地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンと債務整理はどちらが正解なのか?

おまとめローンと債務整理はどちらが正解なのか?

おまとめローンと債務整理、本当はどっちがお得なの?

「おまとめローンと債務整理ならどっちがいいの?」

あなたもこんな悩みを抱えてはいませんか?

以前の書いた「おまとめローンのデメリットを真剣に考えてみた」では、おまとめローンを利用するときのデメリットやリスクについて解説しました。

結論から言えば、おまとめローンは「あなた自身が強い心を持ってい利用すれば、借金解決に強力な武器となる」ということをお伝えしました。

では、債務整理とおまとめローンを比較した場合「借金問題の解決方法としてどちらの方が優れているのか?」を考えて行きたいと思います。

初めに断っておくと借金問題の一番良い解決方法と言うのは、その人によって違います。つまり、あなた自身にとって最適な解決方法と言うのは、あなた自身で考えて選択して行くことが重要ということを忘れないで下さい。

今からは、あくまで私なりの主張というか考え方をお伝えしていくので、最後はあなた自身の今後の人生を見据えながら、どちらより良い選択なのかを考えた上で選ぶようにして下さいね!

 

おまとめローンと債務整理の特徴を比較!

 おまとめローン債務整理
手続きの手間比較的ラク時間が掛かる
手続き費用なし弁護士費用発生
毎月の返済額半分くらいに減少4分の1くらいまで減少
借金の減額具合少しだけ減る大幅に減らせる
信用情報履歴が残らない履歴が残ってしまう
個人情報の開示特になし官報に名前が載る

結論から言えば、債務整理と言うのは「あなたの残りの人生を犠牲にして借金を大きく減らす方法」で、おまとめローン「未来の可能性を残しつつ、借金の支払いを軽くする方法」だと私は思います。

どうしてそんなことが言えるのか?

これから各比較項目に沿って、おまとめローンと債務整理の特徴を解説して行くので、あなたが後悔のない人生を送り続けるためにも、しっかりと読み進めて頂けたら幸いです。

 

おまとめローンと債務整理の特徴を比較してみた!

1.手続きの手間はおまとめローンの方が楽!

まず手続きの手間やおまとめが完了するまでの時間を比較すると、おまとめローンの方が手続きに時間も掛からないことは確かです。

債務整理を実行するためには、まず最寄りの債務整理に強い法律事務所を探すところからスタートし、必要書類の作成やカード会社への連絡、場合によっては裁判所での簡易裁判に出頭する必要もあります。

一方、おまとめローンではインターネット上で審査結果が最短即日で表示され、審査に通過した後は借りてきたお金を使って、他社の完済と解約手続きを行うだけで完了します。

一般的に債務整理の手続きが完了するだけで約半年は掛かるので、手続きに掛かる時間や手間だけを比較すると、おまとめローンの方が楽にできます。

おまとめローンと債務整理の比較「手続きの手間」

  • 債務整理は手続きに時間と手間が掛かる
  • おまとめローンは最短即日で審査結果が分かる
  • 手続きの手間はおまとめローンの方がラク!

 

2.債務整理を選択すると弁護士費用などが増える

次に「費用面」での比較をした場合、これもおまとめローンの方が費用も掛からずに着手できる利点があると言えます。

と言うのも、債務整理を選択した場合は、まず法律事務所に足を運び借金相談から始める訳ですが、本格的な債務整理手続きを行うときは報酬を彼らに支払う必要があります。

過払い金請求ができた当時は(2007年以降の借金は過払い金の対象外)帰ってきたお金の一部を支払えば終わりましたが、今はあなたの身銭から弁護士や司法書士に債務整理の成功報酬を払う必要があります。

ちなみに、最近はアディーレなどが成功報酬の分割払いなどに対応しているので、借金の減額具合を加味しても、債務整理の方がトータル費用は安いという判断はできるかもしれません。

ただ、単純に掛かる費用面の比較だけをした場合、おまとめローンの手続きは元手0円でできるので、債務整理よりも費用が掛かりにくことは確かだと言えます。

おまとめローンと債務整理の比較「費用」

  • おまとめローンは費用0円で始められる
  • 債務整理は弁護士や司法書士に報酬を払う必要がある
  • 支払報酬の相場は約10万円~50万円くらい

 

3.毎月の返済額はどちらも効果を実感できる位に減ります

では「返済額の負担感の軽減」はどれだけ実感することができるのか?

恐らく、おまとめローン・債務整理のどちらでも、手続きが完了した後の毎月の負担感は軽くなったと実感できるかと思います。

(色々な条件はありますが、大体の目安として)

おまとめローンの場合であれば、これまで払ってきた毎月の返済額は半分くらいに減ります。

一方、債務整理を選べば、これまで払ってきた毎月の返済額と比べて4分の1くらいに返済額が減るので、生活もかなり楽になります。

また、債務整理の申請を行った時点で、各貸金業者からの督促の連絡がパタリと止まるので、精神的なメリットも大きいと言えます。

おまとめローンと債務整理の比較「毎月の返済額」

  • おまとめローンは半分くらいに減る
  • 債務整理なら4分の1くらいに減る
  • ただし、おまとめローンは利息や金利が発生する

 

4.借金の減額具合は圧倒的に債務整理の方が減ります

では「借金の総支払額」で比較した場合はどうなるのか?

