Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/s-card/skinparasite.org/public_html/wp-content/themes/BlogPress/functions.php on line 0
おまとめローン審査に影響する信用情報と情報開示の方法! | 元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る3つの方法!

地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローン審査に影響する信用情報と情報開示の方法!

おまとめローン審査に影響する信用情報と情報開示の方法!

おまとめローン審査で照会される信用情報とは何か?

「信用情報にキズがあると審査に通らない?」
「ブラックリストに登録されると審査に通らない?」

おまとめローン審査の情報収集をしているあなたなら、一度は「信用情報」という言葉を聞いたことがあるはず。

「カードの支払いが遅れると信用情報にキズがつく」なんて言い方をしますが、実際のところ信用情報というものが何なのかあなたは知っていますか?

今回はおまとめローン審査を申し込むにあたって、あなたが気にするべき信用情報のポイントを解説して行きたいと思います。

おまとめローンで使われる信用情報!

CIC
JICC
JBA(KCS)

日本の金融審査を申し込むときは、この3つの信用情報機関が提供する情報を元にして審査を進めて行きます。

消費者金融などはCICとJICCの2つを中心にして審査を進めて行きますが、一部の銀行カードローンやおまとめローンなどは3つの情報全てを参考にする事があります。

また、CIC・JICC・JBAの3つの信用情報機関は、それぞれが保有する情報を共有することがあるのでその点も注意が必要です。

今回は今紹介した3つの信用情報機関を中心に解説をしますが、返済実績など審査に直結する項目を知りたい場合は下の記事を参考にして下さい。

 

そもそも信用情報とは何なのか?

3つの信用情報機関の解説をする前に「そもそも信用情報とは何なのか?」という事について解説をしておきたいと思います。

この信用情報と言うのは、あなたが過去に利用してきた金融商品(カードローンや住宅ローン、クレジットカードなど)の審査履歴や利用履歴などをまとめたものです。

信用情報で分かること

  • 過去半年間の審査の申込み履歴
  • 過去2年間の支払履歴
  • 長期滞納や延滞した履歴

信用情報機関に加盟している金融商品を保有しているときは、主にこれらの情報が完済してから5年間は保管される仕組みになっています。

この辺りは実際に信用情報を取得してみると分かりますが、携帯電話の分割代金や運転免許の合宿費用など、意外な項目も信用情報の履歴に残っています。

少なくとも、分割支払いやカード払いを設定しているものは、ほぼ全て信用情報に登録されているので注意してください。

 

おまとめローン審査で利用される信用情報機関のまとめ!

1.CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

CICとは「Credit Information Center」の略称で、割賦販売法や貸金業法に関連する信用情報機関として設立しました。

このCICは割賦販売法の指定信用情報機関として経済産業大臣により、貸金業法の指定信用情報機関として内閣総理大臣より、それぞれ指定を受けているとても信用のある信用情報機関となっています。

主に消費者金融やクレジットカード会社、分割販売(割賦販売)を行っている企業が加盟している信用情報機関となります。

2.JICC(日本信用情報機構)

CICとならぶ信用情報機関の1つ。こちらも貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣から指定を受けています。

JICCの信用情報の内訳
(画像引用:http://www.jicc.co.jp/company/step/data/index.html

主に消費者金融などが加盟の中心となっていますが、その他の金融機関やリース会社なども加盟しているのが特徴です。

消費者金融系のカードローンでは、このJICCとCICの両方に加盟しているケースが多いです。

また、情報の保有期間などの長さはそれぞれの信用情報機関で微妙に違う事があるので注意が必要です。

3.JBA(KSC)「全国銀行協会」

JBA(KSCとも言う)は「全国銀行協会」の略称で、主に銀行や信用金庫、農協などの金融機関が加盟している信用情報機関です。

こちらでは、住宅ローンやマイカーローンの契約内容や返済状況を中心に確認をしています。

また、一部のクレジットカード(アメックスなど)もJBAに加盟しているので、もし審査に不安があるときはCIC・JICC・JBAの3つの信用情報を取得されることをおすすめします

信用情報機関から信用情報を開示請求する方法!

それで、これらの信用情報機関からあなたの個人情報を開示する方法ですが、とても簡単です。

それぞれの公式ホームページに移動して、必要事項を入力すればいつでも信用情報を開示してくれるように設計されています。

情報開示に必要なものとして、クレジットカードもしくは運転免許証などが必要になっています。

インターネットからの情報開示であれば、携帯電話とクレジットカードを利用すれば即時開示されるのでとても便利です。

インターネットで情報開示をする場合

インターネットで情報開示をする場合は、クレジットカードと携帯電話があればOKです。

各信用情報機関の情報開示ページに進み、必要事項を入力するだけ。

パソコンとスマホどちらでも情報開示ができますが、パソコンの場合は対応ブラウザがIEのみになっていたり、受付時間が8:00~21:45となっているなど細かな注意点があります。

ですが、この後で紹介する郵送手続きよりも簡単に手続きが開示されるのでとてもおすすめです。

郵送で信用情報を開示する場合

郵送で信用情報を開示する場合、信用情報の開示申込書を信用情報機関からダウンロード&印刷し、必要事項を記入して返送する必要があります。

この時、本人確認の書類として以下のものから2点用意する必要があります。

有効な本人確認書類

  • 運転免許証または運転経歴証明書(コピー)
  • マイナンバーカード[個人番号カード](写真付おもて面のみコピー)
  • パスポート(コピー)
  • 各種健康保険証(コピー)
  • 写真付住民基本台帳カード(コピー)
  • 各種年金手帳(コピー)
  • 各種障がい者手帳(コピー)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(コピー)
  • 住民票(本籍地・個人番号の記載がない、作成日より3ヶ月以内の原本)
  • 戸籍謄本または戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
  • 印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)

これらの書類から2点を用意し、最後に郵便局で「定額小為替証書」と呼ばれるものを1000円分を同封し、ポストに投函して手続きは完了です。

郵送してから約10日後くらいに簡易書留で書類が到着します。

信用情報を取得しておまとめローン審査に備えよう!

今回はCIC・JICC・JBAの3つの信用情報機関の解説や、信用情報の取得方法などを解説しました。

もしおまとめローンなどの金額の大きな審査を申し込むときや、審査に自信が無い時などは、あらかじめ信用情報機関で個人情報の開示請求をしておくと、審査に通るかどうかの判断もしやすくなります。

特におまとめローン審査を考える場合は、複数社からの支払いを1本にまとめる訳なので、他社からの返済履歴に延滞や滞納が目立つと審査に通りにくくなってしまいます。

少なくとも他社の返済履歴は直近の半年間はキレイな状態にしてから審査を申し込むのがポイントになります。

上の記事でも解説していますが、税金や公共料金などの滞納情報は信用情報に載らないので、おまとめローン審査を申し込むときはどこの支払いに注意するべきなのかをはっきりさせておくと安心です。

必要条件さえ満たせば、あなたもおまとめローン審査には通るので、最後まで諦めず審査を申し込んで下さいね。

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る