地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンの審査では保証人や担保は必要なの?

おまとめローンの審査では保証人や担保は必要なの?

おまとめローン審査によっては保証人なし担保なしでOK!

「おまとめローンに保証人って必要?」
「担保がないとおまとめローンって組めないの?」

もしかしたらあなたはおまとめローンの審査でこんな不安や疑問を抱えたことはありませんか?

たしかに複数社からの借り入れを一本にまとめるおまとめローンでは、特別なローンな気がして保証人や担保の必要があるような気がしますよね。

ですが、おまとめローンの審査では基本的に保証人や担保を提供する必要はありません。

もちろん、あなたが申し込むおまとめローンの内容や、審査条件によっては保証人や担保を求められるケースはありますが、例としてはかなり稀だと言えます。

今回は「おまとめローン審査における保証人と担保提供の話」について順番に解説して行きたいと思います。

 

保証人や担保ありのおまとめローンの方が審査に通りやすい?

まず、おまとめローンを考えるときによくある「保証人」や「担保」の話ですが、実は保証人や担保を提供した方が金融関連の審査には通りやすいと言うのがあります。

保証人や担保を提供すると?

審査に通りやすい
書類手続きが面倒
万が一の時に差し押さえられる
秘密がバレてしまう。

1.審査に通りやすい

まずメリットとして考えられるのは、保証人や担保を提供すると「審査に通りやすくなる」と言うのはあります。

実際、不動産担保ローンなどを例に挙げると、一定の収入力があり持ち家などの不動産を担保に提供することができるのであれば、ある程度まとまった金額までお金を借りることができます。

そのため、もしあなたが本当におまとめローンの審査にどこにも通らず、何をやっても八方ふさがりな場合は不動産担保ローンなどを活用すると良いかもしれません。

また「中央リテール」などは、おまとめローンを専門にする総量規制対象外の消費者金融となっていますが、あなたの審査内容によっては保証人を付けることを求められるケースがあります。

つまり、保証人や担保提供を求められると言うことは、逆に言えば、保証人や担保さえ提供すればおまとめローンに成功するということ。

あまりにも複数社からの借り入れが多く、文字通り「借金で首が回らない」と言う時にはぜひ考えてみて下さい。

 

2.書類手続きが面倒

ここからは保証人や担保を提供を条件にしたおまとめローンのデメリットの解説になります。

まず何と言っても「書類などの手続きが面倒」と言うのが、保証人や担保を提供するローン商品のデメリットだと言えます。

あなたも住宅ローンなどの手続きを行ったとき、営業の人から色々な資料を持って来てと言われた経験がありませんか?

不動産担保や保証人が必要なタイプのローンでは、通常のカードローン審査と比較しても、手続きが複雑になってしまいがちです。

 

3.万が一の時に差し押さえられる

また、仮に保証人や不動産担保を提供しておまとめローンの審査に通過したとしても、万が一あなたが返済できなかったときにトラブルに発展してしまいやすくなります。

これは住宅ローンで借り過ぎてしまった時に本当に起きている話ですが、住宅ローンの返済が2か月以上滞納してしまったことを理由に、裁判所から強制執行の礼状が届き、強制的に競売に掛けられてしまった話と言うのは、意外と少なくありません。

これは不動産を担保にしたおまとめローンでも同様で、もしあなたがおまとめ後に返済が滞ってしまう様な事があれば、最悪のケースとしてあなたの持ち家を競売に掛けられてしまうリスクがあります。

 

4.秘密がバレてしまう

あなたの持ち家などを不動産を担保には入れず、保証人を立てるとしたらどうなるのか?

この場合は当然、あなたが多重債務の一歩手前に陥っていることが、保証人に分かってしまうことになります。

恐らくあなたもできる事なら誰にも知られずに借金問題を解決したいと思いますよね?

それであれば、やはり保証人を立てずに解決できる、保証人なしのおまとめローンを探した方が現実的だと言えます。

 

担保や保証人なしでおまとめローンはできます!

