地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスのおまとめローン審査を利用するときの注意とは?

2017.10.18

プロミスのおまとめローン審査を利用するときの注意とは?

プロミスのおまとめローン審査を申し込む前に注意すること!

前回「プロミスのおまとめローンの特徴」の解説で、プロミスのおまとめローンは総量規制対象外で借りれることをお話しました。

プロミスのおまとめローンは総量規制対象外で借りれるので、年収の3分の1以上のお金もおまとめできます。

ここまでお話ををすると、

「じゃぁプロミスで借りた方が一本化しやすいの?」

なんて、あなたもこんな事を思うかもしれませんね。

確かに、プロミスのおまとめローンは総量規制対象外なので、他のカードローンよりも審査の制限は少ないのは間違いありません。

ですが、プロミスのおまとめローンを活用するときは、注意してほしいことが4つあるです。

プロミスのおまとめローンの注意点!

借り換え対象が限られている!
限度額は最大で300万円まで
銀行カードローンより金利が高い
追加融資ができない

プロミスのおまとめローンの最大の注意点は「銀行カードローンなどの銀行から借りているお金」はおまとめローンが組めないこと!

これは銀行カードローンの方が金利が安いこともあるんですが、プロミスの仕様上どうしてもできない部分なので注意しましょう。

また、限度額が最大で300万円なので、それ以上の金額をおまとめしたい時は銀行カードローンを選んで下さい。

今から紹介する記事を読めば、あなたもプロミスでおまとめローンを組むときの注意点がよく分かりますよ!

 

プロミスでおまとめローンを申し込むときは次の4つに注意!

1.借り換え対象が限られている!

プロミスでおまとめローンを申し込むとき、注意したいのが「銀行からの借入はおまとめできない」という点です。

つまり、銀行カードローンから借りたお金もプロミスのおまとめローンでは一本化できないということ!

これはプロミスの利用規約にも書いてあるので注意してください。

ちなみに、すでにあなたが銀行カードローンを契約しているのなら、今あるカードを使って一本化を目指していく方法があります。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

 

2.限度額は最大で300万円まで

またプロミスのおまとめローンでは最大で300万円までしか一本化できない点に注意して下さい。

多くの銀行カードローンの場合、限度額が500万円や800万円ありますが、プロミスのおまとめローンは300万円が限度です。

そのため(事例としては少ないですが)おまとめ額が300万円以上を考えている場合は、他のカードローンを検討することをおすすめします。

逆におまとめ額が300万円未満なら、主婦や学生も申し込めるおまとめローンとして、とても活躍してくれます。

※主婦や学生の場合、安定した収入が十分あることが条件です。

プロミスのおまとめローンの注意点

  • 限度額は最大で300万円まで
  • 300万円以上の場合は他のカードローンでまとめる
  • 通常のプロミスの限度額とは違うので注意!

 

3.銀行カードローンより金利が高い

もしあなたが銀行カードローンの審査に通る見込みがあるのなら、先に銀行カードローンでおまとめ審査を申し込んでみて下さい。

と言うのも、プロミスと銀行カードローンのおまとめ金利を比較したら、銀行カードローンの方が金利が安いからです。

なので、もしあなたが銀行カードローンの審査条件を満たせるのなら、先に銀行カードローンに審査を申し込むことをおすすめします。

特にみずほ銀行カードローンなら金利優遇などのサービスもあるのでおすすめです。

 

4.追加融資ができない

これはプロミスのデメリットというよりも、おまとめローンのデメリットの話。

実はおまとめローンの専用商品を使うと、一度借りたあとはカードローンのような追加融資ができません。

これはカードローンが包括契約なのに対し、おまとめローンは個別契約だからです。

カードローンなら限度額の範囲内であれば何度でもキャッシングができました。

ですがおまとめローンの場合、一度融資が完了したら、あとは完済が完了するまで支払いを続けるだけ。

追加の融資を受けたい場合はもう一度審査を申し込む必要があるんです。

カードローンとおまとめローンのさらに詳しい話は下の記事がおすすめです。

追加融資が受けられないことは、借金がこれ以上膨らまないというメリットでもあります。

真剣に借金問題を解決したいと思うなら、おまとめローンの方が追加融資ができない分、より真面目に借金を減らしていけると言えますよ。

プロミスのおまとめローンの注意点

  • プロミスのおまとめローンは個別契約
  • だから、契約後は追加融資ができない
  • その分、借金問題と真面目に向き合える

 

チャンスがあるなら銀行カードローンを検討してみて!

今回はプロミスのおまとめローンを利用するときの注意点を中心に解説をしました。

ややネガティブな内容が中心となりましたが、プロミスのおまとめローンには他にはないメリットが沢山あります。

プロミスでおまとめローンを活用するメリット!

主婦や学生も利用できる
総量規制対象外で借りれる
保証人なし担保なしで借りれる

今紹介したメリットと言うのは、実は他のおまとめローンではあまり見かけません。

だからこそ、今回紹介した注意点を踏まえた上で、プロミスのおまとめローンを活用すれば、あなたの借金問題を一気に解決に向かわせることができるんです。

もちろん条件的に銀行カードローンを利用した方が良いケースもあります。

なので、あなたの状況や希望内容を考えた上で、プロミスにするか銀行カードローンでおまとめするか考えてみて下さい。

また、プロミスならおまとめローンの相談も電話で付け付けているので、もし少しでも気になっているのなら、まずは審査を申し込んでみて下さい。

きっとプロミスならあなたの借金問題を解決する心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事










ページ上部へ戻る