地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローン審査で満額借りれない理由とは?

おまとめローン審査で満額借りれない理由とは?

おまとめローンは初回審査でいくらまで借りれる?

「おまとめローンは初回審査でいくらまで借りれるの?」

実はこんな質問や疑問を持っている人は多くいる様です。

(yahoo!知恵袋より)

現在3社から借り入れをしている状態です。

プロミス80万、住信SBIネット銀行50万、楽天スーパーローン20万と合計150万ほど借りております。

本気で返済したいと思い、住信SBIネット銀行のフリーローンで借り換えで審査を行った所、仮審査で上限が30万との連絡でした。

28歳、年収が340万(非正規)で、勤務が4年だとこれぐらいが上限になってしまうのでしょうか?これだと住信で新たに借りても返済の数が増えるだけなので断りを入れて他を探すべきなのでしょうか?

また年収340万で借金150万の場合、150万のおまとめローンを組むことは不可能なのでしょうか?

引用元:yahoo!知恵袋より

実はおまとめローンの初回融資額が思った以上に少なくて驚く人は意外と多いです。

そこで今回はどうしておまとめローン目的で審査をしても、満額借りれないケースがほとんどなのか?こちらの理由について解説したいと思います。

これを読めば、あなたも銀行カードローンを使った正しいおまとめローンの活用方法が分かりますよ!

 

実はおまとめローンのほとんどは銀行カードローンを使っているだけ

まずおまとめローンの基本的な仕組みとして「大半は低金利の銀行カードローンを利用している」という点があります。

本来おまとめローンと言うのは、ローンを一本化を目的にした商品です。

ですが、最近は銀行カードローンの金利が低金利なので、おまとめ”目的”で利用する人が増えました。

その結果、おまとめローンと銀行カードローンの意味がごっちゃになってしまったんです。

 

正規のおまとめローン審査なら満額の融資がおりる

もし正規のおまとめローンに審査を申し込めば、あなたが現在抱えている借金の相当額を一時的に融資してもらうことができます。

代表的なおまとめローンとしては、プロミスやアコムなどが提供する「貸金業法に基づくおまとめローン」という商品です。

これらのローン商品は正規のおまとめローンなので、審査に通れば現在の借金と相当額の融資がおりるはずです。

その代わり、融資の条件として他社の完済が条件となります。

 

銀行カードローンでおまとめすると初回の限度額は安くなる

一方、銀行カードローンを使って一本化を目指しても、通常のカードローン審査と同じ手続きとなってしまいます。

そのため、初回の限度額はどうしても安くなってしまいます。

特におまとめ目的で利用しようとしている時点で、他社借入も多いはずなので、銀行側としても初回の融資額は厳しめに判断しがちです。

そのため、銀行カードローンでおまとめ目的で融資を希望しても、他社からの借入額が多い人ほど初回の融資額は低くなってしまいます。

ですが、初回の融資額が低くても、時間を掛けて一本化を目指す方法があります。

地力でローンの一本化を目指す方法は下記ページで詳しく解説してあるので、ぜひチェックして下さい。

 

おまとめローンをする前と後じゃ利息や返済額は大きく変わる!

今回の質問者の場合は、おまとめローンの限度額が低いことを気にしていましたが、実際におまとめローンに成功するとどうなるのか?

今回は質問の内容にあったカードローンの名前と借入残高を元にして、簡単な返済シミュレーションを行ってみました。

※質問にあった各カードローンの限度額から、各公式サイトの適用金利と返済額を参考にしています。

おまとめローンをしない時の返済シミュレーション

 借金金利(年率)毎月の返済額返済期間総支払額
合計金額150万円34,000円完済まで約10年 2,441,148円
プロミス80万円17.8%21000円 57ヶ月1,200,801円
住信SBIネット銀行50万円14.69%8,000円120ヶ月963,654円
楽天スーパーローン20万円14.5%5,000円55ヶ月276,693円

このシミュレーションは簡易的なものですが、各カードローンの最低返済額を守り続けて返済をすると、完済までに約10年掛かってしまう計算になります。

そこで繰り上げ返済やおまとめローンを活用するとどうなるのか?

今回は金利と返済額のバランスがとれた三井住友銀行カードローンを使っておまとめした時の返済シミュレーションを行ってみました。

 

三井住友銀行カードローンで150万円を借り換えた場合

融資額150万円
金利(年率)10.0%
最低返済額20,000円

三井住友銀行カードローンの場合、融資額が150万円になると金利が年率10.0%にまで下がります。(公式の金利表を参考)

また三井住友銀行の公式サイトによると、借入残高が150万円の時の最低返済額は20,000円になるようです。

つまり、三井住友銀行カードローンに150万円全額のおまとめに成功すれば、毎月の返済額が34,000円から20,000円に減らすことができるということ!

さらに完済時の利息も大きく減らすことができるんです。

 

三井住友銀行カードローンでおまとめした時の利息はいくら?

毎月の返済額返済期間総支払額減った利息
おまとめ前120ヶ月2,441,148円
月2万円119カ月2,381,816円59,332円
月3万円67カ月1,969,997円471,151円
月3万4000円56カ月1,877,666円563,482円
月4万円48カ月1,824,304円616,844円

今回の簡易シミュレーションを元にして考えると、150万円あった借金を三井住友銀行カードローンの一本にまとめれば、毎月2万円づつの返済でも利息が数万円安くなることが分かります。

また、おまとめ前と同じ34000円を毎月支払えば、完済時の利息が約56万円も安くなるんです!

利息だけで56万円も安くなれば、あなたの生活もかなり楽になると思いませんか?

おまとめローンは債務整理と違って、借金の元本までを減らすことはできません。

ですが、低金利な銀行カードローンを使うことで借金の利息を大きく減らすことは十分可能です。

特に三井住友銀行カードローンは毎月の最低返済額が安いので、毎月の返済もムリなく続けやすいのが特徴です。

ぜひ健康してみて下さいね!

 

初回で満額借りれないときはまずは借換と増額を繰り返す!

今回はおまとめローン審査で限度額が思ったように借りれない理由などを中心に解説しました。

基本的に銀行カードローンを利用したおまとめローンは、初回の融資額は控えめになってしまうのは仕様だと思った方が良いです。

また、正式なおまとめローンを申し込むと、担保や保証人を要求されるケースがほとんどなので、あまりおすすめはしません。

確かに銀行カードローンを利用したおまとめローンは初回の限度額が低くなりがちですが、その分担保・保証人なしで借りれるのは銀行カードローンの大きなメリットだと言えます。

また、初回の融資額が思ったほど多くなくても、地道に他社の借換と完済手続きを続けて行けば、増額審査で限度額も増えやすくなります。

特に銀行カードローンは総量規制対象外なので、他社の完済実績が増えて行くほど、増額審査にも応じてくれやすくなります。

銀行カードローンを使ったおまとめ手続きは時間は掛かりますが、一本化に成功すればあなたの毎月の支払いはかなり楽になるはずです。

借金問題で解決できない問題は絶対にありません。

あなたの借金問題が解決できるまで一緒に頑張っていきましょう!

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る