地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンは総量規制対象外になるのか?実際に調べてみた!

おまとめローンは総量規制対象外になるのか?実際に調べてみた!

おまとめローンなら総量規制対象外で審査ができます!

「借金を一本化させたい」
「おまとめローンって本当に総量規制対象外なの?」

おまとめローンに興味を持っているあなたなら、こんな疑問を一度は持ったことがありますよね?

貸金業法という金融庁が定めた法律でも「顧客に一方的有利になる貸し付けは、総量規制の対象外とする」とあります。

参考サイト
>>総量規制とは
>>貸金業法の基本
(金融庁より)

つまり、おまとめローンは総量規制対象外で審査を申し込める!ということ。

そこで今回はおまとめローンと総量規制対象外について、詳しく解説して行きたいと思います!

おまとめローンと総量規制のポイント!

借り換えやおまとめは総量規制対象外
おまとめ目的で利用できるカードは限定される
おまとめローン専用商品は注意が必要

今紹介したポイントを押さえておけば、あなたもおまとめローンと総量規制対象外の意味がしっかりと分かるはずです。

また、おまとめローンに最適な銀行カードローンとしては「三井住友銀行カードローン」か「みずほ銀行カードローン」が最適だと思います。

それについては、こちらの記事で詳しく解説してあるので、ぜひチェックして下さいね!

 

おまとめローンと総量規制対象外を詳しく解説!

1.借り換えやおまとめは総量規制対象外

金融庁のHPを詳しく読み進めて行くと「借り換えやおまとめ目的のカードローンの利用は総量規制対象外」であることがわかります。

画像引用元:http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

つまり、顧客に一方的に有利になるカードローンやキャッシングの借り換えは、年収の3分の1以上でもできるということ。

最近では、消費者金融も貸金業法に基づく借り換えローンを取り扱っています。

プロミスのおまとめローン

詳しくはプロミスのおまとめローンを参考にして下さい。

アコムの借換ローン

詳しくはアコムの借換専用ローンを参考にして下さい。

 

2.おまとめ目的で利用できるカードは限定される

最近ではプロミスやアコムなども総量規制対象外のおまとめローンを取り扱っています。

ですが、これら消費者金融系のおまとめローンでは限度額が最大300万円までしかないので、注意が必要です。

そこで、銀行カードローンの出番になります。

ただし、一部の銀行カードローンではおまとめ目的での利用を断っているので、審査を申し込むときに必ず確認しましょう。

おまとめ目的で審査を申し込むなら「三井住友銀行カードローン」と「みずほ銀行カードローン」が、金利も安く限度額も高いのでとてもおすすめです。

 

3.おまとめローン専用商品は注意が必要

また、おまとめ専用のローンを利用するときは「追加での融資ができない」という点に注意してください。

通常のカードローンなら、限度額の範囲内で何度もキャッシングと返済ができますが、おまとめ専用ローンの場合はそれができません。

つまり、さっき紹介したアコムやプロミスのおまとめ専用ローンは、一度借り換えた後は追加での融資はできないということ。

もちろんこれは、一日でも早く完済を目指せるというメリットになります。

ですが、本当にお金に困ってしまったときに、キャッシングできないというデメリットにもなるんです。

だからこそ、私としてはおまとめ専用ローンを利用するより、低金利で限度額が高いおまとめローンを利用して、追加でキャッシングできる余力を持たせる方法をおすすめします。

銀行カードローンでおまとめすれば、借り換えた後も必要なときにキャッシングできるので、本当の緊急時も安心です。

ただし、借り換えた後の枠で追加のキャッシングだけはしないようにして下さいね!

 

おまとめローンなら毎月の返済額も大幅に安くなります!

では、おまとめローンに成功したあとは、毎月の返済額は具体的にどこまで安くなるのか?

具体的にアコム、モビット、プロミスの3社からそれぞれ50万円借りた場合のシミュレーションをしたいと思います。

アコム、モビット、プロミスで50万円借りた場合

 アコムモビットプロミス合計返済額
返済額11,000円13,000円13,000円37,000円

※年率18.0%で計算し、5年以内の完済を目指した場合。

つまり、アコム・モビット・プロミスの3社からそれぞれ50万円の合計150万円借りた状態だと、毎月の返済で37,000円も掛かってしまいます。

 

ところが、もしこれを三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンにまとめると、毎月の最低返済額は下の表のようになります。

銀行カードローン1社に150万円をまとめた場合

三井住友銀行
カードローン
みずほ銀行
カードローン
三菱東京UFJ銀行
カードローン
20,000円30,000円30,000円

つまり、合計で150万円の借入があるなら、三井住友銀行カードローン1社にまとめるだけで、毎月の最低返済額が20,000円に安くなるんです。

しかもおまとめローンを組んだ後も追加融資が可能なので、万が一急な出費が必要になったときの余力も銀行カードローンなら残しておく事ができるんです。

 

おまとめローンなら総量規制対象外で借りれます

今回はおまとめローンと総量規制対象外について解説をしました。

繰り返しになりますが、おまとめローンは総量規制対象外で借りれます!

また最近は消費者金融によるおまとめ専用ローンも登場しているので、銀行カードローンによるおまとめ審査に落ちた時におすすめです。

おまとめローンの審査は厳しいイメージがあるかもしれません。

ですが、必要条件を整えて過去の返済履歴をキレイな状態にしておけば、あなたも必ずおまとめローンの審査に通ります!

特に三井住友銀行カードローンなら、毎月の最低返済額も安いのでおすすめです。

借金で解決しない問題は絶対にないので、あなたも諦めないで下さいね!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る