地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンのデメリットを真剣に考えてみた

おまとめローンのデメリットを真剣に考えてみた

おまとめローンのデメリットには何がある?

「おまとめローンって何が良いの?」
「おまとめローンはどんなデメリットがあるの?」

おまとめローンの利用を真剣に検討しているあなたであれば、一度はこんな疑問や不安を抱えたことがありますよね。

確かに、多くのネット記事ではおまとめローンのメリットばかりを謳い、おまとめローンを使えばあなたの借金問題が一瞬で解決する様な紹介のものが多いです。

ですが、実際のところ、おまとめローンは本当にデメリットがないのか?

結論から言えば、あなたが自分自身をしっかりとコントロールできるなら、おまとめローンは一番リスクが少ない借金解決の方法だと断言できると思います。

ただし、問題なのは「本気で完済しよう」という強い気持ちが無い限り、気軽な気持ちでおまとめローン審査を申し込むと、後々大変なことになりやすいと言う事です。

今回は、私なりにおまとめローンのデメリットとリスクについて解説して行くので、もしあなたが真剣におまとめローンの検討を考えているなら、しっかりと読み進めて行って下さいね!

おまとめローンの主なデメリットとリスク!

もそも審査が厳しい
総支払額が高くなりやすい
追加融資ができなくなる
空いた枠でキャッシングしやすい
債務整理ほど借金が減らない

おまとめローンはあなたが正しく利用すれば借金減額に絶対に効果があります。

ですが、その為には今紹介した5つのデメリットやリスクを正しく理解しておくことがとても大切。

今から順番にこれらのリスクやデメリットについて解説して行くので、あなたがおまとめローンの利用や借金解決を本気で考えているほど、一文一文しっかりと読み進めて行って下さいね。

 

おまとめローンのデメリットと対策方法を解説!

1.そもそも審査が厳しい

まずおまとめローンを考える上で知っておいて欲しい事は「そもそもおまとめローンの審査は厳しい」ということです。

確かにおまとめ目的による借入は総量規制の対象外ではありますが、実際にはなかなか一回の審査であなたの希望額全額をおまとめできるケースは少ないです。

特におまとめローン専用の審査を申し込むと、審査はかなり厳しい傾向にあるので、おすすめは銀行カードローンなどを利用したおまとめ方法です。

カードローンを使ったおまとめローンでは、少額のお金を借りるところからスタートし、あなた自身で少しづつ借金を一本化して行く必要がありますが、着実にローンの一本化と完済が進んでいきます。

※詳しくは「おまとめローンを成功させる5つのステップ!」を参考にして頂けたら幸いです。

おまとめローン審査は、あなたの年収が上がったことを前提に進める審査になるので、申し込むタイミングとしては昇給や昇進が行われたときが理想的だと言えます。

おまとめローンのデメリット対策 その1

  • 基本的に審査は厳しいと知っておく
  • おまとめローン専用の審査は厳しい
  • まずは少額で初め、じっくり一本化を目指すのが基本

 

2.総支払額が高くなりやすい

おまとめローンのデメリットを考える際に、他のサイトでも良く言われているのが「総支払額が高くなりやすい」と言う問題です。

低金利の銀行カードローンの最大の落とし穴としては、毎月の最低返済額が安い分、トータルで払い続ける利息が大きくなってしまい、最終の総支払額はおまとめ前よりも高くなってしまうという主張です。

確かにこれはその通りなのですが、私個人の意見としてはしょーもないと思います。

まず、そもそものおまとめローンの目的は「毎月の返済額を安くするため」であり、「借金の総支払額を安くすることだけ」が目的ではありません。

あなたが今本当に解放されたい借金問題は、毎月の返済で首が回らなくなり始めていることではないでしょうか?

その時に、無理をして完済を目指すより、まずは毎月のカードローンの支払いを少しでも安く抑える方が、精神的にもムリなく完済を目指せるはずです。

また、毎月の最低返済額が安くなると言うことは、余裕が出てきた頃から繰り上げ返済も積極的に行えるということ。

あなたが本当に借金問題を解決したいと思うなら、まずは毎月の最低返済額が安い銀行カードローンを活用して、毎月の支払い状況を安定させることが先決です。

そして、余裕資金が生まれ始めた頃から、繰り上げ返済を行っていけば、金利の安い銀行カードローンの方が完済までのスピードも速くなりやすいです。

おまとめローンのデメリット対策 その2

  • 最低返済額が安いと総支払額は高くなりやすい
  • それでも、まずは毎月の最低返済額を安くする
  • 生活に余裕が生まれてから繰り上げ返済をする

 