結論から言えば、担保や保証人なしでおまとめローンを組むことはいくらでも可能です。

もちろん、あなたの債務状況や審査内容によっては、やっぱり保証人や担保提供が必要な場合もありますが、うまく借金を減らしていけばおまとめローンを成功させることは十分可能です。

基本的な戦略としては、上の記事でも解説している通り、少額でお金を借りてきて、他社カードローンの返済⇒減額⇒完済を繰り返していくことになります。

理想はもちろん一度に大きな金額を借り換えることですが、実際にはなかなかそうは上手くいかないケースが多いので、慌てずじっくりと小さい金額からスタートさせていきましょう。

 

保証人なし担保なしのおまとめローンのメリットはあるのか?

さっきの様な方法でおまとめローンをするくらいなら、不動産や保証人を立てて一度にまとめた方がいいのでは?」

もしかしたらあなたはそんなことを感じるかもしれませんね。

確かに、不動産担保や保証人を立てた方が、一度に借りれる金額は大きくなるのでおまとめローンは成功しやすいです。

ですが、不動産担保や保証人を立てたおまとめローンでは、さっき紹介した様なデメリットがあることも忘れないで下さい。

では一体、保証人や担保なしでおまとめローンを申し込むメリットはどういったものがあるのか?

もう少しだけ深く解説して行きたいと思います。

保証人なし担保なしのメリットとは?

万が一の時も安心
秘密を守れる
書類準備の手間が少ない

1.万が一の時も安心

まず、保証人なし・担保なしでおまとめローンをする最大のメリットは「万が一の時も安心」ということです。

確かに保証人や担保なしでおまとめローン審査を申し込んでも、借りれる限度額は少額かもしれません。

ですが、保証人や担保を一度でも提供してしまうと、本当に返済ができなかった時に大きなトラブルに巻き込まれてしまいます。

その点、保証人なし担保なしでおまとめローンを組んでおけば、仮に返済ができなかったとしても、すぐには何かを差し押さえられたりする心配はありません。

もちろんあなたの信用情報にはキズは付きますが、そこからでも色々と立て直す方法はあるので、やはり万が一返済が出来なくなったときでも安心と言うのは大きいかと思います。

 

2.秘密を守れる

また、持ち家の担保にしたり保証人を擁立する場合には、当然あなたが借金をしていることを告白する必要があります。

恐らくあなたの保証人になってくれそうな人と言うのは、あなたが借金をしていることを一番知られたくない人ではないでしょうか?

また持ち家を担保に入れるとしても、家族に自分の借金のことを告白する必要があります。

もしあなたが「どうしても秘密のまま解決に向かいたい」という気持ちがあるなら、やはり少額でしか借りれなかったとしても保証人なし担保なしの銀行カードローンでおまとめローンをすることを私はおすすめします。

 

3.書類準備の手間が少ない

また、銀行カードローンを使っておまとめするメリットに「書類準備の手間が少ない」と言うのがあります。

あなたもカードローン審査を申し込んだ経験があるなら分かると思いますが、カードローンの審査って驚くほど簡単に進んでいきますよね。

これが不動産担保や保証人を立てたおまとめローンだと話が進みにくいんです。

その点、銀行カードローンを使ったおまとめローンにすれば、WEB上から素早く審査結果を知ることができるので、面倒な書類準備の手間もかかりません。

書類を用意する必要がないからこそ、家族や恋人にも気付かれにくいというメリットがあると言えます。

 

まずは保証人なしのおまとめローンから始めるのがおすすめ!

今回は「おまとめローン審査における保証人と担保提供の話」について解説をしましたが、如何でしたでしょうか?

確かに保証人や担保を提供した方が、まとまった金額を借りやすく、おまとめローン審査にも通りやすいです。

ですが、あなたが隠してきた借金の秘密がバレてしまったり、万が一返済できなくなった時が大変です。

それであれば、まずは保証人なし担保なしで審査を申し込める銀行カードローンを使ってローンの一本化を目指してみては如何でしょうか?

仮に銀行カードローンの審査に通らなかったとしても、その次の方法として、不動産担保や保証人を立てておまとめローンを考えれば良いだけの話です。

深刻に悩み過ぎるのではなく、慎重にフットワークを軽くして借金問題を解決して行きましょうね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る