地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

返済出来ない時の対処方法

2015.05.16

カードローンやキャッシングには毎月支払い日があります。支払い期日までに、決められた金額を返済しなければいけません。

返済が間に合わなかった場合は「遅延損害金」が発生します。これは、年20%となります。

利息とはまた別になりますので、遅れれば遅れるほど余計な支払いが増える事になります。1日2日ならさほど気になりませんが、2ヶ月3ヶ月ともなると遅延損害金だけでも負担になってきます。

支払いが遅れるとブラックリストには載るでしょうが、信用情報には傷が付きません。ただ、3ヶ月以上の長期滞納になってくると信用情報機関に登録されることになります。

そうなると住宅や自動車を購入時のローンが組めない、クレジットカードが作れないなど様々な問題が出てきます。支払い日をいつも忘れてしまう方は、大手の消費者金融では支払い期日をメールでお知らせしてくれるサービスなどもありますので利用してみるのも一つの手です。

もし、返済期日までに支払いができなかった場合、オペレーターから申し込み書に記した連絡先に電話があります。「少し遅れたけどまぁいいや」と思わず必ず前もって連絡を入れましょう。

事前にコールセンターに連絡して、いつまでに返済が出来るかを伝えておけば連絡がくることはありません。

このカテゴリーの記事一覧









ページ上部へ戻る