地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンとは何か?知らないと損するおまとめローンのメリット!

おまとめローンとは何か?知らないと損するおまとめローンのメリット!

おまとめローンとは何か?おまとめローンのメリットを解説!

「複数のカードの支払いがキツイ…」
「クレカとカードローンの支払いが重なって大変…」

カードローンやクレジットカードの分割払いが重なってしまうと、毎月のカードの支払いがすごく大変になってきますよね。

せっかくの給料日も、カードの引き落としですぐに金欠状態にあなたもなってはいませんか?

もしあなたが毎月のカードの支払いが大変で、お給料日直後なのに金欠状態が続いているなら、おまとめローンの出番かもしれません。

実は、おまとめローンと言うのは、上手く活用すればあなたのカードの支払い問題を一気に解決に導いてくれるかもしれないんです。

おまとめローンとは?主なメリット!

毎月の返済額を大きく軽減できる
支払期日がシンプルになる
信用情報にキズが付かない!
完済までの道のりが一気に近づく!

おまとめローンとは、複数社からの支払いを一本にまとめること!

なので、もしあなたが複数社からのカードの支払いがきつくて、金欠状態が続いているなら、ぜひ一度おまとめローンの利用を検討されてみて下さい。

今回はおまとめローンの特徴やメリットについて解説して行きますが、もし今すぐおまとめローンの審査を申込みたい時には、こちらの記事を参考にして下さいね!

 

おまとめローンをしなかった場合とした場合を比較!

「そもそも、おまとめローンとは何なの?」
「おまとめローンをしたらどれだけ返済額が軽くなるの?」

もしかしたら、あなたはこんな疑問を持っているかもしれませんね。

おまとめローンは複数社からの支払いを1本にまとめることを言うのですが、果たしておまとめローンをしたらどれだけ借金が軽くなるのか?

今回は、分かりやすくSMBCモビット・プロミス・アコムからそれぞれ、30万円ずつキャッシングをしている場合の返済額と、三井住友銀行カードローンの1社にローンをまとめた場合の返済額をシミュレーション比較してみたいと思います。

おまとめローンをしなかった場合の返済額

借入金額SMBCモビットプロミスアコム
10万円4,000円4,000円3,000円
20万円8,000円8,000円6,000円
30万円11,000円11,000円9,000円
40万円11,000円11,000円12,000円
50万円13,000円13,000円15,000円

例えば、SMBCモビット・プロミス・アコムの3社からそれぞれ30万円を借りている場合、毎月の合計返済額は31000円になります。

これを三井住友銀行カードローンに一社にまとめると、月15000円になるんです。

三井住友銀行カードローンの返済額

限度額最低返済額限度額最低返済額
10万円2,000円110万円16,000円
20万円4,000円120万円17,000円
30万円6,000円130万円18,000円
40万円8,000円140万円19,000円
50万円10,000円150万円20,000円
60万円11,000円160万円21,000円
70万円12,000円170万円22,000円
80万円13,000円180万円23,000円
90万円14,000円190万円24,000円
100万円15,000円200万円25,000円

また、仮にSMBCモビット・プロミス・アコムの3社からそれぞれ50万円(合計150万円)を借りている場合は、合計で毎月4万1000円の返済が必要になります。

ですが、三井住友銀行カードローンにおまとめすれば、月2万1000円の返済で済むようになるんです。

このように、ローンを一本におまとめすれば、毎月の最低返済額も大きく減らすことができるので、生活にも余裕が出せるようになるんです。

おまとめローンをする本当のメリットとは何なのか?

おまとめローンの簡単な返済シミュレーションも完了したところで、おまとめローンを活用する本当のメリットとは何かを解説して行きたいと思います。

1.毎月の返済額を大きく軽減できる

まず、さっきの返済シミュレーションでも解説したとおり、複数社からの支払いを低金利のカードローンにおまとめすれば、毎月の返済額を大きく減らすことができます。

3社から50万円ずつ借りると毎月の返済額が4万1000円になるのに対し三井住友銀行カードローンなどの低金利の銀行カードローンにおまとめすれば毎月の返済額が2万1000円にまで減らすことができるんです。

つまりおまとめローンを活用することで、毎月の最低返済額を大きく減らせるのが、おまとめローンの一番のメリットと言えます。

おまとめローンのメリットとは? その1

  • 複数社からの返済は割高になりやすい
  • 1社にまとめれば最低返済額も安くなる
  • 低金利の銀行カードローンを選ぶのがおすすめ

 

2.支払期日がシンプルになる

またおまとめローンを活用する2つ目のメリットとして、支払期日を覚えておく手間から解放されます。

複数社から借り入れがある状態だと、毎月の返済期日を覚えておくのって意外と大変ですよね?

