をキャッシングさせてくれるのは、有担保型のローンでない限りほぼありません。

また銀行カードローンは総量規制対象外ではありますが、最近は各銀行で自粛ムードが流れているため、よほど年収が高い状態で審査を申し込まないと、こちらも年収不足として融資を断られてしまう可能性が高いです。

もしあなたが複数社からの借り入れがある場合は、まず借金の合計額が年収の3分の1を超えているかどうかをチェックして下さい。

年収の3分の1以下なのであれば、金利が低いカードローンに増額審査で枠を広げてもらい、広がった枠で他のカードローンの返済と限度額の減額手続きを行います。

これを繰り返して行くことで、時間は掛かりますが借金の1本化は進むので、ぜひ試してみて下さい。(詳しくは「おまとめローンを成功させる5つのステップ」参照)

年収不足の対策方法!

  • 年収アップにまずは励む
  • 増額審査を使って一本化を目指す
  • どれか1本だけまずは集中的に返済する

 

2.職業が不安定

次に、あなたの職業が不安定という理由で審査に落ちる可能性もあります。

基本的におまとめローンでは、あなたの年収や職業から十分に返済能力があると判断した場合に限り、一度にまとまった金額を融資してくれるサービスになっています。

そのため、あなたの職業が学生やフリーターなどの場合は、おまとめローンの審査で一度に全額を借り換えられる可能性はほぼ無いと言えます。

この場合は、さっきと同様、あなたがすでに借りているカードローンから1枚だけ増額審査を行い、広がった枠を使って他社の返済と減額手続きを繰り返して下さい。

ちなみに、もし増額審査にも通らない状態ほど借入金額が膨れ上がっている場合には「当月分の支払いを金利だけにし、一社に集中的に返済する」という方法もあります。(詳しくは後述します)

職業が不安定な時の対策

  • まずは正社員採用を目指す
  • 増額審査で他社の返済と減額をする
  • どこか1社に絞って集中的に返済する

 

3.すでに借り過ぎている

もしあなたが年収の3分の1以上の借金をしてしまっていて、すでに増額審査も新規のカードローン審査も通らない状態になっている場合。

この場合は「どこか1社だけをまずは集中的に返済する方法」がとても効率的です。

実はカードローンの多くは、毎月の支払いを「当月の金利分だけの支払い」などの措置を取ってくれるケースが多いんです。

これを上手く活用すれば、余ったお金をどこか1社に集中的に返済に回して行くことができます。

借金の合計金額が年収の3分の1以下になれば、後は手順は一緒で、増額審査で1社だけ枠を広げて、他社の返済と減額手続きを行います。

年収不足の対策方法!

  • まずは一社に絞って集中的に返済する
  • 残りは金利分だけの支払いで猶予を貰う
  • 借金が減ったら必ず減額手続きを!

 

4.返済履歴に問題がある

おまとめローンの審査で意外と厄介なのが、この「返済履歴に問題がある」場合です。

おまとめローンの審査でも、銀行カードローンや消費者金融の審査と同様、他社の返済実績や分割払いの支払い実績などをチェックしています。

特に携帯電話の分割代金なども借金として計算されているので、注意してください。

この時、他社カードローンの支払い遅れなどが目立っていると審査に落ちてしまうので、少なくとも直近の半年間は返済に遅れなどが無いようにして下さい。

もしおまとめローンの審査に落ち続ける場合には、まずはこの他社カードローンやクレジットカード、携帯電話の滞納に問題ないかを疑ってみて下さい。

返済履歴に問題があるときの対処法!

  • 滞納や延滞が多いと審査に落ちてしまう
  • 携帯電話の分割代金も借金!
  • 少なくとも直近の半年間はキレイにする

 

5.信用情報に問題がある

事例としては少ないですが、もしあなたが過去10年間の間に、3か月以上にわたる滞納を続けていたり、カードローンなどで督促状が何度も届いた経歴を持っているなら、信用情報そのものに問題があると疑った方が良いかもしれません。

実はカードローンなどから督促状が届いてしまった場合、どこか別の債権回収会社に債権が異動している可能性が高いんです。

この債権の異動情報があると事故情報(いわゆるブラックリスト)に判断されてしまい、今後の信用情報にとても大きなキズを負うことになってしまいます。

事故情報は、完済してから5年間は保管されることになるので、もし心当たりがある場合は、まずはCICなどの信用情報機関に問合せして情報開示を行ってみて下さい。

万が一、事故情報などがある場合は、新規の金融審査に通過するのはほぼ絶望的なので、一社に集中的に返済をして地道に完済を目指していく方法が中心となります。

また、一部の消費者金融(アロー、中央リテールなど)であれば、事故情報がある場合でも審査の相談ができるで、ダメ元で審査を申し込む価値はあるかと思います。

信用情報に問題がある時の対策!

  • まずは信用情報の情報開示で確認!
  • 異動情報や代位弁済などがないかチェック!
  • もしもある場合は、時間が立つを待つ

 

それでもおまとめローン審査に落ちるときは金利だけ払う方法も

もしあなたが、今回紹介して行った対策でもおまとめローン審査に通らない場合は、各カードローンを各個撃破で返済して行く方法が有効です。

カードローンを各個撃破で返済する手順!

残債の少ないカードローンを選ぶ
残りのカードローンは全て金利分の返済にする
あまったお金を1番の返済に全額投入する

この方法なら、あなたが思っているよりもムリなく完済までの道のりが見えてくるかと思います。

この方法は信用情報にキズがついていたり、増額審査にも失敗した場合に特に有効です。

詳しくは「カードローンや消費者金融の完済を1日でも早める方法(準備中)」を参考にして下さい。

 

まずは少額による借換えとおまとめを繰り返すのが最短ルート!

今回はおまとめローンの審査に落ちたときの原因や対策方法について解説をしてきました。

おまとめローンの審査に落ちたときの原因や対策は大体決まっているので、似たような対策方法の繰り返しになった部分も多いですが、少しでも参考になる部分がありましたら幸いです。

ちなみに、おまとめローン審査で一度にまとめきれる程のお金が借りれなかった場合は、少額による借換えとおまとめを繰り返していくのが一番効果的です。

こちらで解説している方法を利用すれば、時間は掛かるかもしれませんがあなたもおまとめ化に成功するので、ぜひやってみて下さい。

借金で終わらない問題は絶対にないので、あなたも諦めず完済まで一緒に頑張っていきましょう!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930