3.追加融資ができなくなる

これは中央リテールなどのおまとめローン専用商品を利用した時に起こるデメリットになりますが、おまとめローンの専用商品は「追加融資」をすることができません。

通常のカードローンであれば、限度額の範囲内であれば何度でもキャッシングできるのに対し、おまとめローンは一度借りたあとは返済のみ続けることになります。

そのため、冠婚葬祭など本当にお金が必要なときにキャッシングできなくなってしまうデメリットがあるのは事実です。

対策案としては、低金利の銀行カードローンを代わりに利用するか、おまとめ後は少しでもいいから貯金をする癖をつけて行くことになります。

おまとめローンのデメリット対策 その2

  • おまとめローン専用商品は追加融資ができない
  • 銀行カードローンでおまとめして万が一に備える
  • 月1000円でいいので積み立てる癖をつける

 

4.空いた枠でキャッシングしやすい

一方、銀行カードローンなどを利用したおまとめローンの最大のデメリットは「空いた枠でキャッシングしやすい」ということです。

複数社からの借入がある場合、当然一本化を目指しておまとめローンをしていく訳ですが、この時に空いたカードローンの枠を使ってさらにキャッシングしてしまう人がいます。

当たり前ですが、空いた枠を使ってキャッシングをしてしまえば、今よりも返済が苦しくなってしまうのは当たり前。

だからこそ、おまとめ目的で銀行カードローンの審査に通過した後は、これまで利用していたカードローンは使わない様にハサミを入れるか、さっさ解約してしまうことが大切です。

今後メインで利用するカードローンは1本に絞り、それ以外は全て完済と解約を目指していくのが、おまとめローンや借金返済への第一歩となります。

おまとめローンのデメリット対策 その4

  • 空いた枠でキャッシングは絶対にしない
  • 古いカードは減額や解約をすることが大事
  • まずはおまとめ用のカードローンを1つに絞る

 

5.債務整理ほど借金が減らない

これは債務整理に特化した使用書士系のサイトでよく割れている事ですが「おまとめローンだと借金が減らない」という主張です。

確かに債務整理と比べたらおまとめローンはトータルの借金の減額はそこまで大したことはありません。

ですが、債務整理を選択してしまった場合、あなたのその後の人生でのデメリットがあまりにも大きすぎるので、私はおすすめしません。(詳しくは「おまとめローンと債務整理、どちらが正しいのか」参照)

そもそも債務整理を選択してしまうと、10年間はあらゆる金融審査に通らなくなり、各金融機関でも社内ブラックとして認定されてしまうため、住宅ローンや教育ローンなど、あなたが本当にお金を借りたいときに二度と借りれなくなってしまいます。

また、あなたが債務整理をした履歴が官報(日本国政府の機関紙)に載ってしまい、全国の人にあなたが過去に債務整理をしたこと経歴があることが一生残ってしまいます。

しかも、一度でも官報に名前が載ってしまうと、公務員や弁護士など一定の職業にあなたは一生就くことができません。

こういったデメリットを一切語らず債務整理をおすすめするサイトは、私は悪質だと思います。

その点、おまとめローンを利用すれば、債務整理の選択肢を残しつつ、事故情報や官報にも名前が載らずに人生をやり直すことができます。

考え方は人それぞれなのは分かりますが、おまとめ後の人生の立て直しを本当に目指したいなら、私は債務整理よりおまとめローンの方が価値が大きいと思います。

おまとめローンのデメリット対策 その5

  • 債務整理をすると借金だけは大きく減る
  • ただし、住宅ローンなどは結果的に二度と組めなくなりやすい
  • おまとめローンなら債務整理の可能性も残せる

 

おまとめローンは正しく使えば絶対に効果があります

「おまとめローンなんて借金が減らない」
「おまとめローンにはデメリットが多いんでしょ」

こんなデタラメな記事を書いているサイトは多くありますが、私は「おまとめローンは正しく使えば絶対に効果がある」と断言できると思います。

そもそも、おまとめローンで借金を一本化した後に追加でキャッシングしてしまうのは愚の骨頂で、それをデメリットと言うのも正直どうかなと私は思います。

また、債務整理との比較サイトもありますが、あなたの人生は借金さえ減れば、その後の人生で住宅ローンや子どもの教育ローンが組めなくなってもいいのでしょうか?

また債務整理を行うことで、消防士や警察官など、あなたが将来なりたかった職業に一生就けなくなってもいいのでしょうか?

債務整理をするという事は、あなたのその後の人生の可能性をつぶして、借金を減らしているにすぎません。

もちろん、おまとめローンは借金を大幅に減らすと言うより、毎月の返済額を軽くする目的の方が強いことは事実です。

ですが、あなたが強い心を持って、毎月の返済額が軽くなった分、あとから繰り上げ返済を行っていけば、トータルの返済額は安く済むことは間違いありません。

あなたが正しく活用すれば、おまとめローンにはメリットがとても大きいので、あなた自身の中でもう一度問いかけて答えを探して下さいね。

参考記事
>>おまとめローンと債務整理はどちらが正しいのか?

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る