これは圧倒的に債務整理を選んだ方が、借金返済の合計金額は確実に減ります。

と言うのも、おまとめローンは毎月の返済額が安くなるだけで金利は発生するので、途中で繰り上げ返済を活用して行かないと、完済時の総支払額は高くなってしまうからです。

その点、債務整理を活用すれば、債務整理後の金利や利息の発生はゼロになり、借金の減額と元本の支払いだけで済みます。

そのため、法律事務所への成功報酬を合計しても、おまとめローンよりも総支払額が安くなりやすいです。

なので、あなたがおまとめローンをしても、払いきれる借金の金額ではないと判断した場合は、債務整理を検討するタイミングかもしれません。

おまとめローンと債務整理の比較「借金の総支払額」

  • おまとめローンは金利や利息が発生する
  • 債務整理ならその後の利息や金利を払わずに済む
  • 借金を大幅に減らしたいなら債務整理が有利!

 

5.信用情報にキズが付くのが債務整理の最大のデメリット

「毎月の返済額」や「借金の総支払額」の比較を行うと、一見、債務整理の方がメリットが大きく感じるかもしれません。

ですが債務整理にも、おまとめローンと同様、いくつかのデメリットがあります。(参考「おまとめローンのデメリット」)

債務整理のデメリットもいくつかありますが、一番大きなデメリットとして挙げられるのは「信用情報にキズが付き、ブラックリスト認定される」ということです。

もしあなたが一度でも債務整理の手続きを行ってしまうと、完済してから最大10年間は事故情報として処理されてしまい、この期間はあらゆる金融機関の審査に通らなくなってしまいます。

また「10年間経ったらすぐに借りれるか?」と言われたら、実際にはそんな事はなく、社内ブラックに登録されている場合は、その後も審査に通らない状態が続くようになります。

この様に、一度でも債務整理を行ってしまうと、あなたのその後の人生において、住宅ローンや教育ローン、新規のクレジットカード審査には通らない状態になってしまいます。

その点、おまとめローンなら信用情報にキズは一切つかないので、おまとめローンの完済が完了したあとは、いつでも金融機関の審査を申し込むことができます。

おまとめローンと債務整理の比較「信用情報」

  • 債務整理をすると事故情報に登録される
  • 10年以上はあらゆる審査に通らなくなる
  • おまとめローンは信用情報にキズが付かない

 

6.債務整理の内容によっては一生就職できない職業が増える

また債務整理のもう一つのデメリットとして「官報に名前が載り、一生就けない仕事が発生する」と言うのがあります。

これはあまり債務整理関連のサイトでもあまり言われていない話ですが、一度でも債務整理をすると国が発行する機関誌「官報」にあなたの名前が載り、一生「債務整理をした人」という履歴が残ってしまいます。

この官報はインターネットでも検索できてしまうので、ネットに詳しい人が調べたらすぐにわかってしまうものです。

また、債務整理をすると、弁護士や司法書士、公務員や警察官など、一定の地位にある職業には一生就くことができません。

この様に債務整理と言うのは、あなたの将来を代償にする代わりに、目先の借金を減らすだけの手続きである側面がとても強いんです。

その点、おまとめローンを利用しても、官報に名前は載りませんし、何か特定の職業に就くことが出来ないと言ったリスクもなく安心です。

おまとめローンと債務整理の比較「手続きの手間」

  • 債務整理をすると官報に名前が載る
  • また、一生就職できない職業が発生する
  • おまとめローンならそう言ったリスクがない

 

まずはおまとめローンで頑張り、それでもダメなら債務整理がおすすめ

今回はおまとめローンと債務整理を比較して、どちらの方が借金問題の解決方法として有利なのかを考えて来ました。

繰り返しになりますが、あなたに絶対に忘れて欲しくないのは「借金問題の解決方法は一つではない」ということ。

私は、おまとめローンも債務整理も借金問題の解決方法としてはどちらもアリだとは思っています。

ただ、債務整理は「あなたの将来を代償に、目の前の借金を減額する方法」であり、おまとめローンは「あなたの将来を残しつつ、今の借金負担を軽くする方法」と結論付けても問題ないかと思います。

確かにおまとめローンでは毎月の借金の返済額を軽くするだけで、借金の大幅な減額を望むことは難しいです。

ですが、債務整理のように、個人情報が官報に一生残ることも、10年以上あらゆる金融審査に落ち続ける心配も、一生特定の職業に就けなくなる心配もおまとめローンにはありません。

その一方で、目の前の借金があまりにも大きすぎて、おまとめローンでは対応しきれない金額の借金も中にはあるかと思います。そんな時は債務整理の出番だと私も思います。

「あなたの今後の人生を考えた上で、何がベストかを判断する」

この事を忘れずにおまとめローンと債務整理の比較を行っていけば、必ずあなたにとって最適な解決方法が見つかるはずです。

借金問題で解決しない問題は絶対にありませんので、最後まで諦めず、一緒に頑張っていきましょう!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930