地方銀行勤務だった元銀行員が教えるおまとめローンの審査に通る方法は簡単です。これまでも多くの個人事業主の方にローンに通る為のアドバイスもしてきたので、ぜひ一度ブログをチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おまとめローンは勤務先や職業で審査に影響はあるのか?

金融会社からお金を借りる際に、勤務先によっては審査通過に影響するという話を耳にしたことはありませんか?

ローンを組むということは、会社側が多額のお金を相手に融資するというリスクを背負うことになります。安定した勤務先に勤め、返済を確実にできるのかというのを申請した書類で証明する必要があります。

信用は切り離せない重大なポイント

勤務先の収入が安定していれば審査通過の可能性は高くなります。そして安定した勤務先があなたの信用問題にもつながるのです。

一本にまとめて計画的に返済できるなどといった理由からおまとめローンを組む事もあるかと思います。ここで気になるのが、自分の勤務先は審査に影響してしまうのかということです。

信用というのは金融会社から融資を受ける際の一番の重要なポイントであり、信用が低ければ低いほど融資を受けるのは難しくなります。ここでいう信用とは、収入が安定している勤務先の情報やクレジットカードなどに傷がないかということです。

他社借入を受けているのであれば返済の延滞がないこと返済実績ももちろん大事ではありますが、現在の勤務先での収入面や返済できる環境を証明するのも信用を高める大きな要素であります。

この信用を高めることができるかどうかで今後の融資が変わってくることもあります。確実に自分は返済していくことができるという証明をするためにも勤務先というのはとても大事であるのです。

【勤務先別】審査への影響を徹底比較!

わかりやすいよう勤務先別にまとめてみました。ではさっそく審査に影響するかもしれない勤務先について、申請をする前に勉強しておきましょう。

勤務先①公務員・医師

公務員や医者といえば安定した収入を得られ社会的地位もかなり高い勤務先であるので、融資申請の審査は高確率で通る可能性が高いといえます。

ただし、クレジットカードや他社の借入返済時に滞納や延滞などの傷がないことが需要です。どれだけ安定した勤務先に就いていても傷があっては信用問題にかかわるからです。

当てはまる点があるのであればもしかしたら審査落ちもあるということを視野に入れつつ申請に臨みましょう。

勤務先②サラリーマン

勤務先がサラリーマンという方は、収入面としては安定してますし審査落ちする可能性も低いです。クレジットカード等に傷がないのであれば通過する可能性が高いといえます。

一つ注意をしなくてはならないのが、勤務先への勤め年数です。

新入社員になったばかりや今の勤務先に異動になったばかりである、という方はまだ安定した収入がありません。今後安定してくるにせよ、今の現状が書類で審査されるので、勤務先の異動がすでに決まっているという方は異動前に審査を申し込んでおくと通過しやすくなります。

勤務先③自営業・個人事業主・会社経営

勤務先が自営業であったり個人で会社を立ち上げている人が融資の申請をする際は、実際のところ不利にあたる職業であるといえます。

自営業や個人事業主、会社経営で生計を立てている人はいつ経営が傾いて経営難になるかもわからない、不安定な職業です。必ずお金を返していける力を有しているのかということを書類で判断するので審査はどうしても厳しくなってしまう勤務先であるといえます。

勤務先④パート・アルバイト・派遣社員

勤務先がパートやアルバイト・派遣社員も上記の自営業の部類と同じことが言えます。どうしても不利な力が働いてしまう勤務先です。

正社員と比べて離職率が高い勤務先であるともいえ、また、病気で休んだ際は保障手当もないところが多いので収入が安定しないと判断され、審査通過が厳しくなってしまいます。特におまとめローンというのは他社借入があるということであるので余計に厳しいです。

ですが、審査に通りやすい方法はあります。それは、パート・アルバイト・派遣社員が勤務先であるという方が審査通過しやすいローン会社を選択するということです。銀行系のローンは特に、パートやアルバイトの勤務先に従事の人への審査が厳しいので消費者金融のローンを組むという選択肢も視野に入れておきましょう。

勤務先⑤水商売

水商売もローンを組むには不利な勤務先といえます。収入も不安定である職業でなおかつ離職率も高いので、審査が厳しめである銀行系のカードローンは難しいです。

勤務先が水商売だという方は、アルバイト・パートでも通りやすいカードローン会社を探し、融資を申請するようにしましょう。

勤務先⑥学生・専業主婦

学生に関してはおまとめローンを組むにはコツが必要です。収入を得るとしてもアルバイトやパートの雇用形態である学生の身分ではおまとめローン契約が難しいと考える人もいると思います。

なぜローンを組みたいのか、金融会社が一番知りたい動機の部分では他社からの借入をした金額を完済したい旨を強く伝えることで相手に与える印象を良くすることができ審査通過する可能性が高くなります。

学生の場合は返済が複数回に分かれていると学業に支障がでる場合もあるので、あくまで完済を希望することを先方に伝えることが重要なポイントです。

まとめ

おまとめローンは勤務先によって通りにくい金融会社も存在します。ご自身の勤務先と照らし合わせ、収入が少なくてもローンが組める可能性が高い金融会社を探すことがとても大切であるといえます。

自分の勤務先に適したローン会社で申請をし、返済しやすい環境を作るようにしましょう。

このカテゴリーの記事一覧

関連記事









ページ上部へ戻る