その点、おまとめローンを活用すれば毎月の支払い日が1つだけになるので、いくつも支払期日を覚えておく必要がありません。

また、支払い方法を口座引落に設定することもできるので、より計画的に返済を実施していくこともできるようになるんです。

おまとめローンのメリットとは? その2

  • 複数の支払期日を覚える必要がない
  • 支払いを口座引落にすることもできる
  • より計画的な返済を続けやすくなる

 

3.信用情報にキズが付かない!

またおまとめローンを活用する隠れたメリットとして「信用情報にキズを付けずに借金問題を解決できる!」と言うのがあります。

複数社からの借入があると、支払期日に遅れがでやすかったり、滞納や延滞状態も発生しやすくなってしまいます。

また、同じ借金問題の解決方法に債務整理がありますが、債務整理を選択してしまうと、5年~10年間はあらゆる金融審査に通らなくなってしまいます。

そのため、もしあなたが将来住宅ローンや教育ローンを組むことを視野に入れているなら、債務整理は絶対に避けて、おまとめローンを選択した方がメリットが大きいと言えます。

おまとめローンのメリットとは? その3

  • 支払いの延滞や滞納が発生しにくい
  • 信用情報にキズが付きにくい
  • 住宅ローンや教育ローンを組める

 

4.完済までの道のりが一気に近づく!

おまとめローンを活用する最後のメリットとしてあるのが「完済までの道のりが一気に近づく」という点が挙げられます。

冒頭で紹介したおまとめローンの返済シミュレーションですが、毎月の最低返済額を大幅に下げることができるので、毎月の返済に余裕が出やすくなります。

そのため、余裕が出たお金を繰り上げ返済に積極的に回していけば、金利が安い分、より早く完済までの道のりが見えてきやすいんです。

もしあなたが今からおまとめローンを活用するのなら、ぜひ金利が安く毎月の最低返済額も安い三井住友銀行カードローンがとてもおすすめですよ。

おまとめローンのメリットとは? その4

  • 毎月の返済に余裕がでやすい
  • 余ったお金を繰り上げ返済しやすくなる
  • 結果、完済までの道のりが一気に近づいてくる

 

おまとめローンとは「完済を目指す」最後の切り札!

おまとめローンには色々なメリットがあります。

「毎月の返済額を大きく軽減できる」
「支払期日がシンプルになる」
「信用情報にキズが付かない!」

確かにこういったメリットは、おまとめローンの特徴として挙げることができますし、私以外のサイトでもよく言われている話だと思います。

ですが、おまとめローンの最大のメリットとは、やはり「完済までの道のりが一気に近づく!」と言うことだと思います。

時々「おまとめローンより債務整理とした方が毎月の返済額が安くなる」と言った主張のサイトがありますが、私はそれはどうかなと思います。

確かに、債務整理を行えば借金は大幅に減るかもしれませんが、それに伴う弁護士費用の支払いがありますし、決して借金が0になる訳ではありません。

しかも、一度でも債務整理をしてしまえば、最低でも10年以上は新規の金融審査(住宅ローンや教育ローンなど)を組むことができなくなってしまいます。

また、債務整理をした場合は官報に名前が載ってしまうので、あなたが借金で首が回らなくなり債務整理を行ったという情報が全国に流れてしまうのも債務整理のデメリットだと言えます。

こうした債務整理のデメリットを伝えず、闇雲におまとめローンは危険だ辞めた方がいいと言うサイトは、正直私はどうかなと思っています。

 

その点、おまとめローンなら借金を1本化できるだけでなく、毎月の返済額も安くなり、支払期日の管理も楽になるので一石三鳥になります。

おまとめローンとは本当に「借金完済」を目指すとても有効な方法なので、今すぐあなたも活用されてみて下さい。

中でも三井住友銀行カードローンなら、とても低金利で最低返済額も安いのでおすすめです。

きっと三井住友銀行カードローンなら、あなたのおまとめローンとして心強い味方となってくれますよ!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る